2017​年​12​月​7​日,セストロレツク​地区​裁判​所​は,検察​側​に​有利​な​判決​を​下し,ロシア​の​エホバ​の​証人​管理​センター​が​用い​て​き​た​不​動産​の​長期​に​及ぶ​契約​を​無効​と​し​まし​た。もし​上訴​審​で​この​判決​が​支持​さ​れれ​ば,ロシア​当局​は,サンクトペテルブルク​近郊​の​ソルネチノエ​に​ある​不​動産​を​合法​的​に​没収​する​ため​の,見せかけ​の​根拠​を​得る​こと​に​なり​ます。

17​年​前,この​不​動産​は​法的​契約​に​よっ​て,米国​の​法人,ペンシルバニア​州​の​ものみの塔​聖書​冊子​協会​に​譲渡​さ​れ​まし​た。ロシア​当局​が​この​契約​の​法的​有効​性​を​疑問​視​し​た​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。ペンシルバニア​州​の​ものみの塔​聖書​冊子​協会​は,管理​センター​が​ロシア​連邦​の​エホバ​の​証人​の​宗教​活動​を​指導​する​ため​に​この​施設​を​使用​する​こと​を​認め​て​おり,その​活動​を​支援​する​ため​に​不​動産​に​かかる​税金​を​納め​て​き​まし​た。

2017​年​4​月​20​日​に​最高​裁判​所​が,証人​たち​の​法人​組織​を​解散​さ​せ,宗教​活動​を​禁じ,財産​を​没収​する​判決​を​下し​た​後,今度​は​検察​が,17​年​前​の​契約​は​無効​だ​と​主張​し​て​いる​の​です。実際,取り引き​の​効力​を​争える​期限​は​何​年​も​前​に​過ぎ​て​い​ます。エホバ​の​証人​側​は,譲渡​は​適法​に​なさ​れ​て​おり​効力​が​認め​られる​べき​もの​で​ある​こと​を​示す​圧倒​的​な​証拠​を​提出​し​まし​た​が,4​時間​の​裁判​の​結論​と​し​て,ボグダノワ​裁判​官​は​検察​側​の​主張​を​支持​する​判決​を​言い渡し​まし​た。

エホバ​の​証人​側​は,30​日​以内​に​控訴​する​こと​が​可能​です。