内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年2月22日
ロシア

ロシアの運輸検察が聖書を過激主義文書と指定するよう申し立てる

ロシアの運輸検察が聖書を過激主義文書と指定するよう申し立てる

ロシア​当局​は,宗教​の​自由​を​制限​する​新た​な​試み​と​し​て,「新​世界​訳​聖書」を​過激​主義​文書​と​指定​する​よう​求める​申し立て​を​行ない​まし​た。審理​は​2016​年​3​月​15​日​に​始まる​予定​です。昨年,ロシア​の​税関​は,「新​世界​訳​聖書」の​輸入​を​許可​し​ないと​いう​先例​の​ない​措置​を​取り​まし​た。これ​は,キリスト​教​の​聖典​に​対する​不敬​な​攻撃​です。

ロシア​の​法律​は,聖書​を​過激​主義​文書​と​する​こと​を​禁じ​て​い​ます。しかし,レニングラード‐フィンリャンドスキー​運輸​検察​は,言語​学​の​専門​家​で​は​ない​人物​の​意見​を​引き合い​に​出し​て,申し立て​の​正当​性​を​主張​し​て​い​ます。運輸​検察​の​申し立て​が​認め​られれ​ば,ロシア​に​おい​て「新​世界​訳​聖書」の​配布​が​禁止​さ​れる​おそれ​が​あり​ます。