内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年11月11日
ロシア

ロシア連邦最高裁判所は,サマラの地方宗教団体の解散に関する審理を再開する

ロシア連邦最高裁判所は,サマラの地方宗教団体の解散に関する審理を再開する

2014​年​11​月​12​日,ロシア​連邦​最高​裁判​所​は​サマラ​の​エホバ​の​証人​の​地方​宗教​団体​の​解散​に​関する​審理​を​再開​する​こと​に​し​まし​た。審理​は​1​か月​余り​前​の​10​月​8​日,裁判​所​が​提供​し​た​大​法廷​を​メディア​関係​者,諸​外国​の​大使​館​職員,弁護​士,仲間​の​証人​たち​が​埋め尽くす​中​で​始まり​まし​た。手続き​に​関する​幾らか​の​事項​が​扱わ​れ​た​後,休廷​が​告げ​られ​まし​た。

ロシア​の​エホバ​の​証人​管理​センター​の​代表​者,ワシーリー​・​カーリン​は​こう​コメント​し​て​い​ます。「わたしたち​は​権威​ある​ロシア​の​最高​裁判​所​が,検察​の​主張​を​退け,この​裁判​に​おい​て​公正​を​回復​さ​せ,民主​的​社会​に​おける​憲法​の​価値​を​擁護​する​こと​に​大きな​期待​を​抱い​て​い​ます」。エホバ​の​証人​は,ロシア​の​最高裁​が,ロシア​憲法​に​明記​さ​れ​て​いる​よう​に,信教​の​自由​に​おける​権利​を​保護​する​こと​を​今後​も​期待​し​て​い​ます。