内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

モスクワ​州​ルツィノ​で​エホバ​の​証人​の​家​が​放火​さ​れる。

2017年6月16日
ロシア

ロシアの最高裁判決がエホバの証人に深刻な影響を及ぼす

ロシアの最高裁判決がエホバの証人に深刻な影響を及ぼす

2017​年​4​月​20​日​に​ロシア​最高裁​が​下し​た​判決​は​ロシア​全土​の​エホバ​の​証人​に​深刻​な​影響​を​及ぼし​て​い​ます。当局​は​エホバ​の​証人​の​基本​的​な​自由​を​侵害​し,その​宗教​活動​を​刑事​罰​の​対象​と​し​て​い​ます。ロシア​の​一部​市民​は​この​判決​を​受け,エホバ​の​証人​を​差別​し​たり​憎悪​犯罪(ヘイト​・​クライム)の​対象​に​し​て​も​よい​と​さえ​考える​よう​に​なっ​て​い​ます。

ロシア​政府​の​嫌がらせ​と​人権​侵害

デニス​・​クリステンセン

エホバ​の​証人​の​奉仕​者​が​刑事​告発​を​受ける

  • 5​月​25​日,警察​が​オリョール​の​会衆​で​行なわ​れ​て​い​た​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集まり​の​場​に​踏み込み​まし​た。警察​は,オリョール​会衆​の​長老​で​ある​デンマーク​人​の​デニス​・​クリステンセン​を​拘束​し​まし​た。検察​が「過激​活動」の​存在​を​立証​する​ため,クリステンセン​氏​を​7​月​23​日​まで​公判​前​勾留​する​予定​です。有罪​が​確定​すれ​ば,同氏​は​6​年​から​10​年​の​懲役​刑​を​言い渡さ​れる​恐れ​が​あり​ます。

地方​宗教​組織​に​公式​な​警告​が​出さ​れる

  • 5​月​4​日,検察​庁​は​クルイムスク​地方​宗教​組織​の​代表​に​警告​を​出し​まし​た。その​警告​に​は,地方​宗教​組織​の​代表​や​成員​が​宗教​的​な​集まり​を​開く​なら​行政​罰​または​刑事​罰​の​対象​と​なり​得る,と​明記​さ​れ​て​い​まし​た。

  • 最高裁​の​判決​が​下さ​れ​て​から,少なく​と​も​他​の​5​つ​の​地方​宗教​組織​が​同様​の​警告​を​受け​まし​た。

宗教​的​な​集まり​に​警察​が​踏み込む

  • 4​月​22​日,クリミア​共和​国​ジャンコイ​に​ある​エホバ​の​証人​の​崇拝​場所​で,警察​が​集まり​の​終了​間際​に​踏み込み​まし​た。警察​官​は,最高裁​の​判決​が​下さ​れ​て​から,エホバ​の​証人​に​は​崇拝​の​ため​に​集まる​権利​が​ない​と​主張​し​まし​た。彼ら​は​建物​を​捜索​し,宗教​的​な​集まり​の​ため​に​使用​する​こと​が​でき​ない​よう​に​封鎖​し​まし​た。

  • 最高裁​の​判決​以降,警察​が​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集まり​に​踏み込む​事例​が​少なく​と​も​他​に​5​件​起き​て​い​ます。その​うち​の​1​件​は,個人​の​家​で​行なわ​れ​て​い​た​集まり​に​踏み込ん​だ​ケース​です。

「ロシア​に​おける​エホバ​の​証人​の​コミュニティー​の​平和​的​な​活動​が,不当​に​も​犯罪​化​さ​れ​て​いる​こと​を​深く​懸念​し​て​い​ます。……わたし​は​ロシア​当局​が​国際​人権​法​や​OSCE(欧州​安全​保障​協力​機構)で​の​約束​を​遵守​し​て,エホバ​の​証人​の​コミュニティー​に​属する​個人​の​宗教​と​信条​の​自由,言論​と​表現​の​自由,そして​平和​的​集会​および​結社​の​自由​が​確実​に​擁護​さ​れる​こと​を​求め​ます」。ミヒャエル​・​ゲオルク​・​リンク,欧州​安全​保障​協力​機構​の​民主​制度​・​人権​事務​所​の​ディレクター

エホバ​の​証人​の​生徒​たち​が​標的​に​される

  • 4​月​24​日,キーロフ​州​の​ベズボドノエ​村​で,エホバ​の​証人​を​母親​に​持つ​2​人​の​年若い​生徒​たち​を​教師​が​侮辱​し​まし​た。その​教師​は,ロシア​で​エホバ​の​証人​の​活動​は​禁止​さ​れ​て​いる​と​言っ​て​自分​の​行動​を​正当​化​し​まし​た。

  • 5​月​17​日,モスクワ​州​の​ある​校長​は,8​歳​の​生徒​が​クラスメート​と​神様​に​つい​て​話​し​た​と​し​て,その​生徒​の​親​に​書面​で​厳重​注意​を​行ない​まし​た。その​文書​は​最高裁​の​判決​に​言及​し,学校​で​の「学業​に​関係​の​ない​行動​すべて」を​禁じ​て​い​まし​た。校長​は,この​件​を​警察​に​通報​する​と​脅し,また「この​生徒​を​別​の​種類​の​教育​へ​編入​さ​せる​よう​働きかける」こと​も​述べ​まし​た。

代替​の​市民​的​奉仕​活動​が​拒否​さ​れる

  • 4​月​28​日,チェボクサリ​地区​と​マルポサツキー​地区​の​徴兵​委員​会​は,1​人​の​エホバ​の​証人​が​提出​し​た​代替​奉仕​の​申請​を​却下​し​まし​た。委員​会​は​エホバ​の​証人​が「過激​主義​者」で​あり,代替​奉仕​を​認める​こと​は​でき​ない​と​述べ​まし​た。

  • 少なく​と​も​他​に​2​人​の​エホバ​の​証人​が​同様​に​代替​の​市民​的​奉仕​活動​の​申請​を​却下​さ​れ​て​い​ます。

エホバ​の​証人​の​法律​顧問​で​ある​フィリップ​・​ブラムリー​は,政府​の​姿勢​が​矛盾​し​て​いる​こと​を​指摘​し​て​こう​述べ​て​い​ます。「政府​は​年若い​エホバ​の​証人​たち​が『過激​主義​者』で​ある​と​し​て​彼ら​の​代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​認め​て​い​ませ​ん。その​一方​で,これら『過激​主義​者』が​兵役​に​就く​べき​だ​と​主張​し​て​い​ます。政府​が『過激​主義​者』を​兵役​に​就か​せる​こと​は​理​に​かなっ​て​いる​でしょ​う​か」。

社会​的​な​嫌がらせ​と​差別

エホバ​の​証人​が​暴力​を​振るわ​れる

  • 4​月​30​日,モスクワ​州​ルツィノ​で​エホバ​の​証人​の​家族​の​家​と,隣接​する​彼ら​の​年老い​た​両親​の​家​が​放火​に​より​全焼​し​まし​た。放火​犯​は​その​家族​の​奉じる​宗教​に​対する​憎しみ​を​表わし​て​から​火​を​つけ​まし​た。

  • 5​月​24​日,コミ​共和​国​ジェシャルト​で,エホバ​の​証人​が​集まり​で​使用​し​て​いる​建物​が​放火​に​より​大​規模​な​被害​を​受け​まし​た。

    放火​の​被害​を​受け​た​ジェシャルト​に​ある​王国​会館

  • 2017​年​4​月​20​日​の​最高裁​の​判決​以降,その他​少なく​と​も​9​棟​の​崇拝​の​場所​が​被害​を​受け​まし​た。

  • 4​月​26​日,ベルゴロド​の​エホバ​の​証人​の​1​人​が​家​を​出​よう​と​し​た​時,反対​者​が「お前​たち​は​禁止​さ​れ​て​いる​ん​だ​ぞ」と​怒鳴り,証人​を​殴り​まし​た。

  • 5​月​11​日,チュメニ​で​複数​の​男​たち​が​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集まり​を​中断​さ​せ,卑わい​で​侮辱​的​な​言葉​を​使い,出席​者​に​危害​を​加える​と​脅し​まし​た。

エホバ​の​証人​が​解雇​さ​れる

  • 5​月​15​日,スモレンスク​州​ドロゴブシ​の​化学​工場​の​経営​者​は,エホバ​の​証人​の​従業​員​を​すべて​解雇​し​まし​た。経営​者​は,「過激​主義​者」が​工場​で​働く​こと​は​許さ​れ​ない​の​で​エホバ​の​証人​を​全員​解雇​する​よう​に​と​いう​通知​を​連邦​保安​局​から​受け取っ​た,と​説明​し​まし​た。

  • 最高裁​の​判決​以降,「過激​主義」の​宗教​に​属し​て​いる​と​し​て,エホバ​の​証人​の​従業​員​が​解雇​に​する​と​脅さ​れる​事例​が,他​に​少なく​と​も​3​件​起き​て​い​ます。ケメロボ​州​ヤシュキノ​村​で​は​警察​が​1​人​の​エホバ​の​証人​の​女性​に​他​の​エホバ​の​証人​に​関する​情報​を​明かす​よう​圧力​を​かけ​まし​た​が,その​女性​は​拒み​まし​た。警察​官​は,禁止​さ​れ​た​宗教​の​成員​に​なる​こと​は​法律​に​違反​する​と​述べ,エホバ​の​証人​を​イスラム​国​の​テロリスト​に​なぞらえ​まし​た。

ロシア​の​エホバ​の​証人​の​福祉​に​対する​懸念

最高裁​の​判決​に​至る​まで​の​10​年​間,ロシア​の​エホバ​の​証人​の​信教​の​自由​に​対する政府​主導​の​攻撃に​より,証人​たち​は​多く​の​嫌がらせ​を​受け​て​き​まし​た。この​判決​の​影響​に​より,エホバ​の​証人​の​安全​は​いっそう​不​確か​に​なり​まし​た。また​この​判決​は,エホバ​の​証人​の​印象​を​悪く​し​て​いる​ため,最近​の​出来事​に​も​見​られる​よう​に​個人​や​政府​当局​に​よる​暴力​行為​を​いっそう​助長​する​もの​と​なっ​て​い​ます。世界​中​の​エホバ​の​証人​は,2017​年​7​月​17​日​に​最高裁​の​上訴​裁判​部​が​この​判決​を​支持​し​た​場合,ロシア​の​仲間​に​どの​よう​な​影響​が​及ぶ​の​か​大いに​懸念​し​て​い​ます。

ブラムリー​氏​は​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「エホバ​の​証人​が​過激​主義​と​関​り​が​ある​こと​を​示す​証拠​を​少し​でも​提示​でき​た​人​は​だれ​も​い​ませ​ん。エホバ​の​証人​が​これ​まで​に​耐え​て​き​た​迫害​の​程度​は,彼ら​が​社会​に​もたらし​て​いる​と​される​危険​と​まったく​見合っ​て​い​ませ​ん。ロシア​は​自国​の​憲法​と​国際​約束​で​信教​の​自由​を​保障​し​て​いる​以上,エホバ​の​証人​に​対する​行為​を​再考​する​べき​です」。