内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年4月12日
ロシア

ロシア最高裁判所は活動禁止の訴えに対するエホバの証人側の弁論を聞く

ロシア最高裁判所は活動禁止の訴えに対するエホバの証人側の弁論を聞く

2017​年​4​月​12​日,ロシア​の​最高​裁判​所​は​ロシア​に​おける​エホバ​の​証人​の​活動​禁止​に​関する​4​日​目​の​審理​を​行ない​まし​た。証人​たち​の​管理​センター​の​弁護​団​は,法務​省​側​の​請求​は​ロシア​が​結ん​で​いる​国際​約束​と​自国​の​憲法​に​違反​し​て​いる,と​論じ​まし​た。

弁護​団​は,法務​省​が​求め​て​いる​活動​禁止​が​ヨーロッパ​人権​条約​と「市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約」を​含む​国際​的​な​法​規範​に​違反​し​て​いる,と​主張​し​まし​た。これら​の​国際​約束​と​ロシア​の​憲法​は,良心​及び​信教​の​自由,表現​の​自由,集会​の​自由,結社​の​自由(法人​を​結成​する​権利)を​保障​し​て​い​ます。

4​人​の​エホバ​の​証人​が,自分​たち​の​会衆​は「連邦​内​の​過激​主義​的​文書​リスト」に​載せ​られ​て​いる​出版​物​を​使用​し​て​は​い​ない​こと,また​エホバ​の​証人​は​過激​主義​と​は​無縁​で​ある​こと​を​証言​し​まし​た。裁判​所​は​休廷​を​宣言​し,2017​年​4​月​19​日,午前​10​時​に​審理​が​再開​さ​れ​ます。