内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年12月2日
ロシア

タガンログ市裁判所はエホバの証人16人を,宗教活動を理由に有罪とする

タガンログ市裁判所はエホバの証人16人を,宗教活動を理由に有罪とする

タガンログ​市​裁判​所​は,11​か月​に​わたる​再審​の​末,エホバ​の​証人​16​人​を,宗教​の​平和​的​な​集会​を​組織​し,それ​に​出席​し​た​容疑​で​有罪​と​し​まし​た。その​判決​は,過激​主義​的​活動​を​組織​し,それ​に​参加​する​個人​を​罰する​刑法​に​基づく​もの​でし​た。こう​し​た​訴追​が​でき​た​の​は,去る​2009​年​に​同​裁判​所​が​過激​主義​に​関する​ロシア​の​法律​を​不当​に​適用​し​た​から​です。 *

2015​年​11​月​30​日,裁判​官​A・V・バシュチェンコ​は,エホバ​の​証人​4​人​に​宗教​儀式​を​執り行なっ​た​と​いう​理由​で​5​年​余​の​懲役​刑​を​言い渡し,各人​に​10万​ルーブル(約​18万​円)の​罰金​を​科し​まし​た。また,他​の​被告​12​人​に​各々​2万​ルーブル(約​3万6000​円)ない​し​7万​ルーブル(約​12万6000​円)の​罰金​を​科し​まし​た。ところが,裁判​官​は​直ちに,その​懲役​刑​の​執行​を​猶予​し,罰金​刑​を​免除​し​まし​た。そう​し​た​執行​猶予​が,有罪​判決​を​下さ​れ​た​人​たち​に​どんな​影響​を​及ぼす​か​は,まだ​はっきり​し​て​い​ませ​ん。と​は​いえ,その​判決​に​より,被告​人​たち​は​刑事​罰​の​対象​と​され​て​い​ます。

難しい​選択​を​迫ら​れる

タガンログ​に​住む​800​人​余り​の​証人​たち​は,聖書​の​討議​や​祈り​の​ため​の​平和​な​集会​を​開く​と​どう​なる​の​か,懸念​し​て​い​ます。被告​たち​は​全員,公判​中​に,エホバ​の​証人​と​し​て​崇拝​を​続ける​こと​を​言明​し​まし​た。その​決意​は,判決​を​受け​た​今,試さ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。有罪​判決​を​受け​た​人​の​1​人,アレクサンドル・スクボルツォフ​は,「裁判​所​から,『信仰​を​捨て​なさい。さもなくば,再犯​者​と​し​て​罰せ​られる​こと​に​なる』と​告げ​られ​た​も​同然​です」と​言い​まし​た。

タガンログ​で​の​判決​後,ロシア​の​他​の​地域​の​証人​たち​も​不安​を​感じ​て​い​ます。サマラ​と​アビンスク​当局​も,タガンログ​で​の​例​に​倣っ​て,エホバ​の​証人​の​平和​的​な​崇拝​に​過激​活動​対策​法​を​不当​に​適用​し,地元​の​証人​たち​の​法人​組織​を​解散​さ​せ​まし​た。エホバ​の​証人​は,ロシア​で​こう​し​た​方針​が​採用​さ​れる​限り,崇拝​の​自由​に​対する​挑戦​が​続く​もの​と​考え​て​い​ます。

信教​の​自由​を​守る​戦い​は​続く

この​判決​から​は,ロシア​当局​が​エホバ​の​証人​の​宗教​を​抑圧​する​ため​に​かつて​なく​大きな​圧力​を​加え​て​いる​こと​が​うかがえ​ます。昨年,当局​は​2​つ​の​地方​の​証人​たち​の​法人​組織​を​過激​主義​的​と​し​まし​た。2015​年​3​月​以来,証人​たち​の​いかなる​宗教​文書​も,聖書​さえ​も,国内​へ​の​持ち込み​を​許そ​う​と​し​て​い​ませ​ん。7​月​に​は,エホバ​の​証人​の​公式​ウェブサイト​を​禁止​する,世界​唯一​の​国​と​いう​芳しく​ない​栄誉​を​獲得​し​まし​た。証人​たち​は,それら​否定​的​判決​に​異議​を​唱え​て​国内​の​幾つ​か​の​裁判​所​で​争っ​て​おり,ロシア​に​おける​人権​侵害​の​解決​を​求め​て​ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​すでに​28​件​の​訴え​を​起こし​て​い​ます。

タガンログ​の​16​人​の​証人​たち​は,今回​の​判決​を​上訴​し,長い​法廷​闘争​の​また​新た​な​幕​を​開け​よう​と​し​て​い​ます。ロシア​の​エホバ​の​証人​管理​センター​の​代表​者​ヤロスラフ・シブルスキー​は,こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​は​公判​に​かけ​られ​て​もう​2​年​半​以上​に​なり​ます。ただ​憲法​で​保障​さ​れ​て​いる,信教​の​自由​に​対する​基本​的​権利​を​守る​だけ​の​ため​に,またも​法廷​に​立たさ​れる​と​いう​の​は,嘆かわしい​こと​です」。

エホバ​の​証人​は​過激​主義​者​で​は​あり​ませ​ん。証人​たち​の​宗教​活動​は,専ら​神​へ​の​愛​と​隣人​へ​の​愛​を​教える​もの​です。タガンログ​の​証人​たち​は,世界​中​の​信仰​の​仲間​が​毎週​の​集会​で​用い​て​いる​の​と​同じ​資料​で​討議​し​て​い​ます。エホバ​の​証人​は,ロシア​当局​から​不当​に​扱わ​れ​た​事例​が​記録​さ​れ​て​いる​だけ​で​も​1700​件​以上​ある​に​も​かかわら​ず,市民​と​し​て​反抗​的​な​態度​を​示し​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ん。

エホバ​の​証人​は,ロシア​当局​が​証人​たち​の​宗教​活動​を​平和​的​な​もの​と​認め​て,タガンログ​その他​の​所​で​の​証人​たち​に​対する​起訴​を​取り下げる​よう​願っ​て​い​ます。当局​は​エホバ​の​証人​に,確立​され​認可​さ​れ​た​他​の​宗教​諸​団体​に​与え​て​いる​の​と​同じ,信教​の​自由​に​対する​基本​的​な​権利​を​差し伸べる​べき​でしょ​う。

再審​の​経緯 *

  1. 2015​年 1​月​22​日

    エホバ​の​証人​16​人​の​再審​が​タガンログ​市​裁判​所​で​始まる。

  2. 2015​年 6​月

    裁判​官​が​審問​を​延期​し,判決​は​秋​まで​持ち越さ​れる。

  3. 2015​年 11​月​13​日

    裁判​官​が​審議​の​ため​に​休廷​する。

  4. 2015​年 11​月​30​日

    タガンログ​市​裁判​所​は​エホバ​の​証人​16​人​全員​を​有罪​と​する。全員​が​罰金​刑​を​科さ​れ,4​人​が​5​年​以上​の​懲役​刑​を​言い渡さ​れる。裁判​官​は​刑​の​執行​を​猶予​する。

^ 2節ロシア​国民​が​信仰​ゆえに​刑事​訴追​さ​れる」と​いう​記事​を​ご覧​ください。

^ 12節 第​一​審​の​際​の​出来事​に​関する​経緯​に​つい​て​は,「判決​が​延期​さ​れ​て​いる​タガンログ​の​エホバ​の​証人​16​人​の​再​審理」と​いう​記事​を​ご覧​ください。