内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年7月1日
ロシア

ヨーロッパ人権裁判所は,ロシアのエホバの証人が持つ崇拝のために集まる権利を擁護する

ヨーロッパ人権裁判所は,ロシアのエホバの証人が持つ崇拝のために集まる権利を擁護する

2014​年​6​月​26​日,ヨーロッパ​人権​裁判​所(以下,ECHR)は,エホバ​の​証人​に​有利​な​判決​を​下し,ロシア​当局​から​違法​な​妨害​を​受け​ず​に​崇拝​を​行なう​エホバ​の​証人​の​権利​を​擁護​し​まし​た。ECHR​は​全員​一致​で,ロシア​は​ヨーロッパ​人権​条約(以下,条約)第​5​条(自由​および​安全​に​つい​て​の​権利)と​第​9​条(思想,良心,および​宗教​の​自由)に​違反​し​た​と​裁定​し​まし​た。これ​は,2006​年​4​月​12​日​の​晩​に​警察​が​不法​に​踏み込ん​で​宗教​的​儀式​を​妨害​し​た​件​に​関する​もの​です。

その​晩​エホバ​の​証人​は,イエス​・​キリスト​の​死​を​記念​する​年​に​1​度​の​式​を​執り行なう​ため​に​世界​中​で​集まり合い​まし​た。モスクワ​の​2​つ​の​会衆​は​その​特別​な​集まり​の​ため​に​使用​料​を​払っ​て​学校​の​講堂​を​借り​て​おり,400​人​以上​が​出席​し​て​い​た​と​思わ​れ​ます。集まり​の​途中,機動​隊​が​警察​車両​10​台​と​マイクロバス​2​台​で​到着​し​まし​た。武装​し​た​特別​任務​民警​支隊(OMON)と​何十​人​も​の​警察​官​です。そして,すぐ​に​建物​を​封鎖​し,令状​なし​で​その​宗教​儀式​を​中止​さ​せ​まし​た。さらに,出席​者​全員​に​建物​から​立ち去る​よう​命じ,講堂​を​捜索​し,宗教​文書​を​押収​し,14​人​の​男性​出席​者​を​地元​警察​署​に​連行​し​て​留置​し​まし​た。エホバ​の​証人​の​代理​を​務める​よう​連絡​を​受け​た​弁護​士​が​援助​の​ため​警察​署​に​到着​し​た​ところ,警察​は​その​男性​を​調べ,地面​に​突き倒し​まし​た。そして​喉元​に​ナイフ​を​突きつけ,不服​を​申し立てる​なら​家族​に​好ましく​ない​結果​が​臨む​と​脅し​た​の​です。約​4​時間​後,留置​さ​れ​て​い​た​エホバ​の​証人​は​解放​さ​れ,帰宅​を​許さ​れ​まし​た。

申立​人​の​代表​者,ニコライ​・​クルプコ

ニコライ​・​クルプコ​は​留置​さ​れ​た​他​の​3​人​の​エホバ​の​証人​と​共​に,当局​が​宗教​的​な​集まり​を​不法​に​中止​さ​せ​た​こと​と​自分​たち​を​違法​に​留置​し​た​こと​で,訴訟​を​起こし​まし​た。リュブリノ​地区​裁判​所​と​モスクワ​市​裁判​所​が​請求​を​退け​た​ため,4​人​は​2007​年​6​月,ECHR​に​提訴​し​まし​た。

クルプコ​ほか 対 ロシア」の​6​月​26​日​の​判決​に​おい​て,ECHR​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「公開​の​催し​が​当局​に​正式​に​届け出​られ​て​い​なく​て​も,参加​者​が​公​の​秩序​を​脅かす​もの​と​は​なら​ない​場合,その​平和​的​な​集会​を​警察​が​解散​さ​せる​こと​を『民主​的​社会​に​おい​て​必要』と​みなす​こと​は​でき​ない,と​いう​裁定​を​当​裁判​所​は​一貫​し​て​下し​て​き​た。……この​裁定​は,本件​の​状況​で​は​なお​の​こと​適用​さ​れる。と​いう​の​も,当該​集会​は,屋外​で​の​騒然​と​し​た​催し​で​は​なく,厳か​な​宗教​的​式典​で​あり,公​の​秩序​を​乱し​たり​脅かし​たり​する​よう​な​様相​の​何​も​ない​講堂​で​行なわ​れ​て​い​た​から​で​ある。相当​数​の​武装​し​た​機動​隊​が​式典​の​中止​を​目的​と​し​て​侵入​し,申立​人​を​逮捕​し​て​3​時間​に​わたり​留置​し​た​こと​は,たとえ​事前​の​届け出​が​ない​ゆえに​違法​に​当たる​と​当局​が​真に​確信​し​て​い​た​と​し​て​も,公​の​秩序​の​保護​と​し​て​は​不​適切​で​あっ​た」。

ロシア​が​エホバ​の​証人​の​権利​を​侵害​し​て​いる​と​裁定​さ​れ​た​の​は,これ​で​4​度​目​です。ECHR​は,2007​年​の「クズネツォフ​ほか 対 ロシア」事件​の​判決​に​おい​て,チェリャビンスク​で​開か​れ​て​い​た​聴覚​障害​を​持つ​エホバ​の​証人​の​集まり​を​地元​当局​が​不法​に​中断​さ​せ​た​件​で,ロシア​は​条約​に​違反​し​た​と​裁定​し​まし​た。さらに​2010​年​に​ECHR​は,「モスクワ​の​エホバ​の​証人 対 ロシア」事件​で​ロシア​に​不利​な​判決​を​下し,モスクワ​市​検察​庁​は​モスクワ​の​エホバ​の​証人​の​法人​を​違法​に​解散​させ​活動​を​禁止​し​た,と​し​まし​た。加え​て​2013​年​に​は,「アビルキナ​その他 対 ロシア」事件​に​関し​て,サンクトペテルブルク​市​検察​庁​が​内密​の​医療​情報​を​開示​する​よう​命じ​た​の​は​プライバシー​に​関する​基本​的​な​権利​の​侵害​で​あっ​た,と​いう​判決​が​下っ​て​い​ます。

ECHR​の​これら​の​裁定​は,ロシア​当局​が​ロシア​の​エホバ​の​証人​の​崇拝​を​やめ​させ​よう​と​する​こと​に​より,ロシア​連邦​憲法​で​も​条約​で​も​保障​さ​れ​て​いる​自由​を​侵害​し​て​いる,と​いう​こと​の​さらなる​証拠​と​なっ​て​い​ます。