内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年12月19日
ロシア

ロシア支部への警告の正当性が上訴審で争われる

ロシア支部への警告の正当性が上訴審で争われる

ロシア​の​エホバ​の​証人​は​国内​管理​センター​に​対する​警告​の​違法​性​を​訴え,上訴​し​て​い​まし​た​が,モスクワ​市​裁判​所​は​その​件​に​関する​審理​の​日付​を​決定​し​まし​た。2017​年​1​月​16​日,現地​時間​午前​11​時​10​分​に​モスクワ​市​裁判​所​は​審理​を​行ない​ます。判決​は​同日​に​言い渡さ​れる​見通し​です。

証人​たち​が​立証​し​よう​と​し​て​いる​の​は,「過激​活動」と​いう​非難​が,誠実​な​崇拝​行為​を​犯罪​活動​に​見せかける​ため​に​地方​当局​が​捏造​し​た​証拠​や​虚偽​の​供述​に​基づい​て​いる​と​いう​点​です。モスクワ​の​トベルスコイ​地区​裁判​所​で​行なわ​れ​た​2016​年​10​月​12​日​の​審理​に​おい​て,裁判​官​の​M​・​S​・​モスカレンコ​氏​は​一部​の​地方​当局​に​よる​違法​行為​を​明らか​に​する​証言​や​ビデオ​証拠​の​提出​を​認め​ませ​ん​でし​た。

国際​人権​弁護​士​の​ジェームズ​・​アンドリク​は​こう​述べ​て​い​ます。「いずれ​に​し​て​も,この​判決​は​重要​な​意味​を​持つ​こと​に​なり​ます。モスクワ​市​裁判​所​が​訴え​を​棄却​すれ​ば,最高​検察​庁​は​国内​管理​センター​に​対し​て​行動​を​起こす​可能​性​が​生じ​ます。そう​なれ​ば​管理​センター​を​解散​さ​せ,エホバ​の​証人​の​地方​組織​に​対する​さらなる​嫌がらせ​を​行ない,ロシア​全土​で​証人​たち​の​崇拝​行為​を​制限​できる​こと​に​なり​ます。一方,裁判​所​が​上訴​を​認めれ​ば,公正​の​面​で​画期​的​な​判決​と​なる​でしょ​う」。