内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年4月19日
ロシア

5日目: ロシア最高裁はエホバの証人の活動禁止の根拠を審問する

5日目: ロシア最高裁はエホバの証人の活動禁止の根拠を審問する

本日,ロシア​連邦​最高​裁判​所​は,43​冊​の​文書​から​成る,事件​に​関する​膨大​な​訴訟​資料​の​検討​を​開始​し​まし​た。エホバ​の​証人​の​管理​センター​側​の​弁護​団​は,エホバ​の​証人​の​礼拝​に​対する​不意​の​強制​捜査​に​関する​新た​な​証拠​を​含める​こと​を​認め​られ​まし​た。2017​年​の​3​月​と​4​月​に,当局​は​彼ら​の​礼拝​を​中断​さ​せ,出席​者​たち​を​刑事​罰​の​対象​に​なる​と​脅し​まし​た。

395​の​エホバ​の​証人​の​地方​宗教​組織​の​解散​を​求める​法務​省​側​の​訴え​の​審議​に​おい​て,裁判​所​は​エホバ​の​証人​の​法的​および​教理​的​な​構造​に​関する​弁論​を​審理​し​まし​た。8​つ​の​地方​宗教​組織​の​活動​を​禁止​し​た​以前​の​判決​を​検討​し​た​際,証人​たち​の​弁護​団​は​それら​の​判決​が​ねつ造​さ​れ​た​証拠​に​基づい​て​おり,手続き​上​の​誤り​も​あっ​た​と​いう​点​を​指摘​し​まし​た。

さらに,エホバ​の​証人​側​の​弁護​団​は,法務​省​が​二​重​の​基準​を​適用​し​て​いる​と​いう​点​を​強調​し​まし​た。地方​宗教​組織​の​解散​を​めぐる​裁判​の​間,法務​省​は,管理​センター​が​地方​宗教​組織​の​活動​と​は​何ら​関係​が​ない​と​の​見方​を​維持​し​て​い​まし​た。また,法務​省​は,管理​センター​が​裁判​手続き​に​参加​し​よう​と​する​どんな​試み​を​も​妨害​し​まし​た。ところが,今回​の​訴え​に​おい​て​法務​省​は,地方​宗教​組織​が​し​た​と​される​違反​と​エホバ​の​証人​の​文書​に​含ま​れる「過激​主義」の​責任​が​管理​センター​に​ある,と​強く​主張​し​て​い​ます。

法務​省​は​エホバ​の​証人​の​法人​組織​に​対し​て​何​度​も​査察​を​行ない,裁判​所​に​その​査察​報告​書​を​提出​し​まし​た。と​は​いえ,尋問​が​なさ​れ​た​際,エホバ​の​証人​が​過激​主義​活動​に​関与​し​て​いる​事例​を​1​つ​と​し​て​特定​する​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た。

2017​年​4​月​20​日,午後​2​時​に​審理​は​再開​さ​れ​ます。