内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

2017年3月8日
ロシア

ロシアのエホバの証人への禁令は時間の問題か

ロシアのエホバの証人への禁令は時間の問題か

2017年2月21日,ロシア連邦法務省はロシアのエホバの証人管理センターに対して新たな命令を出しました。ロシア中にあるエホバの証人の2277会衆すべてに関する情報を提供するように,というものです。

法務省は,管理センターに対する査察が行なわれている間にこの命令を出しました。査察は最高検察庁の命令によるものです。査察の際,当局は証人たちが用いている法人組織だけに焦点を当てていました。法人組織には,管理センターそのものと,会衆が宗教活動用の不動産を所有するために用いている地方宗教組織が含まれます。2017年2月27日,法務省は査察を終え,管理センターが法を侵し「過激活動」に関与している証拠がある,と報告しています。

世界中のエホバの証人は,ロシアの仲間のことを深く憂慮しています。この2番目の命令で,法務省はエホバの証人の会衆に焦点を当てたことになります。最近の当局の動きから,検事総長がロシアのエホバの証人のすべての法人組織を解散させようとしているだけでなく,ロシア中のエホバの証人の活動自体を禁止しようとしている,と証人たちは考えています。