内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年8月10日
ナゴルノ・カラバフ

ナゴルノ・カラバフ政府は不当にも良心的兵役拒否者を投獄する

ナゴルノ・カラバフ政府は不当にも良心的兵役拒否者を投獄する

20​歳​の​アルトゥル​・​アバネシヤン​は,代替​の​市民​的​奉仕​を​行なう​意思​が​ある​に​も​かかわら​ず,ナゴルノ​・​カラバフ​の​シュシー​収容​所​で​30​か月​の​刑​に​服し​て​い​ます。ナゴルノ​・​カラバフ​の​裁判​所​は​いずれ​の​審級​に​おい​て​も,良心​的​に​兵役​を​拒否​する​基本​的​権利​を​認め​ませ​ん​でし​た。

エホバ​の​証人​で​ある​アバネシヤン​氏​は,自身​の​強い​道徳​的​信念​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​良心​ゆえ​に,兵役​に​就く​こと​が​でき​ませ​ん。わたし​は​隣人​を​愛し​て​いる​の​で,武器​を​取る​こと​は​もちろん,他​の​人​を​傷つける​こと​を​学び​たく​も​あり​ませ​ん」。加え​て,この​よう​に​も​語っ​て​い​ます。「市民​と​し​て​の​義務​を​免れる​つもり​は​あり​ませ​ん。兵役​に​就く​代わり​に​市民​的​奉仕​を​行なお​う​と​し​て​き​まし​た​が,それ​は​認め​られ​ませ​ん​でし​た」。

代替​奉仕​を​行なお​う​と​し​た​が​阻止​さ​れる

2014​年​1​月​29​日,ナゴルノ​・​カラバフ​の​アスケラン​市​軍事​委員​会​から,アバネシヤン​氏​は​出頭​命令​を​受け​ます。同氏​は​翌日,良心​的​兵役​拒否​の​立場​を​説明​する​ため​の​申請​書​を​提出​し,代替​の​市民​的​奉仕​を​行ない​たい​と​の​意向​を​伝え​ます。ナゴルノ​・​カラバフ​に​は​代替​の​市民​的​奉仕​の​制度​が​整備​さ​れ​て​い​ない​こと​を​知っ​て​い​た​の​で,弁護​士​に​も​助け​を​依頼​し​ます。

アバネシヤン​氏​は​アルメニア​の​パスポート​を​持っ​て​い​た​の​で,弁護​士​は​ナゴルノ​・​カラバフ​の​当局​者​に​加え,アルメニア​の​当局​者​に​も​面会​し​ます。アルメニア​で​代替​奉仕​を​する​こと​が​許可​さ​れる​と​思わ​れ​た​ため,アバネシヤン​氏​は​アルメニア​に​移動​し​ます。2014​年​2​月​13​日,同氏​は​アルメニア​共和​国​の​マシス​軍事​委員​会​に​代替​奉仕​の​申請​を​行ない​ます。

その​後,代替​奉仕​に​関係​する​アルメニア​の​委員​会​から​アバネシヤン​氏​へ​の​連絡​は​一向​に​あり​ませ​ん​でし​た。ところが,2014​年​7​月​14​日​に​なっ​て,アルメニア​の​エレバン​中央​警察​署​に​出頭​する​よう​命じ​られ​ます。そこ​で​は,ナゴルノ​・​カラバフ​の​警察​官​が​同氏​を​待ち構え​て​い​まし​た。同氏​は​すぐさま​逮捕​され,エレバン​から​ナゴルノ​・​カラバフ​の​アスケラン​に​強制​的​に​護送​さ​れ​て​しまい​まし​た。これ​は​審理​や​裁判​所​命令​など​の​手続き​を​経​ない​事実​上​の​犯罪​者​引き渡し​に​あたり​ます。

勾留​と​裁判

当時​18​歳​だっ​た​アバネシヤン​氏​は,2014​年​7​月​14​日,初めて​留置​場​で​一夜​を​過ごし​ます。その​翌日,罪状​認否​の​際​に,事前​に​ナゴルノ​・​カラバフ​第​一​審​裁判​所​が​逮捕​令状​を​出し,裁判​まで​勾留​する​よう​命じ​て​い​た​こと​を​知らさ​れ​ます。裁判​所​は​その​裁定​を​維持​し,アバネシヤン​氏​を​シュシー​収容​所​に​送り​ます。公判​前​の​勾留​を​不服​と​する​訴え​は​すべて​退け​られ​て​しまい​ます。

2014​年​9​月​30​日,ナゴルノ​・​カラバフ​第​一​審​裁判​所​の​スパルタク​・​グレゴリヤン​裁判​官​は,兵役​を​免れ​よう​と​し​た​罪​で​30​か月​の​刑​を​アバネシヤン​氏​に​科し​まし​た。 *アバネシヤン​氏​は​上訴​し​まし​た​が,ナゴルノ​・​カラバフ​の​控訴​裁判​所​と​最高​裁判​所​はと​も​に​有罪​判決​を​支持​し​まし​た。2017​年​1​月​まで​同氏​は​投獄​さ​れる​こと​に​なっ​て​い​ます。

不​公正​に​も​屈し​ない

弁護​士​の​シェーン​・​ブレーディー​は​こう​述べ​て​い​ます。「アバネシヤン​氏​が​勾留,逮捕​さ​れ,起訴​の​のち​有罪​と​され​た​の​は,宗教​上​の​信念​を​固く​守っ​た​ため​です。同氏​は​不当​に​投獄​さ​れ​て​いる​に​も​かかわら​ず,良心​上​の​立場​を​固く​守る​こと​を​依然​と​し​て​決意​し​て​い​ます」。ブレーディー​氏​に​よる​と,アバネシヤン​氏​は​現在,収容​所​から​聖書​と​聖書​研究​用​の​手引き​を​所持​する​こと​を​許さ​れ,家族​の​面会​も​許可​さ​れ​て​いる​と​の​こと​です。

国内​の​あらゆる​法的​手段​を​尽くし​た​ため,アバネシヤン​氏​は​ヨーロッパ​人権​裁判​所(ECHR)に​申し立て​を​提出​し​まし​た。同​裁判​所​は​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​繰り返し​支持​し​て​き​た​ため,(釈放​の​何​か月​も​後​に​出さ​れる​こと​に​なり​そう​だ​と​し​て​も)同氏​は​好意​的​な​判決​が​出る​こと​を​期待​し​て​い​ます。「バヤティアン 対 アルメニア」事件​で​は,良心​的​兵役​拒否​は​思想,良心,及び​宗教​の​自由​に​つい​て​の​権利​に​よっ​て​保護​さ​れる,と​の​判決​が​ヨーロッパ​人権​裁判​所​の​大​法廷​で​下さ​れ​まし​た。ECHR​は​その​後​の​判決​で​も,この​判断​を​繰り返し​示し​て​い​ます。 *

ヨーロッパ​人権​裁判​所​の​判決​に​よっ​て,不​安定​な​情勢​下​や​戦時​下​で​あっ​て​も,良心​的​拒否​の​基本​的​権利​を​尊重​する​傾向​に​あり​ます。例​と​し​て,ウクライナ​の​高等​裁判​所​は​2015​年​6​月,軍隊​が​動員​さ​れ​て​いる​間​に​も良心​的​拒否​者​が​代替​奉仕​を​行なう​権利を​はっきり​と​認め​まし​た。

ナゴルノ​・​カラバフ​の​良心​的​拒否​者​に​望み​は​ある​か

ナゴルノ​・​カラバフ​と​世界​中​の​エホバ​の​証人​は,ナゴルノ​・​カラバフ​政府​が​良心​的​拒否​を​基本​的​人権​と​し​て​認める​こと​を​望ん​で​い​ます。政府​は,良心​的​に​兵役​を​拒否​する,平和​を​好む​青年​たち​を​投獄​する​の​を​やめ,代替​の​市民​的​奉仕​の​機会​を​与える​でしょ​う​か。良心​的​に​兵役​を​拒否​する​基本​的​な​権利​を​認める​なら,ヨーロッパ​で​広く​受け入れ​られ​て​いる​基準​に​沿い,アルトゥル​・​アバネシヤン​の​よう​な​青年​たち​の​誠実​な​信念​を​ふさわしく​尊重​する​こと​に​なる​の​です。

^ 10節 2014​年​7​月​14​日​の​勾留​から​起算​し​て​30​か月​の​刑。

^ 13節 「エルチェプ 対 トルコ」(Erçep v. Turkey, no. 43965/04,22 November 2011),「フェティ​・​デミルタシュ 対 トルコ」(Feti Demirtaş v. Turkey, no. 5260/07,17 January 2012),「ブルドゥ​ほか 対 トルコ」(Buldu and Others v. Turkey, no. 14017/08,3 June 2014)を​ご覧​ください。

 

もっと調べる

よくある質問

エホバの証人が戦争に行かないのはなぜですか

エホバの証人は世界中で,戦争に行かない人たちとして知られています。なぜそのような立場を取るのか,お読みください。