アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2016年8月10日
ナゴルノ・カラバフ

ナゴルノ・カラバフ政府は不当にも良心的兵役拒否者を投獄する

ナゴルノ・カラバフ政府は不当にも良心的兵役拒否者を投獄する

20   アルトゥル  アバネシヤン は,代替  市民  奉仕  行なう 意思  ある   かかわら ず,ナゴルノ  カラバフ  シュシー 収容   30 か月    服し   ます。ナゴルノ  カラバフ  裁判   いずれ  審級  おい  も,良心   兵役  拒否 する 基本  権利  認め ませ  でし た。

エホバ  証人  ある アバネシヤン  は,自身  強い 道徳  信念  つい  こう 述べ   ます。「わたし  良心 ゆえ に,兵役  就く こと  でき ませ ん。わたし  隣人  愛し  いる  で,武器  取る こと  もちろん,他    傷つける こと  学び たく  あり ませ ん」。加え て,この よう   語っ   ます。「市民     義務  免れる つもり  あり ませ ん。兵役  就く 代わり  市民  奉仕  行なお      まし  が,それ  認め られ ませ  でし た」。

代替 奉仕  行なお      阻止  れる

2014  1  29 日,ナゴルノ  カラバフ  アスケラン  軍事 委員  から,アバネシヤン   出頭 命令  受け ます。同氏  翌日,良心  兵役 拒否  立場  説明 する ため  申請   提出 し,代替  市民  奉仕  行ない たい   意向  伝え ます。ナゴルノ  カラバフ   代替  市民  奉仕  制度  整備     ない こと  知っ     で,弁護    助け  依頼  ます。

アバネシヤン   アルメニア  パスポート  持っ     で,弁護   ナゴルノ  カラバフ  当局   加え,アルメニア  当局    面会  ます。アルメニア  代替 奉仕  する こと  許可  れる  思わ   ため,アバネシヤン   アルメニア  移動  ます。2014  2  13 日,同氏  アルメニア 共和   マシス 軍事 委員   代替 奉仕  申請  行ない ます。

その 後,代替 奉仕  関係 する アルメニア  委員  から アバネシヤン    連絡  一向  あり ませ  でし た。ところが,2014  7  14   なっ て,アルメニア  エレバン 中央 警察   出頭 する よう 命じ られ ます。そこ  は,ナゴルノ  カラバフ  警察   同氏  待ち構え   まし た。同氏  すぐさま 逮捕 され,エレバン から ナゴルノ  カラバフ  アスケラン  強制   護送    しまい まし た。これ  審理  裁判  命令 など  手続き   ない 事実   犯罪  引き渡し  あたり ます。

勾留  裁判

当時 18  だっ  アバネシヤン  は,2014  7  14 日,初めて 留置   一夜  過ごし ます。その 翌日,罪状 認否   に,事前  ナゴルノ  カラバフ    裁判   逮捕 令状  出し,裁判 まで 勾留 する よう 命じ    こと  知らさ  ます。裁判   その 裁定  維持 し,アバネシヤン   シュシー 収容   送り ます。公判   勾留  不服  する 訴え  すべて 退け られ  しまい ます。

2014  9  30 日,ナゴルノ  カラバフ    裁判   スパルタク  グレゴリヤン 裁判  は,兵役  免れ よう      30 か月    アバネシヤン   科し まし た。 *アバネシヤン   上訴  まし  が,ナゴルノ  カラバフ  控訴 裁判   最高 裁判  はと   有罪 判決  支持  まし た。2017  1  まで 同氏  投獄  れる こと  なっ   ます。

 公正   屈し ない

弁護   シェーン  ブレーディー  こう 述べ   ます。「アバネシヤン   勾留,逮捕  れ,起訴  のち 有罪  され   は,宗教   信念  固く 守っ  ため です。同氏  不当  投獄    いる   かかわら ず,良心   立場  固く 守る こと  依然    決意    ます」。ブレーディー   よる と,アバネシヤン   現在,収容  から 聖書  聖書 研究   手引き  所持 する こと  許さ れ,家族  面会  許可    いる   こと です。

国内  あらゆる 法的 手段  尽くし  ため,アバネシヤン   ヨーロッパ 人権 裁判 所(ECHR)に 申し立て  提出  まし た。同 裁判   良心  兵役 拒否  権利  繰り返し 支持     ため,(釈放   か月    出さ れる こと  なり そう     も)同氏  好意   判決  出る こと  期待    ます。「バヤティアン 対 アルメニア」事件  は,良心  兵役 拒否  思想,良心,及び 宗教  自由  つい   権利  よっ  保護  れる,と  判決  ヨーロッパ 人権 裁判    法廷  下さ  まし た。ECHR  その   判決  も,この 判断  繰り返し 示し   ます。 *

ヨーロッパ 人権 裁判   判決  よっ て,不 安定  情勢   戦時   あっ  も,良心  拒否  基本  権利  尊重 する 傾向  あり ます。例   て,ウクライナ  高等 裁判   2015  6 月,軍隊  動員    いる   良心  拒否   代替 奉仕  行なう 権利 はっきり  認め まし た。

ナゴルノ  カラバフ  良心  拒否   望み  ある 

ナゴルノ  カラバフ  世界   エホバ  証人 は,ナゴルノ  カラバフ 政府  良心  拒否  基本  人権    認める こと  望ん   ます。政府 は,良心   兵役  拒否 する,平和  好む 青年 たち  投獄 する   やめ,代替  市民  奉仕  機会  与える でしょ  か。良心   兵役  拒否 する 基本   権利  認める なら,ヨーロッパ  広く 受け入れ られ  いる 基準  沿い,アルトゥル  アバネシヤン  よう  青年 たち  誠実  信念  ふさわしく 尊重 する こと  なる  です。

^ 10節 2014  7  14   勾留 から 起算   30 か月  刑。

^ 13節 「エルチェプ 対 トルコ」(Erçep v. Turkey, no. 43965/04,22 November 2011),「フェティ  デミルタシュ 対 トルコ」(Feti Demirtaş v. Turkey, no. 5260/07,17 January 2012),「ブルドゥ ほか 対 トルコ」(Buldu and Others v. Turkey, no. 14017/08,3 June 2014)を ご覧 ください。

 

もっと調べる

エホバの証人が戦争に行かないのはなぜですか

エホバの証人は世界中で,戦争に行かない人たちとして知られています。なぜそのような立場を取るのか,お読みください。