内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ナゴルノ・カラバフ

信仰ゆえに投獄される

信仰ゆえに投獄される

ナゴルノ​・​カラバフ​政府​は,良心​的​に​兵役​を​拒否​する​徴兵​年齢​の​エホバ​の​証人​を​投獄​し​て​い​ます。政府​は,良心​的​に​兵役​を​拒否​する​権利​を​認め​ず,代替​の​市民​的​奉仕​活動​の​制度​を​設け​て​い​ませ​ん。その​ため,武器​を​取っ​て​戦わ​ない​と​いう​自分​の​宗教​信条​を​固守​し​よう​と​する​若い​エホバ​の​証人​は​刑​を​科さ​れ​ます。

代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​し​よう​と​し​た​もの​の……

2014​年​1​月​29​日,アスケラン​市​の​軍事​委員​会​は,エホバ​の​証人​で​ある​アルトゥル​・​アバネシヤン​を​召喚​し,軍務​に​就く​よう​命じ​まし​た。翌日,アバネシヤン​氏​は​ナゴルノ​・​カラバフ​軍事​委員​会​に​対し,兵役​の​代わり​に​市民​的​奉仕​活動​を​する​ため​の​申請​を​行ない​まし​た。同氏​の​弁護​士​は​すぐ​に​ナゴルノ​・​カラバフ​と​アルメニア​の​当局​者​に​会い,アバネシヤン​氏​が​アルメニア​で​市民​的​奉仕​活動​を​行なう​ため​の​手続き​を​進め​まし​た。

アバネシヤン​氏​は​好意​的​な​決定​を​期待​し​て​アルメニア​に​移動​し,2014​年​2​月​13​日,アルメニア​共和​国​の​マシス​軍事​委員​会​に​市民​的​奉仕​活動​の​申請​を​行ない​まし​た。同氏​は,代替​奉仕​を​認可​する​アルメニア​の​委員​会​に​呼ば​れる​と​思っ​て​い​まし​た​が,2014​年​7​月​14​日,エレバン​の​中央​警察​署​に​出頭​する​よう​命じ​られ​まし​た。警察​署​に​到着​する​と,ナゴルノ​・​カラバフ​から​来​た​警察​官​が​待ち構え​て​い​まし​た。同氏​は​逮捕​さ​れ,ナゴルノ​・​カラバフ​に​連行​さ​れ​まし​た。翌日,同氏​は​勾留​さ​れ,ナゴルノ​・​カラバフ​の​第​一​審​裁判​所​で​罪状​の​認否​を​問わ​れ​まし​た。

罪状​認否​の​際,同氏​は,裁判​所​が​4​か月​前​に​逮捕​令状​を​出し,自分​を​裁判​まで​勾留​する​と​命じ​て​い​た​こと​を​知り​まし​た。第​一​審​裁判​所​が​その​裁定​を​支持​し​た​ため,アバネシヤン​氏​は​直ちに​投獄​さ​れ​まし​た。裁判​所​は,公判​前​の​勾留​を​不服​と​する​訴え​を​すべて​退け​まし​た。

2014​年​9​月​30​日,裁判​所​は​アバネシヤン​氏​を​有罪​と​し,30​か月​の​刑​を​科し​まし​た。控訴​裁判​所​も​その​判決​を​確認​し​まし​た。アルトゥル​・​アバネシヤン​氏​は​ナゴルノ​・​カラバフ​の​最高​裁判​所​に​上訴​し​まし​た​が,最高​裁判​所​は​2014​年​12​月​に​アルトゥル​・​アバネシヤン​の​有罪​判決​を​支持​し​まし​た。

ナゴルノ​・​カラバフ​政府​は​引き続き,聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​に​従う​若者​たち​を​投獄​し​て​い​ます。そう​する​こと​で,良心​的​兵役​拒否​者​が​代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​行なう​権利​を​認める​国際​基準​を​退け​て​い​ます。

これ​まで​の​経緯

  1. 2014​年​12​月​25​日

    ナゴルノ​・​カラバフ​の​最高​裁判​所​は​アルトゥル​・​アバネシヤン​の​有罪​判決​を​支持​する。

  2. 2014​年​9​月​30​日

    ナゴルノ​・​カラバフ​の​マルタケルト​第​一​審​裁判​所​は​アルトゥル​・​アバネシヤン​を​有罪​と​し,30​か月​の​刑​を​科す。

  3. 2014​年​7​月​14​日

    アルトゥル​・​アバネシヤン​は​アルメニア​で​逮捕​さ​れ,勾留​を​目的​と​し​て​ナゴルノ​・​カラバフ​に​送ら​れる。

  4. 2011​年​12​月​30​日

    18​歳​の​エホバ​の​証人​カレン​・​ハルチュニャン​は,良心​的​兵役​拒否​の​ゆえに​30​か月​の​刑​を​科さ​れる。

  5. 2005​年​2​月​16​日

    エホバ​の​証人​の​アレグ​・​アバネシヤン​は,良心​的​兵役​拒否​の​ゆえに​48​か月​の​刑​を​科さ​れる。

  6. 2001​年​6​月​12‐13​日

    良心​的​に​兵役​を​拒否​し​た​3​人​の​エホバ​の​証人​が,軍事​訓練​へ​の​参加​を​拒ん​だ​ゆえに​6​か月​から​1​年​投獄​さ​れる。