内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年6月11日
トルコ

ヨーロッパ人権裁判所がトルコの良心的兵役拒否者4人に有利な判決を下す

ヨーロッパ人権裁判所がトルコの良心的兵役拒否者4人に有利な判決を下す

2014​年​6​月​3​日,ヨーロッパ​人権​裁判​所(ECHR)は​全会​一致​で,トルコ​は​エホバ​の​証人​の​良心​的​兵役​拒否​者​4​人​を​有罪​と​し​た​こと​に​より​ヨーロッパ​人権​条約​ *に​違反​し​た,と​の​判断​を​示し​まし​た。チャーラル​・​ブルドゥ,バルシュ​・​ゲルメズ,エルシン​・​エルギュン,ネブザト​・​ウムドゥ​は,強い​宗教​的​信念​ゆえに​兵役​に​就く​こと​を​拒み​まし​た。ECHR​の​判決​に​は​こう​あり​ます。「申立​人​に​対し​て​取ら​れ​た​措置​は,当該​条約​第​9​条​の​意義​の​もと​で​の​民主​的​社会​に​おい​て​は​不​必要​な​干渉​で​ある」。

2008​年​3​月​17​日,4​人​は,兵役​拒否​を​理由​に​繰り返し​起訴​され​有罪​と​され​た​ため​信教​の​自由​を​侵害​さ​れ​た​と​し​て,トルコ​政府​を​相手​取り​ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​申し立て​を​行ない​まし​た。(「ブルドゥ​ほか 対 トルコ」)4​人​で​合計​30​回​以上​の​召集​を​受け,刑務​所​や​軍​の​施設​に​6​年​以上​投獄​さ​れ​まし​た。

ECHR​は​次​の​よう​な​判決​を​下し​まし​た。「エホバ​の​証人​で​ある​申立​人​が​良心​上​の​理由​で​兵役​を​拒否​し​た​こと​は​明らか​に​申立​人​の​信仰​の​表明​で​ある。……申立​人​に​対し​幾​度​も​有罪​判決​が​言い渡さ​れ​た​こと,ならび​に,……刑事​訴追​が​絶え間​なく​続く​と​いう​おそれ,これら​が​条約​の​第​9​条​で​保障​さ​れ​て​いる,宗教​を​表明​する​自由​を​行使​する​権利​へ​の​干渉​で​あっ​た​こと​に​疑問​の​余地​は​ない,と​当​裁判​所​は​判断​する」。

バルシュ​・​ゲルメズ

これ​は,ECHR​が​2011​年​の​ユヌス​・​エルチェプ​の​裁判​と​2012​年​の​フェティ​・​デミルタシュ​の​裁判​に​続き,良心​的​兵役​拒否​の​問題​に​関し​て​トルコ​に​下し​た​3​つ​目​の​判決​です。これ​と​は​別​に,2012​年,国連​の​規約​人権​委員​会​は,やはり​良心​上​の​理由​で​兵役​を​拒否​し​た​トルコ​の​二​人​の​エホバ​の​証人​ジェンク​・​アタソイ​と​アルダ​・​サルクト​に​有利​な​判決​を​下し​まし​た。

ヨーロッパ​で​は​2011​年​7​月​に,この​問題​に​関し​て​転換​点​と​なる​出来事​が​あり​まし​た。ECHR​の​大​法廷​は,「バヤティアン 対 アルメニア」事件​の​判決​を​下し,初めて​の​こと​と​し​て,ヨーロッパ​人権​条約​の​第​9​条​が​良心​的​兵役​拒否​者​の​権利​を​保障​し​て​いる​と​認定​し​た​の​です。この​判決​は,欧州​評議​会​の​加盟​国​すべて​に​拘束​力​を​持つ​もの​です。ECHR​が「バヤティアン」事件​で​出し​た​判決​と​トルコ​に​対し​て​下し​た​3​つ​の​判決,また​同​裁判​所​に​よる​同様​の​判決​は,トルコ​や​その他​の​加盟​国​に,良心​的​兵役​拒否​者​の​扱い​を​見直し,ヨーロッパ​人権​条約​が​保障​し​て​いる​事柄​に​沿っ​て​法​改正​を​する​よう​義務づける​もの​です。

今回​の​裁判​で​4​人​の​申立​人​の​代理​人​と​なっ​た​弁護​士​の​一​人​で​ある,ジェームズ​・​E​・​アンドリク​は​こう​述べ​て​い​ます。「現在,トルコ​で​良心​的​兵役​拒否​ゆえに​投獄​さ​れ​て​いる​エホバ​の​証人​は​い​ない​もの​の,政府​は​良心​上​の​理由​で​兵役​に​就く​こと​を​拒む​エホバ​の​証人​の​若者​たち​を​引き続き​起訴​し​て​い​ます。わたしたち​は,『ブルドゥ​ほか 対 トルコ』で​の​判決​に​よっ​て,トルコ​政府​が​良心​の​自由​と​いう​基本​的​人権​を​尊重​する​よう​に​なる​こと​を​期待​し​て​い​ます」。

^ 2節 第​3​条​で​は​拷問​や​非​人道​的​も​しく​は​品位​を​傷つける​扱い​が​禁じ​られ​て​おり,第​6​条​で​は​公正​な​裁判​を​受ける​権利,第​9​条​で​は​思想,良心​及び​信教​の​自由​が​保障​さ​れ​て​い​ます。