アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年6月11日
トルコ

ヨーロッパ人権裁判所がトルコの良心的兵役拒否者4人に有利な判決を下す

ヨーロッパ人権裁判所がトルコの良心的兵役拒否者4人に有利な判決を下す

2014  6  3 日,ヨーロッパ 人権 裁判 所(ECHR)は 全会 一致 で,トルコ  エホバ  証人  良心  兵役 拒否  4   有罪    こと  より ヨーロッパ 人権 条約  * 違反  た,と  判断  示し まし た。チャーラル  ブルドゥ,バルシュ  ゲルメズ,エルシン  エルギュン,ネブザト  ウムドゥ は,強い 宗教  信念 ゆえに 兵役  就く こと  拒み まし た。ECHR  判決   こう あり ます。「申立   対し  取ら   措置 は,当該 条約  9   意義  もと   民主  社会  おい    必要  干渉  ある」。

2008  3  17 日,4  は,兵役 拒否  理由  繰り返し 起訴 され 有罪  され  ため 信教  自由  侵害      て,トルコ 政府  相手 取り ヨーロッパ 人権 裁判   申し立て  行ない まし た。(「ブルドゥ ほか 対 トルコ」)4   合計 30  以上  召集  受け,刑務     施設  6  以上 投獄   まし た。

ECHR    よう  判決  下し まし た。「エホバ  証人  ある 申立   良心   理由  兵役  拒否   こと  明らか  申立   信仰  表明  ある。……申立   対し    有罪 判決  言い渡さ   こと,ならび に,……刑事 訴追  絶え間 なく 続く  いう おそれ,これら  条約   9   保障    いる,宗教  表明 する 自由  行使 する 権利   干渉  あっ  こと  疑問  余地  ない,と  裁判   判断 する」。

チャーラル  ブルドゥ

これ は,ECHR  2011   ユヌス  エルチェプ  裁判  2012   フェティ  デミルタシュ  裁判  続き,良心  兵役 拒否  問題  関し  トルコ  下し  3    判決 です。これ    に,2012 年,国連  規約 人権 委員  は,やはり 良心   理由  兵役  拒否   トルコ     エホバ  証人 ジェンク  アタソイ  アルダ  サルクト  有利  判決  下し まし た。

ヨーロッパ   2011  7  に,この 問題  関し  転換   なる 出来事  あり まし た。ECHR   法廷 は,「バヤティアン 対 アルメニア」事件  判決  下し,初めて  こと   て,ヨーロッパ 人権 条約   9   良心  兵役 拒否   権利  保障   いる  認定    です。この 判決 は,欧州 評議   加盟  すべて  拘束   持つ もの です。ECHR が「バヤティアン」事件  出し  判決  トルコ  対し  下し  3   判決,また  裁判   よる 同様  判決 は,トルコ  その他  加盟  に,良心  兵役 拒否   扱い  見直し,ヨーロッパ 人権 条約  保障   いる 事柄  沿っ   改正  する よう 義務づける もの です。

今回  裁判  4   申立   代理   なっ  弁護      ある,ジェームズ  E  アンドリク  こう 述べ   ます。「現在,トルコ  良心  兵役 拒否 ゆえに 投獄    いる エホバ  証人   ない もの の,政府  良心   理由  兵役  就く こと  拒む エホバ  証人  若者 たち  引き続き 起訴    ます。わたしたち は,『ブルドゥ ほか 対 トルコ』で  判決  よっ て,トルコ 政府  良心  自由  いう 基本  人権  尊重 する よう  なる こと  期待    ます」。

^ 2節 3    拷問   人道   しく  品位  傷つける 扱い  禁じ られ  おり,第 6    公正  裁判  受ける 権利,第 9    思想,良心 及び 信教  自由  保障     ます。