内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2013年3月11日
トルコ

トルコは市民の良心を尊重しなければならない,と国連は述べている

幾百万    クリスチャン  良心 上,軍務  就く こと  拒否   おり,そう   決定  多く    尊重     ます。国連 規約 人権 委員  は,トルコ 市民  同じ 自由  享受   しかる べき  ある,と 裁定  まし た。

 委員  は,2012  3  29   採択    その 決定   で,トルコ 市民  ある 男性  人,ジェンク  アタソイ  アルダ  サルクト  擁護 する 裁定  下し まし た。二   エホバ  証人  あり,自分  宗教 信条  ゆえに 兵役  拒否    です。

アタソイ   サルクト     も,自分  良心   決定  つい  説明 する ため  役所  嘆願   提出 し,軍務 以外  奉仕 活動 なら 行なえる こと  伝え まし た。それでも   は,入隊 する よう 容赦なく 圧力  加え られ まし た。サルクト  は,助 講師    大学  勤め   まし  が,軍部  大学  刑事 告発 する  脅し  ため,職  失い まし た。

 人権 委員   その 裁定   で,良心   理由  兵役  拒否 する 権利 は「思想,良心 及び 宗教  自由  享有 する 権利  内在 する」もの  あり,「市民  及び 政治  権利  関する 国際 規約」の  18   示唆    いる,と 述べ まし た。そして さら に,この 権利 は「だれ   も,兵役  自分  宗教 もしくは 信条  相いれ ない 場合  は,兵役 義務  免除 資格  与える もの  ある」と  裁定  まし た。

この 裁定 は,ヨーロッパ 人権 裁判   二つ  関連   判決  下し  すぐ   出さ    ます。同 裁判  は,その 判決  一つ   で,「トルコ  兵役 代替 規定  ない こと は」,ヨーロッパ 人権 条約  保障    いる「良心  反する 行為  拒む 権利  侵害 する もの  ある」と いう 判決  下し まし た。

良心  従っ  兵役  拒む こと は,キリスト  そのもの  同時  始まっ   ます。E  W  バーンズ  自著「キリスト   興隆」(英語)の  で,こう 書い   ます。「入手 できる 情報  すべて 注意深く 調べ  みる と,マルクス  アウレリウス[ローマ 皇帝,西暦 161‐180 年]の 時代  至る まで,クリスチャン  兵士  なっ       おら ず,また クリスチャン  なっ  兵士  兵役  とどまっ          ない こと  分かる」。