内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年3月17日
トルコ

トルコは良心的兵役拒否に関するヨーロッパの規準に従うことを拒む

トルコは良心的兵役拒否に関するヨーロッパの規準に従うことを拒む

「すべて​の​トルコ​人​は​生まれつき​兵士​で​ある」。この​言葉​は​学校​で​子ども​たち​に​教え​られ,政治​的​な​スピーチ​の​中​で​しばしば​言及​され,徴兵​さ​れる​人​たち​に​たたき込ま​れ​ます。トルコ​の​男性​は​みな​兵役​に​就く​義務​が​課せ​られ​て​おり,入隊​の​際​に​は​お祝い​が​なさ​れ​ます。ですから,トルコ​政府​が​良心​的​兵役​拒否​と​いう​基本​的​な​権利​を​認め​よう​と​し​ない​の​も,意外​な​こと​で​は​ない​と​言える​でしょ​う。

トルコ​は​欧州​評議​会​の​加盟​国​の​うち,良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​て​い​ない​数​少ない​国​の​1​つ

しかし,トルコ​は​欧州​評議​会​の​加盟​国​で​あり,ヨーロッパ​人権​条約​を​国内​の​法律​の​一部​に​取り入れる​こと​で,ヨーロッパ​の​規準​に​従う​こと​を​確約​し​て​い​ます。「バヤティアン 対 アルメニア」の​件​で​ヨーロッパ​人権​裁判​所(ECHR)の​大​法廷​が​判決​を​下し​て​以来,トルコ​は​欧州​評議​会​に​対する​正式​な​義務​と​し​て,良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認める​必要​が​あり​ます。ところが,そう​し​よう​と​しない​ため,トルコ​の​良心​的​兵役​拒否​者​たち​に​難儀​が​降りかかっ​て​い​ます。

過去​10​年​に​わたり,エホバ​の​証人​の​男性​55​人​が,良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認め​て​もらお​う​と​トルコ​政府​に​請願​し​て​き​まし​た。しかし,その​請願​は​受け入れ​られ​ず,その​人​たち​は​幾​度​も​起訴​さ​れ,多額​の​罰金​を​科さ​れ,中​に​は​何​年​も​投獄​さ​れ​た​人​も​い​ます。現在,トルコ​の​若い​エホバ​の​証人​の​男性​15​人​が,兵役​に​就く​こと​を​拒ん​で​いる​ゆえに​繰り返し​起訴​さ​れ​て​い​ます。

良心​の​声​に​従い​たい​と​いう​思い

「聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​私​の​良心​や,神​の​霊感​を​受け​た​イザヤ 2​章​4​節​の​言葉​に​反する​行動​を​取る​よう,国家​が​強制​する​こと​は​許さ​れる​べき​で​は​あり​ませ​ん。私​は​イザヤ​の​言葉​に​従う​必要​が​ある​と​信じ​て​い​ます」。よく​知ら​れ​た​イザヤ​の​その​聖句​は,ニューヨーク​市​に​ある​国連​本部​の​前​の​壁​に​も​彫り込ま​れ​て​おり,戦争​に​反対​する​人々​が「剣​を​すき​の​刃​に……打ち変え……もはや​戦い​を​学ば​ない」と​述べ​て​い​ます。トルコ​の​フェティ​・​デミルタシュ​は​25​歳​の​時​に​上​の​言葉​を​語っ​て,兵役​に​就く​より​は​自由​を​犠牲​に​し​て​刑務​所​に​行こ​う​と​思っ​て​いる​理由​を​言い表わし​まし​た。エホバ​の​証人​で​ある​フェティ​は,聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​の​声​に​従う​こと​を​固く​決意​し​て​い​ます。その​ため,10​回​も​起訴​さ​れ,これ​まで​に​合計​1​年​半​余り​刑務​所​に​入れ​られ​まし​た。

フェティ​は​1​回​目​に​逮捕​さ​れ​た​時,軍服​を​着る​よう​軍曹​に​命じ​られ​まし​た​が,拒み​まし​た。聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​に​従う​こと​に​し​た​の​です。すると,基地​の​司令​官​に​よっ​て​400​人​の​男​たち​の​前​に​連れ出さ​れ,再び​軍服​を​着る​よう​命じ​られ​まし​た。しかし,その​時​も​拒み​まし​た。この​最初​の​投獄​の​間,フェティ​は​看守​たち​から​口汚く​ののしら​れ,頭​や​肩​や​脚​を​蹴ら​れ,顔​を​平手打ち​さ​れ​まし​た。

2006​年​4​月,5​回​目​の​逮捕​と​投獄​の​際,看守​たち​は​フェティ​の​服​を​脱が​せ​て​下着​姿​に​し,軍服​を​着せ​よう​と​し​まし​た。しかし​フェティ​が​着​よう​と​し​なかっ​た​ため,4​日​の​あいだ​懲罰​房​に​入れ​まし​た。看守​たち​は​フェティ​の​意気​を​くじこ​う​と,夜​は​手錠​で​ベッド​の​鉄​の​棒​に​つなぎ,日中​は​鉄​格子​に​つなぎ​まし​た。フェティ​は​こう​言い​ます。「昼間​は​常​に​おびえ​て​い​て,夜​も​怖く​て​眠れ​ませ​ん​でし​た。次​に​どんな​ひどい​仕打ち​を​受ける​の​だろ​う​と​気​が​気​で​なかっ​た​の​です。虐待​の​せい​で​精神​的​に​くたくた​でし​た​が,自分​の​良心​に​従う​決意​は​変わり​ませ​ん​でし​た」。

ヨーロッパ​人権​裁判​所​が​良心​的​兵役​拒否​の​問題​に​介入​する

2007​年​に​フェティ​・​デミルタシュ​は​ECHR​に​申し立て​を​行ない,トルコ​政府​に​より​良心​的​兵役​拒否​者​と​し​て​投獄​さ​れ​て​自分​の​権利​を​侵害​さ​れ​た​と​訴え​まし​た。2012​年​1​月​17​日,ECHR​は​フェティ​に​有利​な​判決​を​下し,非​人道​的​で​屈辱​的​な​扱い​の​ため​に​ひどい​苦痛​が​もたらさ​れ​た​こと​を​認め​まし​た。さらに,強い​宗教​的​信念​に​基づく​良心​的​兵役​拒否​の​権利​が,ヨーロッパ​人権​条約​に​より​保障​さ​れ​て​いる​こと​を​強調​し​まし​た。 *

ECHR​が​良心​的​兵役​拒否​に​関し​て​明確​な​指針​を​示し​た​の​で,フェティ​は​トルコ​当局​が​起訴​を​取りやめる​こと​を​期待​し​て​い​まし​た。実際,トルコ​政府​は​ECHR​に​命じ​られ​た​とおり,フェティ​に​損害​賠償​や​訴訟​費用​と​し​て​2万​ユーロ​を​支払い​まし​た。ところが,ECHR​が「フェティ​・​デミルタシュ 対 トルコ」の​件​で​判決​を​下し​た​わずか​4​か月​後​に,トルコ​の​軍事​裁判​所​は​フェティ​が​兵役​を​拒ん​だ​ゆえに​また​し​て​も​2​か​月​半​の​投獄​を​言い渡し​まし​た。フェティ​は​異議​を​申し立て,この​件​は​軍事​裁判​所​で​係争​中​です。

国連​規約​人権​委員​会​も​良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​擁護​する

トルコ​は,国連​規約​人権​委員​会​から​の​最近​の​指示​も​無視​し​て​い​ます。2008​年,ジェンク​・​アタソイ​と​アルダ​・​サルクト​と​いう​2​人​の​エホバ​の​証人​が,同​委員​会​に​訴え出​まし​た。兵役​を​拒ん​だ​ゆえに​トルコ​当局​から​繰り返し​起訴​され,自分​たち​の​権利​を​侵害​さ​れ​た​と​訴え​た​の​です。2012​年​3​月​29​日​付​の「見解」の​中​で,国連​規約​人権​委員​会​は,その​2​人​が「兵役​義務​を​拒ん​だ​の​は​宗教​信条​に​基づく」とし,「その​後​の​起訴​や​有罪​判決​は​良心​の​自由​の​侵害​に​該当​し,[「市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約」]第​18​条​1​に​違反​する」と​述べ​まし​た。

トルコ​当局​は,こう​し​た​明快​な​指示​に​どう​応じ​て​いる​でしょ​う​か。この​2​人​の​良心​的​兵役​拒否​者​が​4​か月​ごと​ *に​軍​の​召集​に​応じ​なけれ​ば,引き続き​起訴​し​て​多額​の​罰金​を​科そ​う​と​し​て​いる​の​です。

トルコ​の​エホバ​の​証人​は,隣人​を​愛する​よう​に​と​いう​聖書​の​命令​に​従う​こと​を​決意​し​て​い​ます。トルコ​当局​に​より​兵役​の​ため​に​召集​さ​れる​と,各自​が​どう​する​か​決定​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。フェティ​・​デミルタシュ​や​他​の​証人​たち​は,兵役​に​就く​なら​聖書​の​命令​や​良心​に​背く​こと​に​なる,と​いう​結論​を​自分​で​下し​まし​た。

これら​の​若者​たち​は,政府​が​法的​な​確約​を​守る​こと​を​希望​し​て​い​ます。ECHR​および​国連​規約​人権​委員​会​は,自分​たち​の​判決​や​見解​に​トルコ​が​従い,良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​認める​こと​を​期待​し​て​い​ます。そう​し​ない​限り​トルコ​は,この​基本​的​な​人権​を​尊重​する​欧州​評議​会​の​輪​から​外れ​て​いる​こと​に​なり​ます。

^ 10節 良心​的​兵役​拒否​の​問題​で​ECHR​が​トルコ​に​判決​を​言い渡し​た​の​は,これ​が​最初​で​は​あり​ませ​ん。2011​年​11​月,同​裁判​所​は​別​の​トルコ​人​の​エホバ​の​証人​ユヌス​・​エルチェプ​に​有利​な​判決​を​下し​まし​た。ユヌス​は​兵役​を​拒ん​だ​ゆえ​に,14​年​間​で​41​回​起訴​さ​れ​て​い​ます。

^ 14節 政府​は​最近,軍​の​召集​を​3​か月​ごと​に​変え​まし​た。