内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年11月13日
トルクメニスタン

トルクメニスタン政府は,信仰ゆえに投獄されていたエホバの証人を釈放する

トルクメニスタン政府は,信仰ゆえに投獄されていたエホバの証人を釈放する

トルクメニスタン​で​信仰​ゆえに​投獄​さ​れ​て​い​た​8​人​の​エホバ​の​証人​に​対し,グルバングルィ​・​ベルディムハメドフ​大統領​が​恩赦​を​与える,と​いう​驚く​べき​状況​の​変化​が​あり​まし​た。この​8​人​は,2014​年​10​月​22​日​に​釈放​さ​れ​た​囚人​たち​の​中​に​含ま​れ​て​い​まし​た。6​人​の​エホバ​の​証人​は​良心​的​兵役​拒否​の​ため​に,2​人​は​宗教​活動​を​理由​と​する​虚偽​の​訴え​の​ため​に​投獄​さ​れ​て​い​まし​た。

メルダン​・​アマノフ​と​パーベル​・​パウモフ

一番​上​の​写真(左​から​右​へ): アイベク​・​サラエフ,マタカリム​・​アミノフ,バフラム​・​シャムラドフ

それら​6​人​の​良心​的​兵役​拒否​者​は​18​歳​から​23​歳​の​若い​男子​で,トルクメニスタン​の​砂漠​に​ある​セイディ​労働​収容​所​に​投獄​さ​れ​て​い​まし​た。メルダン​・​アマノフ,パーベル​・​パウモフ,スハラブ​・​ラハマンベルディエフ,アミラン​・​トルカチェフ​の​4​人​は,一般​舎房​に,マタカリム​・​アミノフ​と​ドブラン​・​マチヤクボフ(写真​なし)の​2​人​は,“再犯​者”と​し​て​再​起訴​さ​れ​た​ため,より​厳しい​舎房​に​収容​さ​れ​て​い​まし​た。これら​の​人​たち​は​投獄​中,虐待​や​劣悪​な​環境​に​耐え​まし​た。

虚偽​の​訴え​の​ため​に​投獄​さ​れ​て​い​た​2​人​の​エホバ​の​証人,35​歳​の​アイベク​・​サラエフ​と​42​歳​の​バフラム​・​シャムラドフ​も​セイディ​の​一般​舎房​に​収容​さ​れ​て​い​まし​た。宗教​的​信条​や​活動​の​ため​に​4​年​の​刑​に​服し​て​い​た​2​人​は,ねつ造​さ​れ​た​証拠​に​基づい​て​不当​に​投獄​さ​れ​た​だけ​で​なく,拘置​さ​れ​て​い​た​間​も​ひどい​虐待​を​受け​まし​た。

アミラン​・​トルカチェフ​と​スハラブ​・​ラハマンベルディエフ

トルクメニスタン​で​現在​投獄​さ​れ​て​いる​エホバ​の​証人​は,ルスラン​・​ナルクリエフ​だけ​です。ルスラン​は​大統領​恩赦​の​数​週​間​前​に​良心​的​兵役​拒否​者​と​し​て​の​刑​を​言い渡さ​れ​た​ため,恩赦​が​発表​さ​れ​た​時,大統領​府​は​彼​の​名前​を​把握​し​て​い​なかっ​た​と​考え​られ​ます。ルスラン​の​代理​人​は,彼​の​釈放​を​求め​て​トルクメニスタン​当局​に​働きかけ​て​い​ます。

信仰​ゆえに​投獄​さ​れ​て​い​た​8​人​に​恩赦​を​与え​た​ベルディムハメドフ​大統領​は,立派​な,そして​断固​たる​行動​を​取り​まし​た。信教​の​自由​を​愛する​人々​は,この​出来事​が​変化​の​前触れ​と​なる​こと​を​願っ​て​い​ます。つまり,トルクメニスタン​の​エホバ​の​証人​が​迫害​や​投獄​の​恐れ​を​抱か​ず​に,良心​に​従っ​て​生きる​こと​が​可能​に​なる​こと​です。