内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年5月16日
トルクメニスタン

トルクメニスタンでマンスール・マシャリポフが釈放される

トルクメニスタンでマンスール・マシャリポフが釈放される

2017​年​5​月​12​日,トルクメニスタン​当局​は​マンスール​・​マシャリポフ​を​釈放​し​まし​た。同氏​は​今回​約​1​年​の​間​投獄​さ​れ​て​おり,やっと​家族​の​もと​に​戻る​こと​が​でき​て​喜ん​で​い​ます。

以前,マシャリポフ​氏​は​兵役​を​良心​的​に​拒否​し​た​ため,2004​年​5​月,ダショグズ​裁判​所​に​より​18​か月​の​刑​を​宣告​さ​れ,セイディ​労働​収容​所​に​送ら​れ​まし​た。そこ​は,虐待,病気,飢え​など​で​悪名​高い​収容​所​です。その​後,特別​な​恩赦​に​より​2005​年​5​月​に​釈放​さ​れ​まし​た​が,マシャリポフ​氏​の​健康​は​損なわ​れ​て​い​まし​た。2014​年​7​月​に​は,警察​が​マシャリポフ​氏​宅​に​押し入っ​て​捜索​を​行ない,宗教​文書​を​押収​し​まし​た。留置​さ​れ​て​いる​間,マシャリポフ​氏​は​警察​官​に​繰り返し​殴打​され,脅さ​れ​まし​た。その​後​麻薬​中毒​リハビリセンター​に​移さ​れ​まし​た。その​目的​は​同氏​の​福祉​を​図る​ため​で​は​なく,薬物​の​影響​に​さらす​ため​でし​た。マシャリポフ​氏​は​そこで​注射​さ​れ​て​病気​に​なり,体​が​麻痺(まひ)し​まし​た。命​の​危険​を​感じ​た​同氏​は,なんとか​そこ​から​逃げ出し​て​身​を​隠し​て​い​まし​た​が,2016​年​6​月​30​日​に​逮捕​さ​れ​て​しまい​まし​た。

エホバ​の​証人​は​マシャリポフ​氏​の​釈放​を​大変​喜ん​で​い​ます。一方​で,自分​たち​が​自由​に​宗教​活動​を​行なう​こと​を​妨害​する​トルクメニスタン​の​高圧​的​な​行動​に​対し​て​懸念​を​示し​て​い​ます。証人​たち​は​バフラム​・​ヘムデモフ​の​釈放​の​ため​に​も​引き続き​動い​て​い​ます。ヘムデモフ​氏​は​自宅​で​仲間​の​証人​たち​と​穏やか​な​宗教​的​集まり​を​行なっ​た​ため​に​セイディ​収容​所​に​投獄​さ​れ,3​年​目​に​入っ​て​い​ます。