内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年7月4日
トルクメニスタン

トルクメニスタンは国連規約人権委員会の判断に従うか

トルクメニスタンは国連規約人権委員会の判断に従うか

国連​規約​人権​委員​会(以下,委員​会)は​最近​下し​た​判断​の​うち​10​件​に​関し​て,トルクメニスタン​政府​に​対し,国民​の​人権​を​擁護​する​と​いう​国際​約束​を​遵守​する​よう​要請​し​まし​た。 *2015​年​と​2016​年​に​出さ​れ​た​それら​の​判断​は,トルクメニスタン​政府​が​良心​的​兵役​拒否​者​を​処罰​する​の​を​やめ,国連​の​市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約(トルクメニスタン​は​その​締約​国)を​遵守​し​なけれ​ば​なら​ない​と​し​て​い​ます。

証人​たち​は​救済​を​求める

委員​会​の​判断​は,2012​年​9​月​に​10​人​の​エホバ​の​証人​の​男性​が​提出​し​た​不服​申し立て​に​基づい​て​い​ます。その​証人​たち​は,良心​上​の​理由​で​兵役​を​拒ん​だ​ため​罰せ​られ​て​い​まし​た。その​うち​の​9​人​は​劣悪​な​環境​の​刑務​所​に​入れ​られ,殴打​さ​れ​たり​屈辱​的​な​扱い​を​受け​たり​し​まし​た。すし詰め​の​不潔​な​監房​で​猛烈​な​暑さ​に​耐え,感染​症​に​も​さらさ​れ​まし​た。

委員​会​の​どの​判断​に​おい​て​も,トルクメニスタン​は​良心​的​兵役​拒否​者​の「思想,良心​および​宗教​の​自由」を​侵害​し​た​と​判断​さ​れ​まし​た。投獄​さ​れ​た​9​人​に​関し​て,委員​会​は,トルクメニスタン​政府​が​彼ら​に​対し​て「敬意​の​ある​人間​らしい​扱い​を」せ​ず,「拷問​を​加え​たり,残虐,非​人道​的,または​屈辱​的​な​仕打ち​や​罰​を​加え​たり​し​た」と​述べ​て​い​ます。

これら​の​侵害​を​救済​す​べく,トルクメニスタン​政府​は​証人​たち​の​犯罪​歴​を​削除​し,十分​な​賠償​を​行ない,「良心​的​兵役​拒否​の​権利​を​実質​的​に​保障​する​ため」法​改正​を​行なう​必要​が​ある​と​委員​会​は​述べ​て​い​ます。また,委員​会​は​政府​に​対し,虐待​の​報告​を​公正​かつ​徹底​的​に​調査​し,責任​者​を​起訴​する​よう​指示​し​まし​た。

2013​年​に​さらに​5​人​の​エホバ​の​証人​の​男性​が,良心​的​兵役​拒否​者​と​し​て​受け​た​処罰​に​つい​て​委員​会​に​不服​申し立て​を​行ない​まし​た。エホバ​の​証人​側​の​弁護​団​の​予想​で​は,その​5​人​に​関する​判断​も,前​の​10​人​に​関する​判断​を​踏襲​する​もの​と​思わ​れ​ます。

ナブルーズ​・​ナサラーエブ​に​対する​極度​の​虐待

ナブルーズ​・​ナサラーエブ

2016​年​7​月​15​日​に​発表​さ​れ​た​委員​会​の​判断​は,ナブルーズ​・​ナサラーエブ​に​関する​もの​でし​た。2009​年​4​月​に​ナサラーエブ​氏​は​18​歳​で​徴兵​さ​れ​た​時,良心​上​の​理由​で​兵役​に​就く​こと​が​でき​ない​こと​を​当局​に​説明​し​まし​た。その代わり,代替​の​市民​奉仕​を​是非​と​も​行ない​たい​と​伝え​まし​た。ところが,後​に​兵役​忌避​の​ため​に​有罪​と​され,セイディ​の​LBK‐12​刑務​所​に​おける​2​年​の​懲役​刑​を​言い渡さ​れ​まし​た。セイディ​で​は,懲罰​用​の​監房​に​定期​的​に​入れ​られ,覆面​を​し​た​守衛​に​ひどく​殴打​さ​れ​まし​た。

釈放​さ​れ​て​から​1​か月​たっ​た​2012​年​1​月​に,ナサラーエブ​氏​は​また​徴兵​さ​れ​まし​た。代替​の​市民​奉仕​を​行ない​たい​と​再度​説明​し​まし​た​が,同じ​罪状​で​2​年​間​の​懲役​刑​を​宣告​さ​れ,「劣悪​な」環境​と​言わ​れ​て​いる「厳格​な​舎房」に​収容​さ​れ​まし​た。そして​前回​と​同様,守衛​に​ひどく​殴打​され,屈辱​的​な​作業​を​行なう​よう​強要​さ​れ​まし​た。

ナサラーエブ​氏​の​家族​も​大変​な​状況​に​置か​れ​まし​た。委員​会​が​同氏​の​不服​申し立て​を​トルクメニスタン​政府​に​送っ​て​間​も​なく,警察​が​ダショグズ​に​ある​実家​に​踏み込み,家族​と​訪問​客​に​ひどい​扱い​を​し​まし​た。不服​申し立て​に​対する​報復​だっ​た​と​思わ​れ​ます。

ナサラーエブ​氏​は​2014​年​5​月​に​釈放​さ​れ​た​後​も,後遺​症​に​苦しん​で​い​ます。委員​会​は,彼​が​ひどい​虐待​を​受け​た​こと,また「良心​上​の​理由​に​より​揺る​が​ない​決意​を​抱い​て​い​た」ため​に​2​度​も​有罪​と​され​罰せ​られ​た​こと​を​指摘​し​まし​た。そして​委員​会​は​この​よう​に​結論​し​て​い​ます。「[ナサラーエブ​氏​が]兵役​義務​を​拒ん​だ​の​は,宗教​的​な​信条​に​よる​もの​で​あっ​た。……その​ため​に​受け​た​有罪​判決​と​刑罰​は,同氏​の​思想,良心​および​宗教​の​自由​に​対する​侵害​に​ほか​なら​ない」。

トルクメニスタン​政府​の​エホバ​の​証人​に​対する​扱い​は​改善​さ​れる​か

2012​年,トルクメニスタン​の​人権​に​関する​報告​書​の​中​で,委員​会​は​政府​に​対し「良心​上​の​理由​で​兵役​に​就く​こと​を​拒否​する​個人​に​対する​すべて​の​起訴​を​取り下げ,現在​懲役​刑​に​服し​て​いる​個人​を​釈放​する」よう​勧告​し​まし​た。トルクメニスタン​政府​は​その​勧告​に​一部​応じ,2015​年​2​月​に​良心​的​兵役​拒否​を​理由​に​投獄​さ​れ​て​い​た​最後​の​エホバ​の​証人​を​釈放​し​まし​た。それ​以降,エホバ​の​証人​で​良心​的​兵役​拒否​の​ため​に​投獄​さ​れ​て​いる​人​は​い​ませ​ん。

しかし,トルクメニスタン​政府​は​依然​と​し​て​良心​的​兵役​拒否​者​を​起訴​し​また​処罰​し​て​おり,人権​を​保護​する​と​いう​国際​約束​に​違反​し​続け​て​い​ます。

  • 2014​年​後半​から,トルクメニスタン​政府​は​エホバ​の​証人​の​良心​的​兵役​拒否​者​に​矯正​労働​を​言い渡し​て​い​ます。この​矯正​労働​は,1​年​から​2​年​の​期間,賃金​の​20​%​を​国​に​支払う​こと​を​求める​もの​です。現在​2​人​の​エホバ​の​証人​が​矯正​労働​に​服し​て​い​ます。

  • 他​の​事例​で​は,良心​的​兵役​拒否​者​たち​の​信念​を​曲げ​させる​よう,当局​者​に​よる​厳しい​圧力​が​かけ​られ​て​い​ます。

アルトゥール​・​ヤンギバエフ

例えば,2016​年​6​月​16​日,地元​保安​官​と​2​人​の​軍事​委員​会​の​代表​者​が​代替​の​市民​的​奉仕​活動​の​嘆願​書​を​提出​し​た​エホバ​の​証人​の​アルトゥール​・​ヤンギバエフ​の​自宅​を​訪れ​まし​た。当局​者​たち​は​同氏​を​検察​庁​へ​連行​し,厳しい​心理​的​圧力​を​かけ​て​嘆願​書​を​取り下げる​手紙​を​書く​よう​強要​し​まし​た。後日,ヤンギバエフ​氏​は​強要​さ​れ​た​こと​に​関する​不服​申し立て​を​行ない,3​週​間​勾留​さ​れ​た​後​に​2​年​の​執行​猶予​付き​で​釈放​さ​れ​まし​た。 *

未​解決​の​まま​と​なっ​て​いる​ほか​の​人権​侵害

トルクメニスタン​政府​は​良心​的​兵役​拒否​者​を​不当​に​扱う​だけ​で​は​なく,宗教​活動​も​制限​し,処罰​し​て​い​ます。国連​拷問​禁止​委員​会​に​よる​2017​年​1​月​の​報告​は​トルクメニスタン​政府​に​対し,「2015​年​5​月​に​エホバ​の​証人​の​バフラム​・​ヘムデモフ​が​勾留​中​に​受け​た​と​される​拷問​や,2014​年​7​月​に​エホバ​の​証人​の​マンスール​・​マシャリポフ​が​逮捕​さ​れ,ひどく​殴ら​れ,薬物​中毒​リハビリテーション​・​センター​に​強制​的​に​収容​さ​れ​た​件……に​関し,公正​な​調査​が​迅速​に​行なわ​れる」よう​求め​まし​た。 マシャリポフ​氏​は​1​年​服役​し​た​後,釈放​さ​れまし​た。違法​な​宗教​活動​に​携わっ​た​と​し​て​有罪​判決​を​受け​た​ヘムデモフ​氏,また​宗教​活動​に​関する​虚偽​の​訴え​ゆえに​投獄​さ​れ​た​マシャリポフ​氏​は​2​人​と​も​無実​です。

トルクメニスタン​の​エホバ​の​証人​は,政府​が​宗教​と​良心​の​自由​を​尊重​し​て​これら​の​問題​を​解決​する​ため​に​必要​な​行動​を​起こす​こと​を​願っ​て​い​ます。その​よう​に​し​て,良心​上​の​立場​を​固く​守っ​た​人​たち​に​敬意​を​表し,人権​侵害​の​過去​を​改善​する​ため​誠実​な​努力​を​払っ​て​いる​こと​を​実証​する​機会​に​なり​ます。

^ 2節 国際​法​で​は​良心​的​兵役​拒否​が​基本​的​人権​と​し​て​認め​られ​て​おり,ほとんど​の​国​で​は​それ​に​準じる​国内​法​が​整備​さ​れ​て​い​ます。しかし,トルクメニスタン​は​アゼルバイジャン,エリトリア,シンガポール,韓国,トルコ​と​同様,この​権利​を​認め​て​おら​ず,良心​上​の​理由​で​兵役​を​拒否​する​エホバ​の​証人​を​起訴​し​続け​て​い​ます。

^ 18節 執行​猶予​付き​の​刑​と​は​個人​の​自由​を​はく奪​する​刑罰​を​一定​期間​延期​する​こと,もしくは​それ​に​替わる​刑​の​こと​です。ヤンギバエフ​氏​は​警察​から​定期​的​に​監視​さ​れ​て​おり,懲役​刑​を​受け​て​は​い​ませ​ん。