内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年9月22日
トルクメニスタン

トルクメニスタンで勾留中の母親が釈放される

トルクメニスタンで勾留中の母親が釈放される

ビビ​・​ラフマノバ​と​家族

2014​年​9​月​2​日​午後​8​時,ビビ​・​ラフマノバ​は​釈放​さ​れ​まし​た。ただし,自由​の​身​に​なっ​た​もの​の​無罪​に​は​なり​ませ​ん​でし​た。その​日,ダショグズ​地方​裁判​所​は​ビビ​の​上訴​を​審理​し​まし​た。同​裁判​所​は,ビビ​を​無罪​と​し​ませ​ん​でし​た​が,4​年​間​の​実刑​を​執行​猶予​付き​の​刑​ *に​変更​し,即時​釈放​を​命じ​まし​た。判決​文​に​よる​と,裁判​官​たち​は,ビビ​が​女性​で​4​歳​児​の​母親​で​ある​こと​と,前科​が​ない​こと​を​軽減​事由​と​し​て​考慮​し​まし​た。

ビビ​は,「公務​執行​妨害」と「野蛮​行為」と​いう​でっち上げ​の​罪状​で​8​月​18​日​に​有罪​判決​を​受け​た​後,判決​の​取り消し​を​求め​て​上訴​し​て​い​まし​た。ビビ​と​夫​の​ベパ​は​7​月​5​日​に,ダショグズ​駅​で​宗教​文書​を​含む​個人​の​荷物​を​受け取っ​た​後​で​警察​に​呼び止め​られ​まし​た。ベパ​に​対する​容疑​は​その​後​取り下げ​られ​まし​た​が,ビビ​は​8​月​8​日​に​拘置​所​に​入れ​られ​まし​た。収容​さ​れ​て​いる​間,ビビ​は​ひどい​身体​的​虐待​を​受け​まし​た。

トルクメニスタン​で​の​不​公正​を​白日​の​下​に​さらす

海外​から​来​た​ビビ​の​弁護​人​に​よる​と,不当​な​投獄​に​対する​国際​的​な​非難​の​声​が​いくらか​力​と​なっ​て​ビビ​の​予期​せ​ぬ​釈放​が​実現​し​た​よう​です。

ビビ​の​事件​は​トルクメニスタン​の​エホバ​の​証人​に​とっ​て​珍しい​こと​で​は​あり​ませ​ん。証人​たち​は​日ごろ​から,基本​的​人権​の​侵害​に​苦しん​で​い​ます。8​人​の​エホバ​の​証人​が,信仰​に​付き従う​ゆえに​服役​中​です。6​人​は​良心​的​兵役​拒否​で,2​人​は​でっち上げ​の​罪状​で​投獄​さ​れ​て​い​ます。彼ら​は​厳しい​状況​下​に​おか​れ,様々​な​虐待​を​経験​し​て​い​ます。

ダショグズ​地裁​の​裁判​官​たち​は,褒める​べき​こと​に​ビビ​の​状況​を​改善​し​まし​た​が,不​公正​を​十分​に​正し​て​は​い​ませ​ん。人間​の​尊厳​を​重んじる​人​たち​は,トルクメニスタン​当局​が​もっと​広い​見方​を​持ち,国際​的​な​人権​規範​を​適用​し​て​国内​で​の​宗教​の​自由​を​認める​こと​を​期待​し​て​い​ます。

^ 2節 地方​裁判​所​は,ビビ​の​4​年​の​拘禁​刑​を​停止​し,3​年​の​保護​観察​期間​を​含む​執行​猶予​付き​の​拘禁​刑​と​し​まし​た。執行​猶予​期間​中,ビビ​は​模範​的​な​行動​を​保た​ね​ば​なら​ず,当局​の​許可​なく​居住​地​を​変え​たり​離れ​たり​する​こと​は​でき​ませ​ん。