アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

トルクメニスタン

信仰ゆえに投獄される

信仰ゆえに投獄される

2014  10  22 日,トルクメニスタン 政府 は,良心  兵役 拒否,または,虚偽  訴え  ため  投獄      8   エホバ  証人  恩赦  与え まし た。 *また,その     9  2   は,エホバ  証人  ビビ  ラフマノバ さん  釈放   まし た。 *

こう   明るい 進展  受け て,エホバ  証人  統治  は,恩赦  証人 たち  釈放  対する 感謝  手紙  トルクメニスタン  大統領  書き送り まし た。また その  で,まだ 投獄    いる 2   エホバ  証人  注意  引き,彼ら  釈放  要請    ます。エホバ  証人 は,トルクメニスタン 当局   有益  意見 交換  より 当局  懸案  解消  れ,証人 たち  人権  尊重  れる よう  なる こと  願っ   ます。

良心  信教  信条  自由  尊重  関する 問題 は,まだ 解決     ない

トルクメニスタン 当局  依然   て,良心   兵役  拒否 する 若い エホバ  証人  投獄    ます。良心  兵役 拒否  は,代替  市民  奉仕 活動  行なう 機会  与え られる こと なく 有罪  され,12 か月 から 24 か月    宣告   ます。釈放    も“再犯 者”と   再び 起訴 され,より 厳しい 制限    投獄  経験 する    ます。

問題  解決 する 手段  なかっ  ため,良心  兵役 拒否     起訴    15   エホバ  証人 は,国連 規約 人権 委員 会(CCPR)に 訴え  提出  まし た。 *宗教 活動  制限  意図   偽り  告発  ため  投獄    2   エホバ  証人 も,規約 人権 委員   訴え  提出  まし た。

2012  4   規約 人権 委員  は,トルクメニスタン  人権  めぐる 状況  関する 所見  結論  こう 述べ   ます。政府 は「兵役  代替 活動 制度  設ける こと  目的    法律  見直す ため,あらゆる 手段  講じる べき  ある。また 加盟  は,良心   兵役  拒否 する 権利  個人  有する こと  法律  明記  べき  ある」。また 宗教 活動  関し,「宗教 団体  登録  関する 法律  その 施行  おい て,規約  ある 通り,人  自由  宗教 信条  実践  表明 する 権利  尊重  べき  ある」こと  政府  勧告    ます。トルクメニスタン  エホバ  証人 は,自分 たち  宗教  平和   実践 できる よう,活動  登録  喜ん  行ない たい  考え   ます。

改善  見込み

エホバ  証人 は,トルクメニスタン 政府  今回  対応  よっ て,人権 一般,とりわけ,良心  信教  信条  自由  より いっそう 尊重  れる こと  願っ   ます。エホバ  証人  代理  務める 弁護  は,次  よう  述べ   ます。「エホバ  証人 は,建設   対話  なさ れれ  トルクメニスタン 政府  懸念  解消  れ,正しい 良心  保ち つつ   仕える 平穏  生活  できる よう  なる,と  明るい 見通し  持っ   ます」。

これ まで  経緯

  1. 2014  11  18 

    2   エホバ  証人  良心  兵役 拒否  ため  投獄    いる。

  2. 2014  10  22 

    トルクメニスタン  大統領  8   エホバ  証人  恩赦  与え,釈放  れる。

  3. 2014  9  30 

    9   エホバ  証人  投獄  れる。7   良心  兵役 拒否,2   宗教 活動  処罰 する ため  虚偽  訴え  基づく。

  4. 2014  9  2 

    トルクメニスタン 当局  ビビ  ラフマノバ  釈放 し,4     執行 猶予 付き    変更 する。

  5. 2014  8  18 

    ビビ  ラフマノバ  虚偽  訴え  より 有罪 判決  受け,4     言い渡さ れる。

  6. 2014  7  25 

    7   エホバ  証人  服役。5   良心  兵役 拒否,2   宗教 活動  処罰 する ため  虚偽  訴え  基づく。

  7. 2014  4  6 

    26   エホバ  証人  勾留  れる。その うち 13   犯罪  証拠  なく 逮捕   た。13   エホバ  証人  罰金  科さ れる。

  8. 2013  11 

    9   エホバ  証人  服役 中。8   良心  兵役 拒否,1   宗教 活動  理由  する 虚偽  訴え  基づく。

  9. 2013  8  29 

    トルクメニスタン  良心   兵役  拒否 する 権利  認め ない ため,3   エホバ  証人  規約 人権 委員   訴え  提出 する。

  10. 2013  5  1 

    トルクメニスタン  良心   兵役  拒否 する 権利  認め ない ため,2   エホバ  証人  規約 人権 委員   訴え  提出 する。

  11. 2013  1  24 

    規約 人権 委員    訴え  トルクメニスタン 政府  伝え られ  から    後,30   警官  ナブルーズ  ナサラーエブ    捜索 し,家    家族  訪問      殴打 する。

  12. 2012  9  7 

    トルクメニスタン  良心   兵役  拒否 する 権利  認め ない ため,10   エホバ  証人  規約 人権 委員   訴え  提出 する。ナブルーズ  ナサラーエブ  訴え  代表   務める。

  13. 2008  8  21 

    エホバ  証人  トルクメニスタン   登録  申請 する。

^ 6節 規約 人権 委員  は,「市民  及び 政治  権利  関する 国際 規約」の 履行 状況  見守っ   ます。トルクメニスタン  1997 年,同 規約  加入 し,同じ 年,第 1 選択 議定   批准    ます。