内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

トビリシ​に​ある​平和​の​橋​の​近く​で​公​の​宣教​を​行なう​エホバ​の​証人

2017年2月21日
ジョージア(グルジア)

ヨーロッパ人権裁判所はジョージアのエホバの証人の信教の自由を擁護

ヨーロッパ人権裁判所はジョージアのエホバの証人の信教の自由を擁護

ジョージア​の​エホバ​の​証人​が​享受​し​て​いる​信教​の​自由​は,現在​と​数​年​前​と​では​大きく​異なっ​て​い​ます。現在,証人​たち​は​法的​に​登録​さ​れ​て​おり,自由​に​崇拝​する​こと​を​政府​に​よっ​て​認め​られ​て​い​ます。しかし,1999​年​から​2003​年​の​間​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。当時​の​政府​は,宗教​的​過激​主義​者​たち​が​証人​たち​に​襲いかかる​の​を​容認​し,その​襲撃​者​たち​を​起訴​する​こと​を​拒み​まし​た。

当時​の​厳しい​迫害​を​経験​し​た​証人​たち​は,ヨーロッパ​人権​裁判​所(ECHR)に​幾つ​か​の​申し立て​を​行ない​まし​た。1​つ​は「ツァーツィーゼ​ほか 対 ジョージア​事件」です。この​申し立て​は​2000​年​と​2001​年​に​ジョージア​で​発生​し​た​3​つ​の​事件​に​焦点​を​当て​て​い​ます。それら​の​事件​に​は​集団​暴行,宗教​的​な​集まり​の​妨害,資産​の​破壊,警察​に​よる​身体​的​虐待​や​言葉​に​よる​虐待​が​関係​し​て​い​まし​た。

2017​年​1​月​17​日,ECHR​は​ツァーツィーゼ​事件​に​関し​て,証人​たち​の​権利​は​侵害​さ​れ​て​い​た​と​の​判決​を​下し​まし​た。ジョージア​の​警察​が​事件​に​直接​的​に​関与​し​た​か,もしくは​被害​者​を​守る​ため​に​介入​する​の​を​怠っ​た​か​の​いずれ​か​で​ある​こと​を,ECHR​は​認め​まし​た。ジョージア​の​裁判​所​と​裁判​官​が,事件​に​関し​て​偏っ​た​表面​的​な​審理​しか​行なわ​なかっ​た​ゆえ​に,証人​たち​に​対する​襲撃​が​抑制​さ​れ​なかっ​た​こと​も​認め​まし​た。

政府​が​加担​し​た​迫害​を​非難​する​3​度​目​の​判決

今回​の​判決​は​ECHR​が​ジョージア​に​下し​た​3​度​目​の​判決​で,1999​年​から​2003​年​の​間​に「エホバ​の​証人​に​対する​全国​規模​の​宗教​上​の​暴力​行為」が​あっ​た​と​認定​し​た​一連​の​事件​に​関し​て​下さ​れ​た​もの​です。3​つ​の​判決​すべて​に​おい​て,ジョージア​が​エホバ​の​証人​の​信教​の​自由​を​擁護​し​ない​こと​に​より,また​彼ら​を​差別​する​こと​に​より,ヨーロッパ​人権​条約​に​違反​し​た​と​判断​し​まし​た。

ECHR​は​当時​の​ジョージア​の​状況​に​つい​て​次​の​よう​に​述べ​まし​た。「ジョージア​当局​は,その​職員​たち​が​エホバ​の​証人​に​対する​襲撃​に​直接​加わっ​たり,個人​に​よる​不法​な​行為​を​容認​あるいは​黙認​し​たり​する​こと​に​より,正当​な​処罰​が​なさ​れ​ない​風潮​を​作り出し​た。その​結果,全国​規模​で​エホバ​の​証人​に​対する​襲撃​が​さらに​助長​さ​れ​た」。

ECHR​は​法​の​支配​と​信教​の​自由​を​擁護​する

ツァーツィーゼ​事件​で​ECHR​が​審理​し​た​3​回​の​襲撃​で​は,被害​者​たち​は​警察​の​行動​や​関与​に​より​不​公正​を​経験​し​まし​た。

  • 2000​年​9​月​2​日,クタイシ​市​で,警察​官​は​ザムコフ​氏​を​警察​署​に​連行​し​まし​た。ザムコフ​氏​が​所持​し​て​い​た​宗教​文書​を​押収​し​た​後,彼​を​侮辱​し,殴打​し​まし​た。翌日,警察​官​は​ガブニア​氏​に​暴行​を​加え,腹​を​殴っ​たり​宗教​文書​を​破っ​たり​し​まし​た。

  • 2000​年​10​月​26​日,マルネウリ​市​で,警察​官​が​宗教​的​な​集まり​を​突然​妨害​し,宗教​的​な​文書​を​押収​し​まし​た。彼ら​は,宗教​的​な​講話​を​行なっ​て​い​た​ミキルトゥモフ​氏​と,集会​が​行なわ​れ​て​い​た​家​の​持ち主​で​ある​アリエブ​氏​を​警察​署​に​連行​し​まし​た。その​後,ミキルトゥモフ​氏​を​車​に​押し込ん​で​市​の​外​まで​連れ​て​行き,2​度​と​戻っ​て​来​ない​よう​に​と​命じ​まし​た。また,アリエブ​氏​に​は,家​で​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集会​を​2​度​と​行なっ​て​は​なら​ない​と​命令​し​まし​た。

  • 2001​年​3​月​27​日,ルスタビ​市​で,正教会​の​宗教​的​過激​主義​者​の​集団​が,ゴガラシビリ​氏​の​家​を​襲撃​し​まし​た。そこ​で​は​宗教​的​な​活動​が​行なわ​れ​て​いる​最中​でし​た。その​集団​は​出席​者​を​侮辱​し,強制​的​に​退去​さ​せ​まし​た。また,宗教​的​な​文書​を​取り上げ,翌日,近く​の​市場​で​それ​を​公衆​の​面前​で​燃やし​まし​た。警察​は​被害​者​たち​を​保護​する​ため​に​介入​する​こと​を​拒み​まし​た。

いずれ​の​事件​に​おい​て​も,被害​者​たち​は​ジョージア​の​裁判​所​に​救済​を​求め​まし​た​が,得​られ​ませ​ん​でし​た。ECHR​の​観察​に​よる​と,ジョージア​の​裁判​官​は​警察​側​に​偏っ​て​おり,被害​者​たち​が​提出​する​証拠​を​ふさわしく​検討​する​こと​を​怠り​まし​た。この​よう​な​事件​に​おける​国内​の​裁判​官​の​態度​に​関し​て,ECHR​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。

警察​を​当然​の​よう​に​信頼​し,事件​に​対し​て​この​よう​な​表面​的​で​偏っ​た​考察​を​し,事件​の​申し立て​の​内容​を​根拠​も​なし​に​却下​し​て​いる​実態​を​見る​とき,当​裁判​所​と​し​て​は,司法​側​が​申立​人​ら​に​対し​て​なさ​れ​た​暴力​行為​を​黙認​し​て​いる,と​言わ​ざる​を​得​ない。

ECHR​は,ヨーロッパ​人権​条約​第​9​条(宗教​の​自由)と​第​14​条(差別)の​下​に​ある​申立​人​たち​の​権利​が​侵害​さ​れ​た​と​判断​し,裁判​費用​と​し​て​の​1万​ユーロ(約​118万​円)に​加え​て​合計​1万1000​ユーロ(約​130万​円)の​損害​賠償​を​認め​まし​た。

今回​の​判決​は​ロシア​と​アゼルバイジャン​に​も​影響​を​及ぼす​の​か

ECHR​は​結論​を​導く​に​あたり,ジョージア​の​グルダニ​事件​と​ベゲリ​事件,ロシア​の​クズネツォフ​事件​と​クルプコ​事件​の​判決​を​繰り返し​まし​た。ジョージア​政府​は​以前​の​判決​を​徐々​に​履行​し​て​おり,ジョージア​の​エホバ​の​証人​は,以前​より​も​保護​さ​れ​て​い​ます。証人​たち​は,自由​と​安全​の​うち​に​集まり,信仰​を​仲間​と​共有​できる​こと​に​感謝​し​て​い​ます。

ジョージア​国内​で​の​審理​に​参加​し,ECHR​へ​の​申し立て​の​準備​に​も​かかわっ​た,国際​人権​弁護​士​の​アンドレ​・​カルボンノ​は​こう​コメント​し​て​い​ます。「この​素晴らしい​判決​に​よっ​て,市民​の​信教​の​自由​の​抑圧​を​促進​し​たり​支援​し​たり​する​政府​の​行動​は​ECHR​の​管轄​領域​内​で​は​許さ​れ​ない,と​いう​こと​が​はっきり​示さ​れ​まし​た。証人​たち​が​自由​に​崇拝​できる​よう,ジョージア​政府​が​これら​の​判決​を​履行​する​点​で​前進​し​て​いる​こと​を​うれしく​思い​ます。ロシア​の​よう​な,欧州​評議​会​の​他​の​国々​も​この​判決​に​注目​する​こと​を​願っ​て​い​ます」。

ECHR​が​下し​た​この​最新​の​判決​は,崇拝​の​ため​に​共​に​集まり,人々​に​宗教​的​な​信条​を​平和​裏​に​伝える​と​いう​貴重​な​自由​を​保護​する​もの​です。世界​的​な​コミュニティー​で​ある​エホバ​の​証人​は,ECHR​に​よる​この​強力​な​判決​が​ロシア​や​アゼルバイジャン​に​対し​て​なさ​れ​て​いる​同様​の​問題​に​関する​申し立て​に​も​影響​を​与える​こと​を​願っ​て​い​ます。