内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年11月5日
キルギス

キルギスの最高裁判所はエホバの証人の信教の自由を擁護する

キルギスの最高裁判所はエホバの証人の信教の自由を擁護する

2014​年​9​月​4​日​は,キルギス​の​エホバ​の​証人​と​キルギス​に​おける​信教​の​自由​に​とっ​て​極めて​重要​な​日​と​なり​まし​た。この​日,キルギス​の​最高​裁判​所​憲法​評議​会​は「2008​年​宗教​法」 *の​一部​が​違憲​で​ある​と​の​判決​を​下し​た​の​です。この​判決​に​より,エホバ​の​証人​が​キルギス​南部​の​地域​で​自由​に​宗教​活動​を​行なう​権利​を​有する​こと​が​確証​さ​れ​まし​た。その​地域​で​は​それ​まで​4​年​間,エホバ​の​証人​の​法的​地位​が​繰り返し​否定​さ​れ​て​い​まし​た。

キルギス​の​エホバ​の​証人​は​1998​年​に​国​で​認可​さ​れ,国内​全域​で​比較​的​自由​に​崇拝​を​行なう​こと​が​でき​て​い​まし​た。しかし,「2008​年​宗教​法」が​施行​さ​れる​と,キルギス​南部​の​地域​で​警察​が​繰り返し​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集会​に​押し入り​まし​た。警察​の​主張​に​よる​と,エホバ​の​証人​は​これら​の​地域​で​地元​の​宗教​団体​と​し​て​の​登録​が​ない​の​で​その​活動​は“違法”で​ある​と​の​こと​です。国家​宗教​委員​会​も,「2008​年​宗教​法」の​幾つ​か​の​制限​的​な​規定​を​悪用​し,これら​の​地域​で​登録​を​行なお​う​と​する​証人​たち​の​努力​を​妨害​し​まし​た。9​月​4​日​の​判決​に​より,それら​の​障害​が​取り除か​れ​まし​た。

著しい​法的​進展

「2008​年​宗教​法」は​未​登録​の「宗教​団体​の​活動​及び​機能」を​禁じ​て​い​ます(第​8​条​第​2​項)。国家​宗教​委員​会​は​この​条項​を,多く​の​都市​や​町​で​の​エホバ​の​証人​の​宗教​活動​を​禁じる​手だて​と​考え​まし​た。それ​は,エホバ​の​証人​が​それら​の​町​や​都市​で​の​登録​さ​れ​た​宗教​団体​で​は​ない​から​です。同​宗教​法​は,宗教​団体​が​公証​され​た​200​人​の​創設​メンバー​の​リスト​を​まず​地元​市​議会​に​提出​し​承認​を​得る​こと​を​要求​し​て​い​ます(第​10​条​第​2​項)。それ​から​国家​宗教​委員​会​に​登録​を​申請​する​こと​が​でき​ます。エホバ​の​証人​は​窮地​に​立たさ​れ​まし​た。国家​宗教​委員​会​から,合法​的​に​集まる​に​は​地元​で​の​登録​が​必要​で​ある​と​伝え​られ​まし​た​が,地元​市​議会​が​創設​メンバー​の​リスト​を​承認​し​ない​ため,登録​でき​ない​の​です。国家​宗教​委員​会​と​地元​当局​は​エホバ​の​証人​が​登録​要件​を​満たし​て​い​ない​と​し​て,証人​たち​を​繰り返し​攻撃​し​て​い​ます。こう​し​た​困難​な​状況​の​ため,エホバ​の​証人​は​憲法​評議​会​に,「2008​年​宗教​法」の​これら​の​条項​の​合憲​性​を​争う​申し立て​を​行ない​まし​た。

憲法​評議​会​は​判決​の​中​で​次​の​よう​に​述べ​まし​た。「すべて​の​宗教​団体​は​法​の​下​で​平等​で​あり,特定​の​宗教​の​個人​あるいは​人々​が​他​の​宗教​の​人々​より​も,好意​的​な​扱い​を​受ける​べき​で​は​ない」。そして,宗教​団体​の​創設​メンバー​の​リスト​は​地元​市​議会​の​承認​を​必要​と​する​と​いう​第​10​条​第​2​項​は​違憲​で​ある​と​の​判決​を​下し​まし​た。また,第​8​条​第​2​項​を「誤っ​て​解釈​し​た」と​結論​付け,宗教​団体​は​創設​文書​の​中​で​指定​し​た​国内​の​どの​地域​に​おい​て​も​自由​に​宗教​活動​を​行なえる​こと​が​信教​の​自由​に​より​保障​さ​れ​て​いる,と​述べ​まし​た。キルギス​共和​国​の「エホバ​の​証人​の​宗教​センター」の​1998​年​の​創設​文書​に​は​すでに,その​活動​を​国内​全域​で​行なう​こと​が​明記​さ​れ​て​い​ます。これ​から​は,キルギス​の​どの​地域​に​おい​て​も​エホバ​の​証人​は​妨害​さ​れる​こと​なく​自由​に​宗教​活動​を​行なえる​の​です。

判決​に​より​差別​の​被害​者​たち​が​救済​さ​れる

9​月​4​日​の​判決​は,キルギス​南部​の​エホバ​の​証人​たち​に​とっ​て​うれしい​ニュース​と​なり​まし​た。オシ​市​に​住む​オクサナ​・​コリアキナ​と,母親​の​ナジェージダ​・​セルギエンコ​に​とっ​て​は​特に​そう​でし​た。2​人​は​自分​たち​の​信じ​て​いる​こと​を​他​の​人​たち​に​語っ​た​際​に​犯罪​行為​を​行なっ​た​容疑​で,2013​年​から​自宅​軟禁​下​に​置か​れ​て​い​た​から​です。無実​を​証明​する​明らか​な​証拠​が​あっ​た​に​も​かかわら​ず,この​親子​は​3​人​の​高齢​の​女性​から​お金​を​だまし取っ​た​と​し​て​起訴​さ​れ​た​の​です。

この​親子​の​裁判​は​2014​年​9​月​に​オシ​市​裁判​所​で​行なわ​れ​まし​た。そして​2014​年​10​月​7​日,裁判​所​は​2​人​の​刑事​責任​に​関し,両人​と​も​完全​無罪​で​ある​と​し,不当​な​起訴​・​勾留​・​自宅​軟禁​に​対する​完全​な​賠償​を​受ける​権利​が​ある,と​の​判決​を​下し​まし​た。同​裁判​所​は,この​2​人​の​エホバ​の​証人​が​宗教​的​偏見​と​差別​の​被害​者​で​あり,2​人​が​その​標的​に​なっ​た​の​は,オシ​市​で​エホバ​の​証人​の​登録​宗教​団体​は​存在​し​ない​ゆえに​その​活動​は​違法​で​ある,と​の​誤っ​た​主張​に​基づい​て​いる​こと​を​認め​まし​た。この​親子​は,エホバ​の​証人​の​活動​を​オシ​市​や​キルギス​全域​で​合法​化​する​9​月​4​日​の​憲法​評議​会​の​判決​に​依拠​し​た​最終​弁論​を​行ない​まし​た。

オクサナ​・​コリアキナ​と​ナジェージダ​・​セルギエンコ

国際​人権​を​支持​する​努力

キルギス​は,国連​の「市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約」に​加盟​し​て​い​ます。国民​に​対し​信教​の​自由​・​集会​の​自由​・​表現​の​自由​など​の​人権​および​基本​的​自由​を​促進​する,と​いう​国際​公約​を​し​て​いる​の​です。信教​の​自由​を​擁護​する​最近​の​判決​に​より,キルギス​の​最高​裁判​所​憲法​評議​会​は​人権​と​基本​的​自由​を​固く​支持​し​まし​た。キルギス​の​5000​人​近い​エホバ​の​証人​は,認め​られ​た​信教​の​自由​を​大切​に​し,すべて​の​人​が​享有​する​権利​の​ある​基本​的​自由​を​擁護​する​国家​機関​に​深く​感謝​し​て​い​ます。

^ 2節 この​法律​の​正式​名称​は,「キルギス​共和​国​に​おける​信教​の​自由​及び​宗教​団体​に​関する​キルギス​共和​国​法」です。