アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年11月5日
キルギス

キルギスの最高裁判所はエホバの証人の信教の自由を擁護する

キルギスの最高裁判所はエホバの証人の信教の自由を擁護する

2014  9  4  は,キルギス  エホバ  証人  キルギス  おける 信教  自由  とっ  極めて 重要    なり まし た。この 日,キルギス  最高 裁判  憲法 評議  は「2008  宗教 法」 * 一部  違憲  ある   判決  下し   です。この 判決  より,エホバ  証人  キルギス 南部  地域  自由  宗教 活動  行なう 権利  有する こと  確証   まし た。その 地域   それ まで 4  間,エホバ  証人  法的 地位  繰り返し 否定     まし た。

キルギス  エホバ  証人  1998     認可  れ,国内 全域  比較  自由  崇拝  行なう こと  でき   まし た。しかし,「2008  宗教 法」が 施行  れる と,キルギス 南部  地域  警察  繰り返し エホバ  証人  宗教   集会  押し入り まし た。警察  主張  よる と,エホバ  証人  これら  地域  地元  宗教 団体     登録  ない   その 活動 は“違法”で ある   こと です。国家 宗教 委員  も,「2008  宗教 法」の 幾つ   制限   規定  悪用 し,これら  地域  登録  行なお   する 証人 たち  努力  妨害  まし た。9  4   判決  より,それら  障害  取り除か  まし た。

著しい 法的 進展

「2008  宗教 法」は  登録 の「宗教 団体  活動 及び 機能」を 禁じ   ます(第 8   2 項)。国家 宗教 委員   この 条項 を,多く  都市     エホバ  証人  宗教 活動  禁じる 手だて  考え まし た。それ は,エホバ  証人  それら    都市   登録    宗教 団体   ない から です。同 宗教  は,宗教 団体  公証 され  200   創設 メンバー  リスト  まず 地元  議会  提出  承認  得る こと  要求    ます(第 10   2 項)。それ から 国家 宗教 委員   登録  申請 する こと  でき ます。エホバ  証人  窮地  立たさ  まし た。国家 宗教 委員  から,合法   集まる   地元   登録  必要  ある  伝え られ まし  が,地元  議会  創設 メンバー  リスト  承認  ない ため,登録 でき ない  です。国家 宗教 委員   地元 当局  エホバ  証人  登録 要件  満たし   ない   て,証人 たち  繰り返し 攻撃    ます。こう   困難  状況  ため,エホバ  証人  憲法 評議  に,「2008  宗教 法」の これら  条項  合憲   争う 申し立て  行ない まし た。

憲法 評議   判決      よう  述べ まし た。「すべて  宗教 団体      平等  あり,特定  宗教  個人 あるいは 人々    宗教  人々 より も,好意   扱い  受ける べき   ない」。そして,宗教 団体  創設 メンバー  リスト  地元  議会  承認  必要  する  いう  10   2   違憲  ある   判決  下し まし た。また,第 8   2  を「誤っ  解釈  た」と 結論 付け,宗教 団体  創設 文書    指定   国内  どの 地域  おい   自由  宗教 活動  行なえる こと  信教  自由  より 保障    いる,と 述べ まし た。キルギス 共和  の「エホバ  証人  宗教 センター」の 1998   創設 文書   すでに,その 活動  国内 全域  行なう こと  明記     ます。これ から は,キルギス  どの 地域  おい   エホバ  証人  妨害  れる こと なく 自由  宗教 活動  行なえる  です。

判決  より 差別  被害  たち  救済  れる

9  4   判決 は,キルギス 南部  エホバ  証人 たち  とっ  うれしい ニュース  なり まし た。オシ   住む オクサナ  コリアキナ と,母親  ナジェージダ  セルギエンコ  とっ   特に そう でし た。2   自分 たち  信じ  いる こと     たち  語っ    犯罪 行為  行なっ  容疑 で,2013  から 自宅 軟禁   置か     から です。無実  証明 する 明らか  証拠  あっ    かかわら ず,この 親子  3   高齢  女性 から お金  だまし取っ     起訴     です。

この 親子  裁判  2014  9   オシ  裁判   行なわ  まし た。そして 2014  10  7 日,裁判   2   刑事 責任  関し,両人   完全 無罪  ある  し,不当  起訴  勾留  自宅 軟禁  対する 完全  賠償  受ける 権利  ある,と  判決  下し まし た。同 裁判  は,この 2   エホバ  証人  宗教  偏見  差別  被害   あり,2   その 標的  なっ   は,オシ   エホバ  証人  登録 宗教 団体  存在  ない ゆえに その 活動  違法  ある,と  誤っ  主張  基づい  いる こと  認め まし た。この 親子 は,エホバ  証人  活動  オシ   キルギス 全域  合法  する 9  4   憲法 評議   判決  依拠   最終 弁論  行ない まし た。

オクサナ  コリアキナ  ナジェージダ  セルギエンコ

国際 人権  支持 する 努力

キルギス は,国連 の「市民  及び 政治  権利  関する 国際 規約」に 加盟    ます。国民  対し 信教  自由  集会  自由  表現  自由 など  人権 および 基本  自由  促進 する,と いう 国際 公約    いる  です。信教  自由  擁護 する 最近  判決  より,キルギス  最高 裁判  憲法 評議   人権  基本  自由  固く 支持  まし た。キルギス  5000  近い エホバ  証人 は,認め られ  信教  自由  大切  し,すべて    享有 する 権利  ある 基本  自由  擁護 する 国家 機関  深く 感謝    ます。

^ 2節 この 法律  正式 名称 は,「キルギス 共和   おける 信教  自由 及び 宗教 団体  関する キルギス 共和  法」です。