内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年5月3日
カザフスタン

カザフスタン当局は信教の自由を踏みにじり,テイムル・アフメドフに有罪判決を下す

カザフスタン当局は信教の自由を踏みにじり,テイムル・アフメドフに有罪判決を下す

2017​年​5​月​2​日,アスタナ​市​裁判​所​は​自分​の​信条​を​他​の​人​に​語っ​た​と​いう​だけ​の​理由​で​テイムル​・​アフメドフ​に​対し​5​年​の​懲役​刑​を​宣告​し​まし​た。同氏​は​カザフスタン​が​独立​し​た​1991​年​以来,宗教​活動​ゆえに​刑事​の​有罪​判決​を​受け​た​最初​の​エホバ​の​証人​です。

アフメドフ​氏​を​公判​前​の​自宅​軟禁​措置​に​変更​する​よう​に​と​の​国際​的​な​働きかけ​が​ある​に​も​かかわら​ず,同氏​は​3​か月​以上​も​公判​前​勾留​さ​れ​た​まま​です。彼​は​61​歳​の​既婚​者​で​3​人​の​息子​の​父​で​あり,健康​も​すぐれ​ませ​ん。

信教​の​自由​の​行使​を​処罰​する

アフメドフ​氏​の​試練​は​2017​年​1​月​から​始まり​まし​た。カザフスタン​の​秘密​警察​で​ある​国家​保安​委員​会(KNB)が,カザフスタン​の​刑法​第​174​条​2​項​に​違反​する​と​し​て​逮捕​し​た​の​です。国家​保安​委員​会​は,同氏​が​自分​の​信条​に​つい​て​私的​な​場​で​語っ​た​こと​を,「宗教​的​憎悪​を​引き起こし​た」と​し​て​訴え​て​い​ます。

タルガット​・​セリバイフ​裁判​官​は​アフメドフ​氏​の​話​が,「宗教​的​不和​を​引き起こし」,「宗教​に​基づく​市民​の​排他​性,優越​性​の​主張」を​助長​する​もの​で​ある​と​の​判決​を​下し​まし​た。同​裁判​官​は​さらに​アフメドフ​氏​に​対し​3​年​間​の「イデオロギー​的​宗教​活動」禁止​を​命じ​まし​た。それ​は​事実​上,同氏​の​崇拝​を​禁止​する​もの​です。

エホバ​の​証人​の​法律​顧問​を​務める​フィリップ​・​ブラムリー​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「当局​は​法律​を​極めて​不当​に​適用​し​て​い​ます。2016​年​に​何​人​か​の​男性​が​テイムル​の​信条​に​つい​て​話し合う​ため​に​彼​を​自宅​に​招き​まし​た。彼ら​が​テイムル​の​自宅​に​来​た​こと​さえ​あり​ます。テイムル​は,その​話し合い​が​秘密​裏​に​録音​さ​れ​て​いる​こと​や,後​に​刑事​訴追​を​でっち上げる​ため​に​利用​さ​れる​と​は​思っ​て​も​い​ませ​ん​でし​た。当局​が​平和​的​な​宗教​活動​を​何​が​何​で​も​抑圧​し,犯罪​に​仕立てし​よう​と​し​て​いる​こと​が​見て取れ​ます。これ​が​公正​と​は​言え​ませ​ん」。

アフメドフ​氏​の​家族​は,同氏​の​健康​状態​を​非常​に​心配​し​て​い​ます。血腫(がん​の​疑い​が​ある)を​患っ​て​い​ます​が,当局​は,アフメドフ​氏​の​勾留​を​自宅​軟禁​に​する​よう​求める​働きかけ​を​否定​し,彼​が​緊急​に​必要​と​し​て​いる​医療​も​受け​さ​せ​て​い​ませ​ん。アフメドフ​氏​の​弁護​団​は,国連​の「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」,国連​の「宗教​もしくは​信条​の​自由​に​関する​特別​報告​者」,国連​の「平和​的​な​集会​および​結社​の​自由​に​関する​特別​報告​者」に​不服​申立​を​提出​し​まし​た。

カザフスタン​で​信教​の​自由​は​擁護​さ​れる​の​か

カザフスタン​の​エホバ​の​証人​は​自分​たち​の​宗教​活動​を​行なう​うえ​で​多く​の​困難​を​経験​し​て​き​まし​た。しかし,アフメドフ​氏​の​不当​な​拘禁​は,証人​たち​の​崇拝​に​対する​新た​な,また​衝撃​的​な​攻撃​です。エホバ​の​証人​側​の​代表​者​は,当局​に​妨害​さ​れる​こと​なく​崇拝​する​基本​的​自由​を​擁護​する​と​いう​国家​の​国際​約束​を​尊重​する​よう​カザフスタン​当局​に​上訴​を​続け​ます。