内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

拘束​さ​れる​前​の​テイムル​・​アフメドフ​氏

2017年10月13日
カザフスタン

カザフスタン政府がテイムル・アフメドフ氏の恣意的拘禁の件で責任を問われる

カザフスタン政府がテイムル・アフメドフ氏の恣意的拘禁の件で責任を問われる

国連​の「恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会」(WGAD,以下​作業​部会)は,テイムル​・​アフメドフ​氏​を​拘束​し​て​いる​こと​に​関し​て​カザフスタン​政府​を​非難​し,彼​を​直ちに​釈放​する​こと​を​求め​まし​た。 *2017​年​10​月​2​日​に​公表​さ​れ​た​この​判断​の​中​で,作業​部会​は,平和​的​に​自分​の​宗教​信条​を​他​の​人​に​伝え​た​ため​に​2017​年​1​月​18​日​以来​投獄​さ​れ​て​いる​アフメドフ​氏​に​対する​恣意​的​な​拘禁​に​関し​て,カザフスタン​政府​に​責任​が​ある,と​結論​し​て​い​ます。

恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会​が​下し​た​結論

作業​部会​は​判断​の​中​で,アフメドフ​氏​の​投獄​は​恣意​的​拘禁​の​基準​を​満たし​て​いる,と​結論​付け​て​い​ます。さらに​政府​が,エホバ​の​証人​と​し​て​の​宗教​活動​のみ​を​理由​に,同氏​の​信教​の​自由​と​表現​の​自由​と​いう​基本​的​権利​を​行使​する​自由​を​奪い,公正​な​裁判​を​受ける​権利​を​否定​し,差別​し​た,と​も​述べ​て​い​ます。

作業​部会​は,カザフスタン​政府​がアフメドフ​氏​を​不当​に​逮捕​・​起訴​し​たこと​も​非難​する​上​で,国連​規約​人権​委員​会​が​以前​政府​を​批判​し​た​判断​を​引き合い​に​出し​まし​た。規約​人権​委員​会​の​その​判断​に​よれ​ば,カザフスタン​政府​は「“過激​主義”の​概念​を​広く​規定​し​て​おり……過激​主義​に​関する​法律​を​利用​し​て​信教,表現,集会​および​結社​の​自由​を​過度​に​規制​し​て​いる」と​され​て​い​ます。この​法​制度​が「カザフスタン​で​信教​の​自由​を​享受​する​こと​へ​の​深刻​な​脅威​と​なっ​て​おり,アフメドフ​氏​の​件​は​その​脅威​が​現実​の​もの​と​なっ​て​いる​証拠​で​ある」と​作業​部会​は​指摘​し​まし​た。

対照​的​に,作業​部会​は,アフメドフ​氏​の​宗教​活動​が「とても​穏やか」に​行なわ​れ​た​もの​で​あっ​た​と​繰り返し​述べ,同氏​に​よる​宗教​的​な​話し合い​は​暴力​や​宗教​的​な​憎しみ​を​煽る(あおる)もの​で​は​なかっ​た​と​述べ​て​い​ます。同​部会​は,政府​が「アフメドフ​氏​の​暴力​行為,または​暴力​を​扇動​し​た​事例​を​1​つ​も​挙げ​て​い​ない」こと​や,「人​と​集まり,穏やか​に​宗教​的​な​話し合い​を​する​こと​が​どうして​その​罪​に​当たる​の​か​と​いう​点​に​関する​説明​を​し​て​い​ない」こと​を​強調​し​まし​た。さらに,「アフメドフ​氏​が​規約​の​第​18​条​ *で​保障​さ​れ​て​いる​信教​の​自由​の​権利​を​行使​し​た​に​すぎ​ない​こと​は​当​作業​部会​に​は​明らか​で​ある」と​述べ​て​い​ます。

加え​て,作業​部会​は​政府​に​よる​アフメドフ​氏​へ​の​仕打ち​と,カザフスタン​当局​に​よる​エホバ​の​証人​へ​の​宗教​的​不​寛容​の​他​の​証拠​と​の​関連​を​指摘​し​まし​た。その​つながり​は,アフメドフ​氏​が​逮捕​さ​れ​た​の​と​同じ​日​に,当局​が​エホバ​の​証人​の​集会​場所​に​踏み込ん​で​宗教​文書​を​押収​し​て​いる​こと​から​確認​さ​れ​て​い​ます。

「アフメドフ​氏​が​規約​の​第​18​条​で​保障​さ​れ​て​いる​信教​の​自由​の​権利​を​行使​し​た​に​すぎ​ない​こと​は​当​作業​部会​に​は​明らか​で​ある」。(意見,第​39​節)

カザフスタン​当局​は​変化​を​迫ら​れる

作業​部会​は​カザフスタン​当局​に​対し​て「遅滞​なく,アフメドフ​氏​の​状況​を​救済​する​ため​に​必要​な​措置​を​取る​よう」求め​て​い​ます。ふさわしい​救済​と​は「アフメドフ​氏​を​直ちに​釈放​する​こと​と,同氏​が​賠償​金​や​他​の​補償​を​受け​られる​権利​を​行使​できる​よう​に​する​こと​で​ある」と​も​述べ​て​い​ます。そして,カザフスタン​政府​が​負っ​て​いる​国際​義務​に​調和​する​よう​法律​と​その​運用​を​変更​する​こと​を​同​政府​に​求め​て​い​ます。アフメドフ​氏​に​対する​よう​な​不当​な​扱い​が​今後​繰り返さ​れ​ない​ため​です。

2017​年​10​月​13​日,アフメドフ​氏​の​弁護​団​は​カザフスタン​の​最高​裁判​所​に​上訴​し,恣意​的​拘禁​に​関する​作業​部会​の​判断​に​従っ​て​同氏​を​無罪​と​し,直ちに​釈放​する​命令​を​出す​よう​要請​し​まし​た。

世界​中​の​エホバ​の​証人​は,テイムル​・​アフメドフ​氏​の​事件​の​不​公正​さ​が​国際​的​に​認知​さ​れ,カザフスタン​で​信教​の​自由​が​より​尊重​さ​れる​べき​で​ある​こと​が​認め​られ​た​こと​を,うれしく​思っ​て​い​ます。エホバ​の​証人​は,カザフスタン​政府​が​作業​部会​の​判断​に​従っ​て​直ちに​アフメドフ​氏​を​釈放​する​こと​を​期待​し​て​い​ます。