内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年6月7日
エジプト

『不当な禁令が一日も早く解かれるよう願っています』

『不当な禁令が一日も早く解かれるよう願っています』

イーハブ​・​サミール​は​エジプト​生まれ​の​52​歳​に​なる​エホバ​の​証人​です。エジプト​で​は,政府​が​エホバ​の​証人​の​崇拝​に​対し​て​制約​を​課し​て​おり,サミール​氏​に​よる​と,証人​たち​の​ほとんど​は​当局​から「犯罪​者​で​ある​か​の​よう​な」扱い​を​受け​て​き​まし​た。しかし​同氏​は,そう​し​た​実情​を​認め​て​いる​1​つ​の​ウェブ​記事​を​読ん​で​元気づけ​られ​まし​た。

それ​は,エジプト​の​シュバブ​・​ミスル​と​いう​ニュースサイト​が​2016​年​8​月​19​日​に​掲載​し​た「リハム​・​アテフ​博士,エホバ​の​証人​に​つい​て​書く」と​題する​記事​です。カイロ​大学​の​准​教授​で​ジャーナリスト​で​も​ある​アテフ​博士​は,エホバ​の​証人​に​つい​て​エジプト​で​一般​的​に​持た​れ​て​いる​イメージ​に​異論​を​唱え​まし​た。同​博士​は​個人​的​に​エホバ​の​証人​を​数​人​知っ​て​おり,エホバ​の​証人​に​つい​て​多く​の​調査​を​行なっ​た​結果,こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​が​他​の​人​の​信条​に​対し​て​敬意​を​示し,思いやり​の​ある​人​たち​で​ある​こと​を​わたし​は​確信​し​て​い​ます」。

「愛​と​平和​を​促進​し​て​いる」

アテフ​博士​に​よれ​ば,この​記事​は「エホバ​の​証人​に​つい​て​何​も​知ら​ず,不​正確​な​情報​を​うのみ​に​し​て​彼ら​の​こと​を​憎む​よう​に​なっ​た​人​たち」を​対象​に​し​て​い​ます。博士​は​記事​の​中​で​エホバ​の​証人​たち​の​主要​な​信条​の​幾つ​か​を​要約​し,「多く​の​詳しい​情報​は​エホバ​の​証人​の​公式​ウェブサイト​www.jw.org​に​載っ​て​いる」と​述べ​て​い​ます。

エホバ​の​証人​を​客観​的​に​評価​し​た​アテフ​博士​は,その​結果​と​証人​たち​に​対する​エジプト​で​の​一般​的​な​見方​と​の​間​に​大きな​違い​が​ある​こと​に​気づき​まし​た。「彼ら​は​禁令​を​課さ​れ​て​い​ます​が,わたし​に​は​その​理由​が​分かり​ませ​ん。政治​的​に​中立​で,……愛​と​平和​を​促進​し​て​い​ます」と​述べ​て​い​ます。そして​読者​に​こう​問いかけ​て​い​ます。「この​こと​が​禁令​の​理由​に​なる​の​でしょ​う​か。それとも,彼ら​の​信じ​て​いる​聖書​の​教え​が​他​の​教会​の​教え​と​異なる​の​で​禁止​さ​れ​て​いる​の​でしょ​う​か」。

『禁令​が​一日​も​早く​解か​れる​よう​願っ​て​い​ます』

サミール​氏​は​エホバ​の​証人​に​関する​その​記事​に​感激​し​た​ため,編集​者​に​感謝​の​手紙​を​書か​ず​に​は​いら​れ​ませ​ん​でし​た。「わたし​は[エジプト]メディア​が​掲載​する​エホバ​の​証人​に​関する​ニュース​記事​を​たくさん​読み​まし​た​が,エホバ​の​証人​に​好意​的​な​記事​は​ほとんど​あり​ませ​ん​でし​た。ですから​リハム​・​アテフ​博士​の​勇気​と​正直​さ​を​称え​ます」と​書き​まし​た。この​サミール​氏​の​手紙​は​前述​の​ニュースサイト,シュバブ​・​ミスル​に​2016​年​12​月​11​日​付​で​掲載​さ​れ​まし​た。

サミール​氏​は​手紙​の​中​で,証人​たち​が​受け​て​いる​不当​な​仕打ち​に​対し​て​遺憾​の​意​を​表し,教会​の​聖職​者​たち​の​作り話​が​そう​し​た​仕打ち​の​原因​に​なっ​て​いる​と​述べ​て​い​ます。サミール​氏​に​よる​と,この​中傷​的​な​作り話​の​ため​に​個人​的​に​も​ひどい​仕打ち​を​受け​て​き​た​と​いう​こと​です。同氏​は​さらに​こう​語っ​て​い​ます。「人​を​知る​ため​の​最も​良い​方法​は,直接​その​人​と​話す​こと​です。わたし​は​リハム​・​アテフ​博士​が​記事​を​書い​て​くださっ​た​こと​に​感謝​し​たい​と​思い​ます」。

サミール​氏​は​心​から​の​願い​を​こめ​て,手紙​を​この​よう​に​結ん​で​い​ます。「エホバ​の​証人​に​対する​不当​な​禁令​が​1​日​も​早く​解か​れ,わたしたち​の​国​で​自分​たち​が​自由​に​崇拝​を​行なえる​よう​に​なる​こと​を​願っ​て​い​ます」。

信教​の​自由​へ​の​期待

数十​年​前,エホバ​の​証人​は​エジプト​で​崇拝​の​自由​を​与え​られ,宗教​団体​と​し​て​登録​さ​れ​て​い​まし​た。しかし​1960​年,その​法的​地位​は​はく奪​さ​れ,エジプト​の​キリスト​教​諸​宗派​に​認め​られ​て​いる​信教​の​自由​や​その他​の​人権​の​多く​が​与え​られ​なく​なり​まし​た。

エジプト​の​エホバ​の​証人​は​それ​以後​も​引き続き,アテフ​博士​が​認め​て​いる​よう​に,どんな​状況​で​も「愛​と​平和​を​促進」し,社会​の​安定​し​た​一員​で​ある​こと​を​証明​し​て​き​まし​た。他​に​も​多く​の​人​が,サミール​氏​と​同じ​よう​に,エホバ​の​証人​が​エジプト​で​基本​的​な​権利​を​与え​られ​て​信教​の​自由​を​享受​できる​日​の​来る​こと​を​願っ​て​い​ます。