内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015​年​3​月​26​日​に​占領​さ​れ​た,ルハンシク​地方​の​ブリャンカ​に​ある​王国​会館

2016年12月13日
ウクライナ

ウクライナ東部で宗教活動への妨害が続く

ウクライナ東部で宗教活動への妨害が続く

ウクライナ​東部​に​住む​人々​は,生活​を​揺るがす​よう​な,不安​や​恐怖​を​あおる​状況​に​日々​直面​し​て​い​ます。この​地域​の​紛争​に​より,エホバ​の​証人​も​大きな​不安​を​感じ​て​い​ます。というのは,安全​面​が​脅かさ​れ​て​いる​だけ​で​なく,宗教​的​な​差別​も​広がっ​て​いる​から​です。武装​し​た​人​たち​が証人​たち​の​王国​会館(崇拝​場所)を​幾つ​か​占拠​し​て​い​ます。彼ら​は,認可​さ​れ​て​いる​宗教​は​正教会​のみ​で​あり,ウクライナ​東部​から「エホバ​の​証人​を​根こぎ​に​する」と​述べ​て​い​ます。

王国​会館​の​占拠

2014​年​6​月​から​2016​年​11​月​の​期間,武装​し​た​人​たち​は​自分​たち​の​活動​の​ため​に,18​軒​の​王国​会館​を​強制​的​に​占拠​し​兵舎​や​その他​の​用途​に​使用​し​て​き​まし​た。その​ほとんど​は,騒乱​が​始まっ​た​2014​年​に​占拠​さ​れ​た​もの​です​が,最近​に​なっ​て​また,王国​会館​が​占拠​さ​れる​事件​が​生じ​て​い​ます。

ゴルロフカ​市​の​シムフェロポルスカ​通り​9​番​に​ある,荒らさ​れ​た​王国​会館

2016​年​7​月​22​日​の​朝,ゴルロフカ​の​ビチズニアーナ​通り​105‐A​に​ある​王国​会館​で​証人​たち​に​よる​集会​が​開か​れ​て​い​た​とき,武装​し​た​人​たち​が​建物​に​侵入​し,直ちに​退去​する​よう​全員​に​命令​し​まし​た。彼ら​は​建物​を​荒らし,すべて​の​家具​と​機器​を​持ち去り​まし​た。この​建物​は​2014​年​11​月​29​日​に​も​占拠​さ​れ​まし​た​が,すぐ​に​放棄​さ​れ​た​ため,証人​たち​は​再び​占拠​さ​れる​7​月​22​日​まで,宗教​的​な​集まり​を​行なう​ため​に​この​崇拝​場所​を​使用​し​て​い​まし​た。

その​3​日​後,武装​し​た​人​たち​は​ゴルロフカ​の​シムフェロポルスカ​通り​9​番​に​ある​別​の​王国​会館​に​侵入​し​まし​た。彼ら​は​建物​内部​から​ラジエーター​を​含む​すべて​の​部品​を​はぎ取り,建物​を​囲ん​で​いる​柵​を​取り除き​まし​た。今​まで​この​建物​に​集まっ​て​い​た​会衆​は,崇拝​の​ため​に​別​の​取り決め​を​設ける​こと​を​余儀なく​され​て​い​ます。

崇拝​の​ため​に​集まる​こと​を​決して​やめ​ない

王国​会館​から​追い出さ​れ​た​幾つ​か​の​会衆​で​は,武装​勢力​から​不​必要​に​注目​さ​れる​の​を​避ける​ため​に,少​人数​で​集まっ​て​崇拝​を​行なっ​て​い​ます。交通​事情​が​悪く,余分​な​費用​が​かかり​ます​が,宗教​の​集まり​に​参加​する​ため​に​紛争​地帯​外​に​ある​王国​会館​まで​通っ​て​いる​証人​たち​も​い​ます。高齢​や​健康​上​の​問題​の​ため​に​通え​ない​人​たち​は,宗教​の​集まり​に​電話​で​参加​し​て​い​ます。

敵意​や​その他​の​困難​が​重なる​と,集まり合う​こと​は​さらに​大変​に​なり​ます。ウクライナ​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​イリヤ​・​コベル​は​こう​述べ​て​い​ます。「緩衝​地帯​付近​に​住ん​で​いる​証人​たち​は,ほか​の​住民​同様,頻繁​に​起きる​銃撃​や​爆発​の​せい​で​精神​的​に​疲弊​し​て​い​ます。物価​の​高騰​と​収入​の​低下​に​よっ​て​引き起こさ​れる​経済​的​な​難しさ​に​も​直面​し​て​い​ます。それでも,証人​たち​は​仲間​の​信者​と​崇拝​の​ため​に​集まり合う​こと​を​やめ​て​い​ませ​ん」。

証人​たち​は​王国​会館​に​戻り​始める

エホバ​の​証人​たち​は,占拠​さ​れ​た​王国​会館​の​うち​6​軒​を​崇拝​場所​と​し​て​再び​用いる​こと​が​できる​よう​に​なり,ほっ​と​し​て​い​ます。建物​に​は​損傷​が​あっ​た​の​で,現地​の​証人​たち​が​力​を​合わせ​て​崇拝​に​適し​た​状態​に​なる​よう​修理​し​まし​た。もう​1​軒​の​建物​は,損傷​が​激しく​現在​も​まだ​使用​でき​て​い​ませ​ん。

ルハンシク​地方​で,2014​年​9​月​に​王国​会館​から​追い出さ​れ​た​ある​会衆​は,およそ​1​年​後​に​同じ​建物​で​崇拝​を​再開​する​こと​が​でき​まし​た。会衆​の​長老​の​1​人​で​ある​アナトリー​・​ダンコ​は,みんな​の​気持ち​を​代表​し​て​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「こう​いう​とき​こそ,会衆​は​家族​同然​の​存在​で​ある​こと​を​実感​し​ます。長い​間​離れ離れ​に​なっ​て​い​て,やっと​我​が​家​に​戻れ​た​気分​です」。

騒乱​の​中​で​中立​を​保つ

エホバ​の​証人​は政治​的​な​中立​を​保つこと​で​世界​的​に​知ら​れ​て​い​ます。紛争​に​おい​て​どちら​の​側​に​も​立ち​ませ​ん。ウクライナ​東部​に​住む​証人​たち​も​同じ​です。家族​や​隣人​と​平和​な​環境​で​暮らし,妨害​さ​れる​こと​なく​自由​に​崇拝​を​行なえる​日​を​心待ち​に​し​て​い​ます。

 

 

もっと調べる

集会

王国会館においでください

王国会館ではどんなことが行なわれているのでしょうか。