アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年7月28日
ウクライナ

当局の不適切な対応 ― ウクライナで犯罪が処罰されず被害が増大

当局の不適切な対応 ― ウクライナで犯罪が処罰されず被害が増大

「犯罪  処罰   ない  悪事  はびこる」。この 言葉  ウクライナ  真実  なっ   ます。この   は,憎悪 犯罪(ヘイト  クライム)の 被害  受ける エホバ  証人  増加    ます。証人 たち は,ウクライナ 政府  崇拝  自由  保障   いる こと  感謝    ます が,一方  自分 たち  対する 憎悪 犯罪  増大   おり,当局  加害  たち  取り締まっ   ない こと  懸念  感じ   ます。

エスカレート する 攻撃

ウクライナ   2008  以降,宗教 活動  携わっ  いる,もしくは それ  終え    エホバ  証人  対する 暴行 事件  64  生じ まし た。その うち  16   正教会  司祭  引き起こし  もの でし た。

2008  から 2013   かけ て,王国 会館  破壊 する 行為  190  生じ,加害  たち  放火  よっ  建物  焼失   よう    こと  13  あり まし た。2012   2013   起き  王国 会館  破壊 行為 は,それ 以前  4    比べる  2   増加  まし た。

攻撃  激しさ  増大    ます。2012   ドネツク 地方  2   王国 会館  放火  よっ  完全  焼失  まし た。2013   起き  2   暴行 事件  より,被害   ひどい けが  負い,長く 入院  なけれ  なり ませ  でし た。

エホバ  証人 は,当局  保護  求め  訴え まし  が,救済   られ   ませ ん。当局  すぐ  適切  捜査  行なわ ず,加害   対する ふさわしい 処罰  なさ    ない から です。

当局   適切  対応

ゴルロフカ  王国 会館   放火  破壊。2014  6  5 日,ドネツク 地方

破壊 行為。事件  報告     警察  対応  ない,もしくは 対応  遅い よう です。被害   出さ   も,当局  まとも  取り合わ ない こと  多く,取り扱い  遅らせる 場合  少なく あり ませ ん。法的  手続き  取ら   も,検察   起訴  ない か,もしくは 裁判   きわめて 軽い 処罰  科す のみ です。2008  から 2012     起き  111   破壊 行為  関し て,当局  加害   刑事 責任  問い ませ  でし た。

暴行。多く  場合,警察  暴行 事件  適正  捜査  ず,加害   特定 する ため  努力  払い ませ ん。法的  手続き  取ら   も,当局  加害   起訴  たり 処罰  たり する こと  ほとんど あり ませ ん。裁判   処罰  科す   は,その 事件  憎悪 犯罪  分類   ない  で,犯罪  見合っ  処罰  科さ  ませ ん。

犯罪  処罰   ない こと  よっ て,加害  たち  その   暴力 行為  エスカレート させ  いる

殴打    オレクサンドル  トレチャク

オレクサンドル  トレチャク

ひときわ 悪質  暴行 事件  2013  11  26   起き まし た。41   エホバ  証人  男性,オレクサンドル  トレチャク   宗教   活動  参加   あと 帰宅 する 途中,3     20  以上  わたっ  激しく 殴打   まし た。トレチャク   加害   特定  まし た。ルスラン  イワノフ,元 警視正  アナトリー  ドヴハン,ドヴハン  娘婿  交通 警察   エフゲニー  イグリンスキー  3  です。トレチャク   何とか その  から 逃れ,重傷  負っ  状態  病院  運び込ま  まし た。多数  切り傷  打撲,鼻  骨折,そして 頭蓋  損傷  負っ   まし た。

そう   状況   かかわら ず,捜査   この 事件 を,3  の“特定 でき ない”人物  よる“ささい な”傷害 事件  みなし まし た。2   後,トレチャク   まだ 回復    ない   退院   られ まし た。長く 入院 する なら,当局  この 暴行 を“ささい な”事件  みなせ なく なる から でし た。しかし,傷  重い ため,翌日   再び 入院  なけれ  なら ず,入院 日数  合計  23   及び まし た。

最近,加害   1   ある ルスラン  イワノフ  起訴   まし  が,それ    その 地域 から 逃亡     こと でし た。トレチャク   再び 加害  たち から 狙わ れる    ない   不安  感じ,こう 語っ   ます。「襲撃  たち  エホバ  証人  対する 宗教   憎しみ  理由 に,わたし  殺そ        違いあり ませ ん」。

今後  当局  対応

ウクライナ   15万   超える エホバ  証人  おり,これ まで    崇拝  自由  享受    まし た。以前    問題  あっ  も,当局    なっ   まし た。ウクライナ  捜査 当局  犯罪 行為  適正  捜査   起訴 し,それ  よっ  加害   処罰     いる こと  今後 なくなる よう,エホバ  証人  願っ   ます。