内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年7月28日
ウクライナ

当局の不適切な対応 ― ウクライナで犯罪が処罰されず被害が増大

当局の不適切な対応 ― ウクライナで犯罪が処罰されず被害が増大

「犯罪​が​処罰​さ​れ​ない​と​悪事​が​はびこる」。この​言葉​は​ウクライナ​で​真実​と​なっ​て​い​ます。この​国​で​は,憎悪​犯罪(ヘイト​・​クライム)の​被害​を​受ける​エホバ​の​証人​が​増加​し​て​い​ます。証人​たち​は,ウクライナ​政府​が​崇拝​の​自由​を​保障​し​て​いる​こと​に​感謝​し​て​い​ます​が,一方​で​自分​たち​に​対する​憎悪​犯罪​が​増大​し​て​おり,当局​が​加害​者​たち​を​取り締まっ​て​い​ない​こと​に​懸念​を​感じ​て​い​ます。

エスカレート​する​攻撃

ウクライナ​で​は​2008​年​以降,宗教​活動​に​携わっ​て​いる,もしくは​それ​を​終え​た​後​の​エホバ​の​証人​に​対する​暴行​事件​が​64​件​生じ​まし​た。その​うち​の​16​件​は​正教会​の​司祭​が​引き起こし​た​もの​でし​た。

2008​年​から​2013​年​に​かけ​て,王国​会館​を​破壊​する​行為​も​190​回​生じ,加害​者​たち​は​放火​に​よっ​て​建物​を​焼失​さ​せ​よう​と​し​た​こと​が​13​回​あり​まし​た。2012​年​と​2013​年​に​起き​た​王国​会館​の​破壊​行為​は,それ​以前​の​4​年​間​と​比べる​と​2​倍​に​増加​し​まし​た。

攻撃​の​激しさ​も​増大​し​て​い​ます。2012​年​に​ドネツク​地方​の​2​つ​の​王国​会館​が​放火​に​よっ​て​完全​に​焼失​し​まし​た。2013​年​に​起き​た​2​つ​の​暴行​事件​に​より,被害​者​は​ひどい​けが​を​負い,長く​入院​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。

エホバ​の​証人​は,当局​に​保護​を​求め​て​訴え​まし​た​が,救済​は​得​られ​て​い​ませ​ん。当局​は​すぐ​に​適切​な​捜査​を​行なわ​ず,加害​者​に​対する​ふさわしい​処罰​も​なさ​れ​て​い​ない​から​です。

当局​の​不​適切​な​対応

ゴルロフカ​の​王国​会館​で​の​放火​と​破壊。2014​年​6​月​5​日,ドネツク​地方

破壊​行為。事件​が​報告​さ​れ​て​も​警察​は​対応​し​ない,もしくは​対応​が​遅い​よう​です。被害​届​が​出さ​れ​て​も,当局​は​まとも​に​取り合わ​ない​こと​が​多く,取り扱い​を​遅らせる​場合​も​少なく​あり​ませ​ん。法的​な​手続き​が​取ら​れ​て​も,検察​官​は​起訴​し​ない​か,もしくは​裁判​官​が​きわめて​軽い​処罰​を​科す​のみ​です。2008​年​から​2012​年​の​間​に​起き​た​111​件​の​破壊​行為​に​関し​て,当局​は​加害​者​に​刑事​責任​を​問い​ませ​ん​でし​た。

暴行。多く​の​場合,警察​は​暴行​事件​を​適正​に​捜査​せ​ず,加害​者​を​特定​する​ため​の​努力​も​払い​ませ​ん。法的​な​手続き​が​取ら​れ​て​も,当局​は​加害​者​を​起訴​し​たり​処罰​し​たり​する​こと​は​ほとんど​あり​ませ​ん。裁判​官​が​処罰​を​科す​際​に​は,その​事件​が​憎悪​犯罪​に​分類​さ​れ​ない​の​で,犯罪​に​見合っ​た​処罰​は​科さ​れ​ませ​ん。

犯罪​が​処罰​さ​れ​ない​こと​に​よっ​て,加害​者​たち​は​その​種​の​暴力​行為​を​エスカレート​させ​て​いる

殴打​さ​れ​た​オレクサンドル​・​トレチャク

オレクサンドル​・​トレチャク

ひときわ​悪質​な​暴行​事件​が​2013​年​11​月​26​日​に​起き​まし​た。41​歳​の​エホバ​の​証人​の​男性,オレクサンドル​・​トレチャク​氏​は​宗教​的​な​活動​に​参加​し​た​あと​帰宅​する​途中,3​人​の​男​に​20​分​以上​に​わたっ​て​激しく​殴打​さ​れ​まし​た。トレチャク​氏​は​加害​者​を​特定​し​まし​た。ルスラン​・​イワノフ,元​警視正​の​アナトリー​・​ドヴハン,ドヴハン​の​娘婿​で​交通​警察​官​の​エフゲニー​・​イグリンスキー​の​3​人​です。トレチャク​氏​は​何とか​その​場​から​逃れ,重傷​を​負っ​た​状態​で​病院​に​運び込ま​れ​まし​た。多数​の​切り傷​と​打撲,鼻​の​骨折,そして​頭蓋​脳​損傷​を​負っ​て​い​まし​た。

そう​し​た​状況​に​も​かかわら​ず,捜査​官​は​この​事件​を,3​人​の“特定​でき​ない”人物​に​よる“ささい​な”傷害​事件​と​みなし​まし​た。2​週​間​後,トレチャク​氏​は​まだ​回復​し​て​い​ない​の​に​退院​さ​せ​られ​まし​た。長く​入院​する​なら,当局​は​この​暴行​を“ささい​な”事件​と​みなせ​なく​なる​から​でし​た。しかし,傷​が​重い​ため,翌日​に​は​再び​入院​し​なけれ​ば​なら​ず,入院​日数​の​合計​は​23​日​に​及び​まし​た。

最近,加害​者​の​1​人​で​ある​ルスラン​・​イワノフ​は​起訴​さ​れ​まし​た​が,それ​は​彼​が​その​地域​から​逃亡​し​た​後​の​こと​でし​た。トレチャク​氏​は​再び​加害​者​たち​から​狙わ​れる​の​で​は​ない​か​と​不安​に​感じ,こう​語っ​て​い​ます。「襲撃​者​たち​は​エホバ​の​証人​に​対する​宗教​的​な​憎しみ​を​理由​に,わたし​を​殺そ​う​と​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん」。

今後​の​当局​の​対応

ウクライナ​に​は​15万​人​を​超える​エホバ​の​証人​が​おり,これ​まで​何​年​も​崇拝​の​自由​を​享受​し​て​き​まし​た。以前​は​何​か​問題​が​あっ​て​も,当局​は​力​に​なっ​て​き​まし​た。ウクライナ​の​捜査​当局​が​犯罪​行為​を​適正​に​捜査​し​て​起訴​し,それ​に​よっ​て​加害​者​が​処罰​さ​れ​ず​に​いる​こと​が​今後​なくなる​よう,エホバ​の​証人​は​願っ​て​い​ます。