アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015年6月29日
イスラエル

イスラエル最高裁はエホバの証人の集会の自由を擁護

イスラエル 最高 裁判   地元 警察 は,崇拝  ため  集まる エホバ  証人  権利  擁護 する こと  より,信教  自由  支持  まし た。今回  判決 で,最高裁 は,ラーナナ   対し,宗教   集まり  2   行なう ため,市  メトロウエスト  スポーツセンター  借り  エホバ  証人   契約  履行  義務づけ まし た。同市 は,幾つ   宗教 団体 から  圧力  受け,集まり 初日  36 時間   なっ  契約  破棄    まし た。

裁判     差別  契約 破棄  認め ない

エホバ  証人 は,2015  4  18   5  2   集まり  開く ため,ラーナナ   契約  交わし   まし た。最初  契約  履行  危ぶま     4  15  で,市  総務 局長 が,来たる 18   イベント  安全   つい  懸念  述べ   でし た。地元  警察    安全  守る  保証  まし  が,翌 16 日,ラーナナ   一方   契約  破棄  まし た。報道 機関  よる と,エホバ  証人  集い  開か せる なら 政治   支持  差し控える   宗教 評議  たち から  脅し に,市  屈し   です。

すぐ  エホバ  証人 は,市  契約  履行 する よう ロード 地方 裁判   訴え  提出  まし  が,時間  なかっ  ため,4  18   使用 契約  取り消さ   まま でし た。集まる ため    会場  なんとか 借りる こと  でき まし  が,スポーツセンター  比べ  6    金額  払う こと  なり まし た。

4  29 日,ロード 地方 裁判  は,契約  履行 する よう   命じ まし た。「[ラーナナ]市 は,[エホバ  証人]が 保持 する 憲法   権利,つまり 宗教  宗教  行為  自由,結社  集会  自由,また 尊厳  平等  扱わ れる 権利  侵害  た」と 判決  下し まし た。同市  判決  受け  すぐ  上訴  まし  が,5  1 日,最高 裁判   それ  退け まし た。その   上訴  なさ  ず,地方 裁判   判決  確定  まし た。

警察  エホバ  証人  保護

最高裁  裁定  すぐ  出さ   こと  より,エホバ  証人  5  2   集まり  開く こと  でき まし た。地元  宗教 指導  たち  判決  受け て“集団 祈とう”を 組織 し,1500  ほど  参加  まし た。その      主席 ラビ や,好戦   こと  知ら れる  正統  ユダヤ 教徒 たち   まし た。それら  人々 は,600   エホバ  証人  集まっ  来る スポーツセンター    集結  まし た。“集団 祈とう”は すぐ  集団 抗議  化し まし た。中  は,女性  子ども  含む 証人 たち  攻め かかり,侮辱 し,唾  吐きかけ,ひわい  ジェスチャー  し,個人  乗り物  傷つける    まし た。警察  すぐ  それら   たち  制止  まし た。こう   警察  対応  より,エホバ  証人  宗教   集い  楽しみ,その 後,無事    帰る こと  でき まし た。

イスラエル  エホバ  証人 は,当局 が,崇拝  ため  集まる 権利  守り,宗教   偏見   寛容  立ち向かう 姿勢  示し  こと  感謝    ます。