内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年6月29日
イスラエル

イスラエル最高裁はエホバの証人の集会の自由を擁護

イスラエル​最高​裁判​所​と​地元​警察​は,崇拝​の​ため​に​集まる​エホバ​の​証人​の​権利​を​擁護​する​こと​に​より,信教​の​自由​を​支持​し​まし​た。今回​の​判決​で,最高裁​は,ラーナナ​市​に​対し,宗教​的​な​集まり​を​2​日​間​行なう​ため,市​の​メトロウエスト​・​スポーツセンター​を​借り​た​エホバ​の​証人​と​の​契約​の​履行​を​義務づけ​まし​た。同市​は,幾つ​か​の​宗教​団体​から​の​圧力​を​受け,集まり​初日​の​36​時間​前​に​なっ​て​契約​を​破棄​し​て​い​まし​た。

裁判​所​は​市​の​差別​的​契約​破棄​を​認め​ない

エホバ​の​証人​は,2015​年​4​月​18​日​と​5​月​2​日​に​集まり​を​開く​ため,ラーナナ​市​と​契約​を​交わし​て​い​まし​た。最初​に​契約​の​履行​が​危ぶま​れ​た​の​は​4​月​15​日​で,市​の​総務​局長​が,来たる​18​日​の​イベント​の​安全​性​に​つい​て​懸念​を​述べ​た​時​でし​た。地元​の​警察​署​長​は​安全​を​守る​と​保証​し​まし​た​が,翌​16​日,ラーナナ​市​は​一方​的​に​契約​を​破棄​し​まし​た。報道​機関​に​よる​と,エホバ​の​証人​の​集い​を​開か​せる​なら​政治​的​な​支持​を​差し控える​と​の​宗教​評議​員​たち​から​の​脅し​に,市​が​屈し​た​の​です。

すぐ​に​エホバ​の​証人​は,市​が​契約​を​履行​する​よう​ロード​地方​裁判​所​に​訴え​を​提出​し​まし​た​が,時間​が​なかっ​た​ため,4​月​18​日​の​使用​契約​は​取り消さ​れ​た​まま​でし​た。集まる​ため​に​別​の​会場​を​なんとか​借りる​こと​が​でき​まし​た​が,スポーツセンター​と​比べ​て​6​倍​も​の​金額​を​払う​こと​に​なり​まし​た。

4​月​29​日,ロード​地方​裁判​所​は,契約​を​履行​する​よう​市​に​命じ​まし​た。「[ラーナナ]市​は,[エホバ​の​証人]が​保持​する​憲法​上​の​権利,つまり​宗教​と​宗教​的​行為​の​自由,結社​と​集会​の​自由,また​尊厳​や​平等​に​扱わ​れる​権利​を​侵害​し​た」と​判決​を​下し​まし​た。同市​は​判決​を​受け​て​すぐ​に​上訴​し​まし​た​が,5​月​1​日,最高​裁判​所​は​それ​を​退け​まし​た。その​後​も​上訴​は​なさ​れ​ず,地方​裁判​所​の​判決​が​確定​し​まし​た。

警察​が​エホバ​の​証人​を​保護

最高裁​の​裁定​が​すぐ​に​出さ​れ​た​こと​に​より,エホバ​の​証人​は​5​月​2​日​の​集まり​を​開く​こと​が​でき​まし​た。地元​の​宗教​指導​者​たち​は​判決​を​受け​て“集団​祈とう”を​組織​し,1500​人​ほど​が​参加​し​まし​た。その​中​に​は​市​の​主席​ラビ​や,好戦​的​な​こと​で​知ら​れる​超​正統​派​ユダヤ​教徒​たち​が​い​まし​た。それら​の​人々​は,600​人​の​エホバ​の​証人​が​集まっ​て​来る​スポーツセンター​の​前​に​集結​し​まし​た。“集団​祈とう”は​すぐ​に​集団​抗議​と​化し​まし​た。中​に​は,女性​や​子ども​を​含む​証人​たち​に​攻め​かかり,侮辱​し,唾​を​吐きかけ,ひわい​な​ジェスチャー​を​し,個人​の​乗り物​を​傷つける​人​も​い​まし​た。警察​は​すぐ​に​それら​の​人​たち​を​制止​し​まし​た。こう​し​た​警察​の​対応​に​より,エホバ​の​証人​は​宗教​的​な​集い​を​楽しみ,その​後,無事​に​家​に​帰る​こと​が​でき​まし​た。

イスラエル​の​エホバ​の​証人​は,当局​が,崇拝​の​ため​に​集まる​権利​を​守り,宗教​的​な​偏見​と​不​寛容​に​立ち向かう​姿勢​を​示し​た​こと​に​感謝​し​て​い​ます。