内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年8月9日
アルメニア

アルメニアで市民的奉仕制度を選んだ最初のエホバの証人が務めを終える

アルメニアで市民的奉仕制度を選んだ最初のエホバの証人が務めを終える

アルメニア​に​は,市民​的​奉仕​制度​を​選ん​だ​エホバ​の​証人​の​若い​男性​たち​が​い​ます。その​最初​の​グループ​は​国民​と​し​て​の​義務​を​果たす​ため​に​勤勉​に​働い​て​い​ます。それ​以前​の​世代​の​エホバ​の​証人​は​良心​的​兵役​拒否​の​ため​に​投獄​さ​れ​て​い​まし​た。しかし,2013​年,アルメニア​政府​は​法律​を​改正​し,兵役​の​代わり​と​なる​市民​的​奉仕​活動​を​規定​し​まし​た。これ​まで​の​ところ,この​新た​な​制度​に​200​人​以上​の​エホバ​の​証人​が​登録​さ​れ​て​い​ます。2016​年​6​月​末​まで​に​16​人​の​証人​たち​が​この​奉仕​活動​を​終了​し​まし​た。

市民​的​奉仕​制度​が​もたらし​た​もの

当初,この​制度​を​終了​し​た​最初​の​若い​証人​たち​は,軍​に​登録​さ​れる​の​を​拒否​し​た​ため​投獄​さ​れ​て​い​まし​た​が,新しい​法律​が​施行​さ​れる​と​代替​の​市民​的​奉仕​制度​に​移さ​れ​まし​た。2014​年​1​月​まで​に​造園​作業​員,道路​清掃​員,医療​補助​員,また​他​の​作業​を​行なう​一般​作業​労働​者​と​し​て​働き​始め​まし​た。

その​若者​たち​は,地域​社会​を​美化​し​たり,困窮​し​た​人​たち​を​世話​し​たり​する​機会​を​政府​から​与え​られ,意味​ある​仕方​で​貢献​でき​た​こと​を​感謝​し​て​い​ます。この​新た​な​制度​に​よっ​て,任務​を​終え​た​若者​たち​は​犯罪​歴​を​負わさ​れる​こと​なく​社会​の​有用​な​一員​で​あり​続ける​こと​が​でき​ます。

22​歳​の​ダビート​・​アラケリアン​は​老人​ホーム​の​介護​員​と​し​て,代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​行ない​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「代替​奉仕​活動​は​より​まじめ​に,責任​感​を​持っ​て,一生​懸命​働く​人​と​なる​うえ​で​役立ち​まし​た。純粋​に​他​の​人​を​助ける​仕方​で​国民​の​奉仕​の​義務​を​果たせ​た​こと​を​うれしく​思っ​て​い​ます。老人​ホーム​の​責任​者​や​スタッフ​に​加え,入居​者​の​方々​も,わたしたち​の​働き​を​褒め​て​ください​まし​た」。同じく​22​歳​の​ミハイル​・​マナシアン​は​非常​事態​省​で​の​仕事​を​割り当て​られ​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「わたし​は​その​仕事​を​し​ながら,新た​な​技術​を​学ぶ​こと​が​でき,それ​が​今​の​仕事​と​なっ​て​い​ます。また,自分​の​良心​に​反する​こと​なく​国民​と​し​て​の​務め​を​果たす​こと​が​でき​まし​た」。

今回​の​アルメニア​の​例​は​他​の​国々​も​代替​の​市民​的​奉仕​活動​を​採用​する​よう​動かす​もの​と​なる​か

最近,アルメニア​政府​は​良心​的​拒否​の​権利​を​認める​ため​に,憲法​改正​と​いう​次​の​ステップ​に​進み​まし​た。2015​年​12​月​に​施行​さ​れ​て​いる,改正​さ​れ​た​憲法​の​第​41​条(3)に​は​こう​あり​ます。「すべて​国民​は,その​宗教​または​信条​と​兵役​が​相いれ​ない​場合,法律​で​規定​さ​れ​て​いる​手続き​に​より​代替​奉仕​を​行なう​権利​を​有する」。欧州​評議​会​ベネチア​委員​会​は,この​ステップ​に​進ん​だ​こと​に​関し​て,「『バヤティアン 対 アルメニア』事件​ *判決​を​確実​に​履行​する​傑出​し​た​方法​で​あり,称賛​さ​れる​べき」と​述べ,アルメニア​政府​を​高く​評価​し​まし​た。

アルメニア​は​この​制度​に​より​国際​基準​を​満たし,良心​的​拒否​者​を​処罰​する​体制​から​良心​の​自由​の​権利​を​尊重​する​体制​へ​と​前進​し​まし​た。この​方針​は​良心​的​拒否​者​を​処罰​し​て​いる​他​の​国々​に​良い​影響​を​及ぼし​ます。アルメニア​の​事例​は,この​制度​の​履行​が​政府​と​国民​双方​の​必要​を​満たす​こと​を​明らか​に​し​て​い​ます。

アルメニア​の​エホバ​の​証人​を​代表​し​て​ティグラン​・​ハルチュニャン​は​こう​述べ​て​い​ます。「良心​的​拒否​の​権利​を​含む​基本​的​人権​を​保障​する​ため​に,アルメニア​政府​が​積極​的​な​措置​を​講じ​て​くれ​た​こと​を​感謝​し​て​い​ます。アルメニア​の​エホバ​の​証人​の​若者​たち​は​今や,自分​たち​の​良心​に​従い​つつ​他​の​人​の​役​に​立つ​仕方​で,政府​に​対する​義務​を​果たす​こと​が​でき​て​い​ます」。

^ 8節 「バヤティアン 対 アルメニア」事件([GC],no. 23459/03,ECHR 2011)は​ヨーロッパ​人権​裁判​所​の​大​法廷​で​下さ​れ​た​画期​的​な​判決​です。裁判​所​は​初めて,ヨーロッパ​人権​条約​第​9​条(思想,良心,および​宗教​の​自由)に​よっ​て,良心​的​兵役​拒否​の​権利​は​完全​に​保障​さ​れる​べき​で​ある​と​の​判決​を​下し​まし​た。