内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年8月9日
アルメニア

アルメニアで市民的奉仕制度を選んだ最初のエホバの証人が務めを終える

アルメニアで市民的奉仕制度を選んだ最初のエホバの証人が務めを終える

アルメニアは,市民奉仕制度選んエホバ証人若い男性たちます。その最初グループ国民義務果たすため勤勉働います。それ以前世代エホバ証人良心兵役拒否ため投獄ました。しかし,2013年,アルメニア政府法律改正し,兵役代わりなる市民奉仕活動規定ました。これまでところ,この新た制度200以上エホバ証人登録ます。20166まで16証人たちこの奉仕活動終了ました。

市民奉仕制度もたらしもの

当初,この制度終了最初若い証人たちは,軍登録れる拒否ため投獄ましが,新しい法律施行れる代替市民奉仕制度移さました。20141まで造園作業員,道路清掃員,医療補助員,また作業行なう一般作業労働働き始めました。

その若者たちは,地域社会美化たり,困窮たち世話たりする機会政府から与えられ,意味ある仕方貢献できこと感謝ます。この新た制度よって,任務終え若者たち犯罪負わされることなく社会有用一員あり続けることできます。

22ダビートアラケリアン老人ホーム介護て,代替市民奉仕活動行ないました。こう述べます。「代替奉仕活動よりまじめに,責任持って,一生懸命働くなるうえ役立ちました。純粋助ける仕方国民奉仕義務果たせことうれしく思っます。老人ホーム責任スタッフ加え,入居方々も,わたしたち働き褒めくださいました」。同じく22ミハイルマナシアン非常事態仕事割り当てられました。こう述べます。「わたしその仕事ながら,新た技術学ぶことでき,それ仕事なっます。また,自分良心反することなく国民務め果たすことできました」。

今回アルメニア国々代替市民奉仕活動採用するよう動かすものなる

最近,アルメニア政府良心拒否権利認めるために,憲法改正いうステップ進みました。201512施行いる,改正憲法41条(3)にこうあります。「すべて国民は,その宗教または信条兵役相いれない場合,法律規定いる手続きより代替奉仕行なう権利有する」。欧州評議ベネチア委員は,このステップ進んこと関して,「『バヤティアン 対 アルメニア』事件 *判決確実履行する傑出方法あり,称賛れるべき」と述べ,アルメニア政府高く評価ました。

アルメニアこの制度より国際基準満たし,良心拒否処罰する体制から良心自由権利尊重する体制前進ました。この方針良心拒否処罰いる国々良い影響及ぼします。アルメニア事例は,この制度履行政府国民双方必要満たすこと明らかます。

アルメニアエホバ証人代表ティグランハルチュニャンこう述べます。「良心拒否権利含む基本人権保障するために,アルメニア政府積極措置講じくれこと感謝ます。アルメニアエホバ証人若者たち今や,自分たち良心従いつつ立つ仕方で,政府対する義務果たすことできます」。

^ 8節 「バヤティアン 対 アルメニア」事件([GC],no. 23459/03,ECHR 2011)はヨーロッパ人権裁判法廷下さ画期判決です。裁判初めて,ヨーロッパ人権条約9条(思想,良心,および宗教自由)によって,良心兵役拒否権利完全保障れるべきある判決下しました。