アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2013年11月5日
アルメニア

アルメニア政府は良心的兵役拒否者が代替の市民的奉仕活動を行なえるようにする

アルメニア政府は良心的兵役拒否者が代替の市民的奉仕活動を行なえるようにする

アルメニア 政府  ついに,良心   理由  兵役  拒む  たち  権利  認め  よう です。代替  市民  奉仕 活動  提供 する 新た  制度 に,90   超える エホバ  証人  申請    まし  が,2013  10  23 日,アルメニア 共和  委員   聴聞会  開き,その うち  57   申請  承認  まし た(残り  申請  検討  れる 予定 です)。委員   その 後,エレブニ 刑務   赴き,投獄    いる 20   エホバ  証人  うち 6   提出   申請  承認  まし た。その 6   2013  10  24   釈放   まし た。委員  は,投獄    いる 残り  エホバ  証人  申請  検討 し,代替  奉仕 活動  選択 する  たち  釈放 する   られ   ます。

新た  制度

この 一連  進展  始まっ   は,2013  6  8   こと です。その 日,アルメニア 政府 は,代替 奉仕  関する 法律  ヨーロッパ  基準  合わせる ため  修正   可決  まし た。さらに,2013  7  25   は,その 法律  施行 する 規則  採択  ます。アルメニア  大統領 は,2013  10  2 日,欧州 評議   議員 会議  対する 発言   で,その 修正    法律  言及 し,こう 述べ まし た。「良心   理由  兵役  拒否 する  たち は,この 制度  もと  刑事 責任  問わ れる こと  あり ませ ん」。2013  10  3   アルメニア 政府  可決     より,良心  兵役 拒否   刑期  6 か月  短縮 する 恩赦  与え られ まし た。その 結果,残り  刑期  6 か月  切っ    8   エホバ  証人 が,2013  10  8   9   釈放   まし た。

代替  市民  奉仕 活動  提供 する 新た  制度  もと,良心  兵役 拒否   は,聖書  より 訓練    良心  反し ない 方法    貢献 する 機会  開か  ます。その 制度  今や アルメニア   管轄  離れ,行政 機関  よっ  監督     ます。市民  奉仕 活動  期間  36 か月 で,週  48 時間  労働  求め られ,休暇    10  です。申請 する  自宅 近く   任務  与え られ,非 軍事   仕事  行ない ます。

法律  修正  向け  動向

アルメニア  2001   欧州 評議   加盟   際,新しい 加盟   義務   て,代替 奉仕  関する 法律  可決 する こと,また 良心  兵役 拒否   すべて 釈放 する こと  受け入れ まし た。ところが,その   エホバ  証人  若い 男子  起訴 し,投獄  続け まし た。

過去 20   に,450  余り  エホバ  証人  長期  わたる   服し,しばしば 劣悪  環境  過酷  扱い  耐え   た。

2004  7  1 日,アルメニア 共和   代替 奉仕  関する 法律  施行  れ,良心  兵役 拒否   一筋  光明  差し  よう  思え まし た。ところが,その 代替 奉仕  制度    管轄   置か れ,懲罰   もの でし た。欧州 評議  は,その 制度  ヨーロッパ  基準  沿っ   ない こと  繰り返し 指摘  ます。例えば,決議  1532 号(2007 年)の  で,欧州 評議   議員 会議 は,「本当  市民   言える    奉仕 活動  提供     ない ため,真に 市民   ない 代替 奉仕 より  刑務   行く こと  選ぶ 多く  良心  兵役 拒否 者 ― その ほとんど  エホバ  証人 ― が 引き続き 投獄    いる こと を,深く 憂慮   いる」と 述べ まし た。

国連 規約 人権 委員  も,アルメニア  エホバ  証人  良心  兵役 拒否   投獄  続け  いる こと   懸念  表明  まし た。第 105  会期(2012 年)の 結び  言葉    こう 述べ   ます。

「政府 は,兵役  代わる 適正  代替 奉仕 ― 全く  軍事  で,すべて  良心  兵役 拒否   選択 でき,性質  負担  期間  懲罰    差別    ない もの ― を 導入  べき  ある。さらに,兵役  現行  代替 奉仕  拒否   ゆえに 投獄    いる 良心  兵役 拒否   すべて 釈放  べき  ある」。

ECHR  よる 救済

有罪 判決  受け  バハン  バヤティアン  2   エホバ  証人  若い 男子 は,アルメニア  法廷   救済  見込め なかっ  ため,アルメニア 政府  相手  ヨーロッパ 人権 裁判 所(ECHR)に 対し  申し立て  行ない まし た。2011  7  7 日,ECHR   法廷  圧倒  多数  バヤティアン   有利  判決  下し  こと  転換   なり ます。ECHR  初めて  こと   て,ヨーロッパ 人権 条約  良心  兵役 拒否   保護 する もの  ある  裁定    です。大 法廷  よる この 有利  判決  後,ECHR  さらに 4   裁判 で,良心  兵役 拒否   権利  擁護 する 同様  判決  下し まし た。 *

良心  兵役 拒否  権利  擁護   最近  ECHR  判決  当事  たち: ハイク  ブカラティアン,アショット  ツァトゥリアン。

アルメニア 政府 は,「バヤティアン 対 アルメニア」事件   法廷  下し  判決  無視 し,若い エホバ  証人  良心  兵役 拒否  29   起訴   有罪  宣告  まし た。その うち 23   投獄   まし た。2011  7  から 2013  10   かけ て,86   アルメニア  刑務     服し,その 刑期  合計 168   及び ます。投獄    若い 男子     は,違法  投獄  関し  ECHR  追加  異議 申し立て  行ない まし た。

 解決  問題

刑期  終え  良心  兵役 拒否  や,2013  10   釈放     たち は,アルメニア  おける 最近  刑法 改正  よっ  自分 たち  犯罪   抹消  れる こと  期待    ます。また,「バヤティアン」事件  判決   起訴    投獄     たち  賠償   支払わ れる  どう   注目     ます。

アルメニア  代替 奉仕  関する 法律  修正    今,その   施行  どの よう  影響  及ぼす か,全容  まだ 分かり ませ ん。と  いえ,アルメニア 政府  この たび,良心   理由  兵役  拒否 する 権利  認める こと  本腰  入れ   言える でしょ う。

適切  市民  奉仕 活動 まで  長い 道のり

進展

2001

アルメニア  欧州 評議   加盟   なり,適切  代替 奉仕  関する 法律  制定 する こと  求め られる

2004

代替 奉仕  関する 法律  制定  れる が,代替 奉仕  制度    管轄   あっ  ため,エホバ  証人  受け入れる こと  でき ない

2006

代替 奉仕  関する 法律  修正  れ,罰則  追加  れる が,エホバ  証人  受け入れ られる 真に 市民   奉仕 活動  提供   ない

2011

「バヤティアン 対 アルメニア」事件  おい て,ECHR   法廷  16  1 で,良心  自由  侵害     いう 判決  下し,良心  兵役 拒否   権利  擁護 する

2012

ヨーロッパ 人権 裁判  が,良心  兵役 拒否  関する 2   事件(「ブカラティアン 対 アルメニア」および「ツァトゥリアン 対 アルメニア」)で,アルメニア  不利  判決  下す

2013

6  8   法律  修正   可決  れ,7  25    その 法律  施行 する 規則  採択  れ,真に 市民   奉仕 活動  提供  可能  なる

10  8   9 日,アルメニア 政府 は,投獄      良心  兵役 拒否  8   釈放 する

10  23 日,共和  委員  は,57   エホバ  証人(投獄   20   うち  6   含む)に よる 代替  市民  奉仕 活動  申請  承認 する

10  24 日,アルメニア 政府  エレブニ 刑務  から 6   エホバ  証人  釈放 する

^ 12節 「エルチェプ 対 トルコ」(Erçep v. Turkey, no. 43965/04, 22 November 2011),「ブカラティアン 対 アルメニア」(Bukharatyan v. Armenia, no. 37819/03, 10 January 2012),「ツァトゥリアン 対 アルメニア」(Tsaturyan v. Armenia, no. 37821/03, 10 January 2012),「フェティ  デミルタシュ 対 トルコ」(Feti Demirtaş v. Turkey, no. 5260/07, 17 January 2012)を ご覧 ください。