内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年1月28日
アゼルバイジャン

不当に投獄されていたイリーナ・ザカルチェンコとバリーダ・ジャブレイローバはついに解放される

不当に投獄されていたイリーナ・ザカルチェンコとバリーダ・ジャブレイローバはついに解放される

イリーナ​・​ザカルチェンコ​と​バリーダ​・​ジャブレイローバ​は,11​か月​に​及ぶ​投獄​の​後,2016​年​1​月​28​日​に​釈放​さ​れ​まし​た。アクラム​・​ガフラマノフ​裁判​官​は,この​2​人​の​女性​が​宗教​的​な​冊子​を​1​冊​配布​し​た​と​いう​だけ​の​理由​で​有罪​判決​を​下し,重い​罰金(7000​マナト[約​50万​円])を​科し​まし​た。その​後,同​裁判​官​は,2​人​が​2015​年​2​月​17​日​以来​投獄​さ​れ​て​いる​こと​を​理由​に​その​罰金​を​取り消し​まし​た。この​判決​は,不当​な​投獄​の​ゆえに​2​人​に​賠償​を​行なう​よう​アゼルバイジャン​に​指示​し​た​国連​の​裁定​を​完全​に​無視​する​もの​です。

ザカルチェンコ​氏​と​ジャブレイローバ​氏​は,健康​状態​が​かなり​悪い​もの​の,自由​に​なっ​た​こと​で​安堵(あんど)し​て​い​ます。現在,2​人​は​自宅​に​戻り,家族​の​世話​を​受け​て​回復​し​つつ​あり​ます。