内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年3月7日
アゼルバイジャン

イリーナ・ザカルチェンコとバリーダ・ジャブレイローバは,有罪判決を不服として上訴する

イリーナ・ザカルチェンコとバリーダ・ジャブレイローバは,有罪判決を不服として上訴する

宗教​文書​を​配布​し​た​こと​を​理由​に​有罪​判決​を​受け​た​イリーナ​・​ザカルチェンコ​と​バリーダ​・​ジャブレイローバ​は,判決​を​不服​と​し​て​バクー​控訴​裁判​所​に​上訴​し​まし​た。審理​は​2016​年​3​月​9​日​に​行なわ​れ​ます。この​2​人​の​女性​は​無罪​を​主張​し​て​おり,訴訟​費用​全額​の​支払い​と,約​1​年​に​及ぶ​勾留​中​の​権利​侵害​に​対する​補償​を​求め​て​い​ます。

第​一​審​裁判​所​は​2016​年​1​月​28​日,2​人​に​有罪​判決​を​下し​まし​た。その​裁判​に​先立ち,国連​の​恣意​的​拘束​に​関する​作業​部会​は​拘束​力​の​ある​意見​を​提出​し,アゼルバイジャン​当局​が​イリーナ​・​ザカルチェンコ​と​バリーダ​・​ジャブレイローバ​の​権利​を​侵害​し​た​こと,それ​に​対し​て​2​人​が​補償​を​受ける​べき​で​ある​こと​を​指摘​し​まし​た。しかし​第​一​審​裁判​所​は​その​決定​を​無視​し,有罪​判決​を​下し​まし​た。