アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年5月26日
アゼルバイジャン

アゼルバイジャンのエホバの証人は公正を求めてヨーロッパ人権裁判所に提訴する

アゼルバイジャンのエホバの証人は公正を求めてヨーロッパ人権裁判所に提訴する

事件が 起き   は,ある 日曜   午前,宗教   集まり  行なわ       こと です。アゼルバイジャン  首都 バクー  一室 で,子ども  含む 200  ほど    聖書  講話  聞い   まし た。

警察が その   踏み込ん   まし た。地元  当局 者,また ライト  当て ながら カメラ  回す 報道   入っ   まし た。警察  エホバ  証人  宗教   集まり  中断   うえ,男性    殴打 し,令状 なし  建物  捜索 し,出席   ののしり,お金  コンピューター  会衆  聖書 文書  押収  まし た。大勢  エホバ  証人  警察   連行  れ,数 時間  わたっ  拘束   まし た。外国   6   奉仕  は,何   留置    後,国外 退去 処分  受け まし た。その 捜索  伝え  テレビ 報道  は,エホバ  証人  悪者  ある   よう  描か    まし た。

2006年 12  24   起き  この 事件  関連  て,エホバ  証人  アゼルバイジャン 政府  相手取り,ヨーロッパ 人権 裁判   対し  申し立て  行ない まし た。以来,エホバ  証人  信教  自由  侵害      て,ほか   18   申し立て   裁判   対し  行なっ   まし た。

申し立ての 理由

合計件数

警察に よる 捜索

5

再登録

1

宗教的  信念  表明

2

検閲

5

国外退去 処分

3

良心的 拒否

3

合計件数

19

アゼルバイジャンに 関し  ヨーロッパ 人権 裁判   行なわ   申し立て,2014  1  31  現在

以下に,アゼルバイジャン  エホバ  証人  直面   いる 幾つ   問題  挙げ ます。エホバ  証人  それら  問題  関し て,公正  判断  求め  ヨーロッパ 人権 裁判   提訴    ます。

  • 再登録  拒否

    「エホバの 証人  宗教 団体」は 1999  12  22   バクー  初めて 登録   まし た。また,2002  2  7  に,宗教 団体 担当 国家 委員    登録   まし た。2009 年,アゼルバイジャン 政府 は「信教  自由  関する 法律」を 改正 し,すべて  宗教 団体   登録  義務づけ まし た。「エホバ  証人  宗教 団体」は 申請   提出  まし  が,国家 委員   手続き   不備  ある    申請  退け まし た。政府  2002   登録  無効      ない もの の,宗教   新た  規定  もと    登録  拒否    ます。

  • 警察に よる 嫌がらせ  迫害

    エホバの 証人  毎週,個人  住宅  宗教   集まり  開い   ます。警察    か,令状 なし  個人  住宅  踏み込み,集まり  中断   まし た。出席   対し  尊大  態度  取り,数 時間  わたっ  警察   留置 し,集まり  用いる 私物  宗教  文書  押収  まし た。かなり    罰金  科さ      ます。2011 年,ガンジャ  6   エホバ  証人 が,政府  許可    ない 宗教   集まり  出席      有罪 判決  受け,合計 1万2,000 ドル 相当 (約 120万 円)の罰金  科さ  まし た。警察  よる 捜索 は,最近  は,2014  1  11   3  2   行なわ  まし た。

  • 文書の 検閲

    アゼルバイジャンは 欧州 評議   加盟   *   唯一,宗教   文書  検閲 制度  持つ   あり,それ  アゼルバイジャン  憲法  規定  反する もの です。 *エホバ  証人  欧州 評議     加盟  から 輸入 する 聖書 文書 は,検閲  より 輸入   制限   たり 輸入  禁止   たり する 場合  あり ます。禁止    出版     は,エホバ  証人   2  発行 する 宗教 雑誌  ある「ものみの塔」の 幾つ     含ま    ます。 *アゼルバイジャン 国内  裁判  は,国家 委員   よる 検閲  問題  ある  する エホバ  証人   訴え  退け   まし た。

宗教団体     対応 に,国外 から 厳しい   向け られる

幾つも  国際   人権 団体 が,アゼルバイジャン  宗教   宗教 団体   対応  精査 し,現状  問題  する 所見  述べ   ます。

  • 「国際的  信教  自由  関する 米国 委員 会」の 2013   年次 報告  は,こう あり ます。「寛容  対応  取っ  いる   アゼルバイジャン 政府  主張   裏腹 に,信教  自由  めぐる 状況  悪化   いる。とりわけ,2009   制限   宗教   成立   以来,その 傾向  顕著  ある」。

  • 「人種主義   寛容  反対 する 欧州 委員 会」の 報告  は,宗教 団体  影響 する 制限   状況  関し  強い 懸念  表明    ます。アゼルバイジャン  宗教   つい て,この よう  述べ   ます。「当 委員  は,アゼルバイジャン  関係 当局  対し,……現行   ヨーロッパ 人権 条約  規定  則し  もの  する よう 強く 勧告 する」。

  • 欧州評議  ベネチア 委員  は,アゼルバイジャン の「信教  自由  関する 法律」の 改正  つい  詳細    記し  勧告   公表  まし た。そこ   こう あり ます。「この 法律  は,国際 基準  反する 幾つ   極めて 制限   規定  含ま   いる よう  見受け られる。……重要  問題  かかわる 規定,例えば 法律  適用 範囲,信教 および 良心  自由  権利   範囲,登録,宗教 団体  独立   解散,さらに  良心  拒否,改宗 勧誘  問題,宗教 文書  発行  流布 など  関し  も……策定  直す べき  あろ う」。

貴重な 自由

世界中  エホバ  証人 は,表現  自由,集会  結社  自由,良心  宗教  自由 など  基本  自由  貴重  もの     ます。そう   権利  政府  よっ  認め られる なら,それ  うれしい こと です。アゼルバイジャン  エホバ  証人  2,500  ほど です が,神  崇拝 する 仲間 たち   に,国内  ほか  宗教    いる   同様  自由  与え られる こと    願っ   ます。

^ 28節 アゼルバイジャンは 2001  1  25   欧州 評議   加盟   なり まし た。

^ 28節 第48    信教  自由  保護  れ,第 50    メディア   検閲  禁止     ます。

^ 28節 エホバの 証人  毎月 発行 する 一般  の「ものみの塔」誌 は,聖書  教え  説明 する ため  頒布     ます。研究  の「ものみの塔」誌 は,エホバ  証人  会衆  集会  毎週,聖書  学ぶ ため  用い られ   ます。「ものみの塔」は 200 余り  言語  発行  れ,世界  最も 発行 部数  多い 雑誌 です。毎月  発行 部数  6000万  近く  上り ます。