内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2014年5月26日
アゼルバイジャン

アゼルバイジャンのエホバの証人は公正を求めてヨーロッパ人権裁判所に提訴する

アゼルバイジャンのエホバの証人は公正を求めてヨーロッパ人権裁判所に提訴する

事件​が​起き​た​の​は,ある​日曜​日​の​午前,宗教​的​な​集まり​が​行なわ​れ​て​い​た​時​の​こと​です。アゼルバイジャン​の​首都​バクー​の​一室​で,子ども​を​含む​200​人​ほど​の​人​が​聖書​の​講話​を​聞い​て​い​まし​た。

警察​が​その​場​に​踏み込ん​で​き​まし​た。地元​の​当局​者,また​ライト​を​当て​ながら​カメラ​を​回す​報道​陣​も​入っ​て​き​まし​た。警察​は​エホバ​の​証人​の​宗教​的​な​集まり​を​中断​し​た​うえ,男性​数​人​を​殴打​し,令状​なし​に​建物​を​捜索​し,出席​者​を​ののしり,お金​や​コンピューター​や​会衆​の​聖書​文書​を​押収​し​まし​た。大勢​の​エホバ​の​証人​が​警察​署​に​連行​さ​れ,数​時間​に​わたっ​て​拘束​さ​れ​まし​た。外国​籍​の​6​人​の​奉仕​者​は,何​日​も​留置​さ​れ​た​後,国外​退去​処分​を​受け​まし​た。その​捜索​を​伝え​た​テレビ​報道​で​は,エホバ​の​証人​が​悪者​で​ある​か​の​よう​に​描か​れ​て​い​まし​た。

2006​年​12​月​24​日​に​起き​た​この​事件​に​関連​し​て,エホバ​の​証人​は​アゼルバイジャン​政府​を​相手取り,ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​対し​て​申し立て​を​行ない​まし​た。以来,エホバ​の​証人​は​信教​の​自由​が​侵害​さ​れ​た​と​し​て,ほか​に​も​18​件​の​申し立て​を​同​裁判​所​に​対し​て​行なっ​て​き​まし​た。

申し立て​の​理由

合計​件数

警察​に​よる​捜索

5

再​登録

1

宗教​的​な​信念​の​表明

2

検閲

5

国外​退去​処分

3

良心​的​拒否

3

合計​件数

19

アゼルバイジャン​に​関し​て​ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​行なわ​れ​た​申し立て,2014​年​1​月​31​日​現在

以下​に,アゼルバイジャン​の​エホバ​の​証人​が​直面​し​て​いる​幾つ​か​の​問題​を​挙げ​ます。エホバ​の​証人​は​それら​の​問題​に​関し​て,公正​な​判断​を​求め​て​ヨーロッパ​人権​裁判​所​に​提訴​し​て​い​ます。

  • 再​登録​の​拒否

    「エホバ​の​証人​の​宗教​団体」は​1999​年​12​月​22​日​に​バクー​で​初めて​登録​さ​れ​まし​た。また,2002​年​2​月​7​日​に,宗教​団体​担当​国家​委員​会​に​再​登録​さ​れ​まし​た。2009​年,アゼルバイジャン​政府​は「信教​の​自由​に​関する​法律」を​改正​し,すべて​の​宗教​団体​に​再​登録​を​義務づけ​まし​た。「エホバ​の​証人​の​宗教​団体」は​申請​書​を​提出​し​まし​た​が,国家​委員​会​は​手続き​上​の​不備​が​ある​と​し​て​申請​を​退け​まし​た。政府​は​2002​年​の​登録​を​無効​に​し​て​は​い​ない​もの​の,宗教​法​の​新た​な​規定​の​もと​で​の​再​登録​を​拒否​し​て​い​ます。

  • 警察​に​よる​嫌がらせ​と​迫害

    エホバ​の​証人​は​毎週,個人​の​住宅​で​宗教​的​な​集まり​を​開い​て​い​ます。警察​は​幾​度​か,令状​なし​に​個人​の​住宅​に​踏み込み,集まり​を​中断​さ​せ​まし​た。出席​者​に​対し​て​尊大​な​態度​を​取り,数​時間​に​わたっ​て​警察​署​に​留置​し,集まり​で​用いる​私物​の​宗教​的​文書​を​押収​し​まし​た。かなり​の​額​の​罰金​を​科さ​れ​た​人​も​い​ます。2011​年,ガンジャ​で​6​人​の​エホバ​の​証人​が,政府​の​許可​し​て​い​ない​宗教​的​な​集まり​に​出席​し​た​と​し​て​有罪​判決​を​受け,合計​1万2,000​ドル​相当(約​120万​円)の​罰金​を​科さ​れ​まし​た。警察​に​よる​捜索​は,最近​で​は,2014​年​1​月​11​日​と​3​月​2​日​に​行なわ​れ​まし​た。

  • 文書​の​検閲

    アゼルバイジャン​は​欧州​評議​会​の​加盟​国​ *の​中​で​唯一,宗教​的​な​文書​の​検閲​制度​を​持つ​国​で​あり,それ​は​アゼルバイジャン​の​憲法​の​規定​に​反する​もの​です。 *エホバ​の​証人​が​欧州​評議​会​の​他​の​加盟​国​から​輸入​する​聖書​文書​は,検閲​に​より​輸入​量​を​制限​さ​れ​たり​輸入​を​禁止​さ​れ​たり​する​場合​が​あり​ます。禁止​さ​れ​た​出版​物​の​中​に​は,エホバ​の​証人​が​月​2​回​発行​する​宗教​雑誌​で​ある「ものみの塔」の​幾つ​も​の​号​が​含ま​れ​て​い​ます。 *アゼルバイジャン​国内​の​裁判​所​は,国家​委員​会​に​よる​検閲​は​問題​で​ある​と​する​エホバ​の​証人​側​の​訴え​を​退け​て​き​まし​た。

宗教​団体​へ​の​国​の​対応​に,国外​から​厳しい​目​が​向け​られる

幾つ​も​の​国際​的​な​人権​団体​が,アゼルバイジャン​の​宗教​法​や​宗教​団体​へ​の​対応​を​精査​し,現状​を​問題​視​する​所見​を​述べ​て​い​ます。

  • 「国際​的​な​信教​の​自由​に​関する​米国​委員​会」の​2013​年​の​年次​報告​に​は,こう​あり​ます。「寛容​な​対応​を​取っ​て​いる​と​の​アゼルバイジャン​政府​の​主張​と​は​裏腹​に,信教​の​自由​を​めぐる​状況​は​悪化​し​て​いる。とりわけ,2009​年​に​制限​的​な​宗教​法​が​成立​し​て​以来,その​傾向​は​顕著​で​ある」。

  • 「人種​主義​と​不​寛容​に​反対​する​欧州​委員​会」の​報告​書​は,宗教​団体​に​影響​する​制限​的​な​状況​に​関し​て​強い​懸念​を​表明​し​て​い​ます。アゼルバイジャン​の​宗教​法​に​つい​て,この​よう​に​述べ​て​い​ます。「当​委員​会​は,アゼルバイジャン​の​関係​当局​に​対し,……現行​法​を​ヨーロッパ​人権​条約​の​規定​に​則し​た​もの​に​する​よう​強く​勧告​する」。

  • 欧州​評議​会​ベネチア​委員​会​は,アゼルバイジャン​の「信教​の​自由​に​関する​法律」の​改正​に​つい​て​詳細​な​点​を​記し​た​勧告​書​を​公表​し​まし​た。そこ​に​は​こう​あり​ます。「この​法律​に​は,国際​基準​に​反する​幾つ​か​の​極めて​制限​的​な​規定​が​含ま​れ​て​いる​よう​に​見受け​られる。……重要​な​問題​に​かかわる​規定,例えば​法律​の​適用​範囲,信教​および​良心​の​自由​の​権利​者​の​範囲,登録,宗教​団体​の​独立​性​や​解散,さらに​は​良心​的​拒否,改宗​勧誘​の​問題,宗教​文書​の​発行​や​流布​など​に​関し​て​も……策定​し​直す​べき​で​あろ​う」。

貴重​な​自由

世界​中​の​エホバ​の​証人​は,表現​の​自由,集会​・​結社​の​自由,良心​・​宗教​の​自由​など​の​基本​的​自由​を​貴重​な​もの​と​見​て​い​ます。そう​し​た​権利​が​政府​に​よっ​て​認め​られる​なら,それ​は​うれしい​こと​です。アゼルバイジャン​の​エホバ​の​証人​は​2,500​人​ほど​です​が,神​を​崇拝​する​仲間​たち​と​共​に,国内​の​ほか​の​宗教​が​得​て​いる​の​と​同様​の​自由​が​与え​られる​こと​を​切​に​願っ​て​い​ます。

^ 28節 アゼルバイジャン​は​2001​年​1​月​25​日​に​欧州​評議​会​の​加盟​国​に​なり​まし​た。

^ 28節 第​48​条​で​は​信教​の​自由​が​保護​さ​れ,第​50​条​で​は​メディア​へ​の​検閲​が​禁止​さ​れ​て​い​ます。

^ 28節 エホバ​の​証人​が​毎月​発行​する​一般​用​の「ものみの塔」誌​は,聖書​の​教え​を​説明​する​ため​に​頒布​さ​れ​て​い​ます。研究​用​の「ものみの塔」誌​は,エホバ​の​証人​の​会衆​の​集会​で​毎週,聖書​を​学ぶ​ため​に​用い​られ​て​い​ます。「ものみの塔」は​200​余り​の​言語​で​発行​さ​れ,世界​で​最も​発行​部数​の​多い​雑誌​です。毎月​の​発行​部数​は​6000万​部​近く​に​上り​ます。