内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年12月13日
アゼルバイジャン

信条を語って罰金刑を科されたエホバの証人が上訴する

信条を語って罰金刑を科されたエホバの証人が上訴する

2016​年​12​月​2​日,アゼルバイジャン​の​ゴランボイ​地方​警察​は​ジヤド​・​ダダショフ​を​エホバ​の​証人​と​し​て​の​宗教​活動​を​理由​に​起訴​し​まし​た。ダダショフ​氏​の​住む​村​の​4​人​の​男性​が​裁判​に​おい​て​証人​と​なり,ダダショフ​氏​が​自分​の​信条​に​つい​て​語っ​て​聖書​文書​を​勧め​た​と​証言​し​まし​た。ゴランボイ​地方​裁判​所​の​シャーザド​・​フセイノフ​裁判​官​は,ダダショフ​氏​を​違法​な​宗教​活動​の​罪​ *に​より​有罪​で​ある​と​宣告​し,1500​マナト(約​8万9000​円)の​罰金​を​科し​まし​た。ダダショフ​氏​は,処罰​さ​れる​理由​は​ない​と​し​て​上訴​する​予定​です。

同​地域​で,ジャーレイ​・​スレイマノバ​と​グルナズ​・​イスラフィロバ​は,何​か​月​に​も​わたり​聖書​の​話し合い​を​楽しん​で​き​た​女性​を​訪問​し​まし​た。その​後,ゴランボイ​地方​警察​は「登録​さ​れ​た​場所​外」で​の​宗教​活動​を​し​た​と​し​て​これら​エホバ​の​証人​の​2​人​の​女性​を​起訴​し​まし​た。2016​年​11​月​17​日,ゴランボイ​地方​裁判​所​の​イスマイル​・​アブドゥルラハマンリ​裁判​官​は​2​人​に,それぞれ​2000​マナト(約​11万8000​円)の​罰金​を​科し​まし​た。2​人​は​罰金​刑​に​対し​て​上訴​し​て​い​ます。

国際​人権​弁護​士​の​ジェーソン​・​ワイズ​は​こう​述べ​て​い​ます。「アゼルバイジャン​で​の​エホバ​の​証人​に​対する​差別​は​ヨーロッパ​人権​条約​へ​の​敬意​の​欠如​を​示す​もの​です。ゴランボイ​地方​当局​の​行為​は,国​が​推進​する​と​述べ​て​いる​信教​の​自由​に​反し​て​い​ます」。

^ 1節 エホバ​の​証人​は​アゼルバイジャン​の​首都​バクー​で​宗教​団体​と​し​て​登録​さ​れ​て​い​ます。ダダショフ​氏​は​行政​違反​行為​法​515.0.4​条​の「登録​さ​れ​た​場所​外​で​活動​し​て​いる​宗教​団体」に​該当​する​と​し​て​起訴​さ​れ​まし​た。