内容へ

法的進展と人権

ロシア,強引な家宅捜索後,さらに多くのエホバの証人が拘束される

ロシア当局はエホバの証人に対する卑劣な捜査を強化し,信仰を実践したという理由で彼らを逮捕し,収監しました。

ロシア,強引な家宅捜索後,さらに多くのエホバの証人が拘束される

ロシア当局はエホバの証人に対する卑劣な捜査を強化し,信仰を実践したという理由で彼らを逮捕し,収監しました。

信仰ゆえに投獄されているエホバの証人 国別データ

エホバの証人が投獄されている国と地域です。彼らは宗教的な活動を行い,ただ基本的人権を行使しているだけで投獄されています。中には過酷な状況に置かれている人々もいます。

ロシア

ロシアでもう1人のエホバの証人が,過激主義活動を行なったとして裁判にかけられる

70歳の元テーラーでエホバの証人のアルカジャ・アコピャンは,無実であり,ただ平穏に神を崇拝することを願う,法律を守る市民です。

ロシア

デニス・クリステンセンの公判で,オリョールの裁判所が初めて各証言を審理する

デニス・クリステンセン氏は,2017年5月以来ずっと公判前勾留されてきました。同氏は,単に自らの信仰を実践しただけで,6年から10年の拘禁刑を科される可能性があります。

ロシア

ロシア各地でエホバの証人に対する卑劣な捜査が始まる

ロシア当局はエホバの証人の法人組織を解散させました。今度は,エホバの証人たちとその崇拝に矛先を向けています。

エリトリア

エリトリアの刑務所で高齢のエホバの証人2人が亡くなる

2018年の初め,ハブタミカエル・テスファマリアムとハブタミカエル・メコーネンがマイ・セルバ刑務所で亡くなりました。両者とも信仰ゆえに不当に投獄され,10年近くも非人道的な刑務所の環境と虐待を耐え忍びました。

カザフスタン

大統領恩赦によりテイムル・アフメドフが釈放される

カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領は,他の人に自分の信条を語ったために1年以上投獄されていたテイムル・アフメドフに恩赦を与えました。恩赦によってアフメドフ氏の犯罪歴は取り消されました。

トルクメニスタン

トルクメニスタンが良心の自由を無視する

兵役を拒否した2人のエホバの証人が1年の拘禁刑を宣告されました。政府は良心的兵役拒否という基本権をいまだに認めておらず,代替の市民奉仕活動の制度も設けていません。