内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年4月24日
日本

熊本地震の被災地でエホバの証人は300軒を超える家屋を修繕

合志​市​に​ある​住宅​の​天井​を​修理​し​て​いる​エホバ​の​証人​たち

【​日本,海老名​】​エホバ​の​証人​は,2016​年​4​月​14​日​から​16​日​に​かけ​て​熊本​地方​で​発生​し​た​震災​の​影響​で​損傷​し​た​家屋​348​軒​を​修繕​し​まし​た。2016​年​7​月​から​2017​年​3​月​に​かけ​て,約​1万5000​人​の​奉仕​者​が​救援​活動​に​参加​し​まし​た。

震災​で​亡くなっ​た​エホバ​の​証人​は​い​ませ​ん​でし​た​が,119​人​も​の​証人​たち​が​自宅​から​の​避難​を​余儀なく​され​まし​た。エホバ​の​証人​の崇拝​場所で​ある​15​の​王国​会館​に​彼ら​が​避難​し​て​いる​間,被災​し​た​家​の​がれき​を​奉仕​者​たち​が​撤去​し​まし​た。

6​人​の​建設​奉仕​者​たち​が,千​町​に​ある​被災​し​た​家屋​に​新しい​屋根​を​取り付け​て​いる。

2016​年​7​月​25​日​以降,エホバ​の​証人​の​建設​奉仕​者​たち​は,震災​に​よる​家​の​ひび割れ​や​床,内壁,屋根,水道​管​の​損傷​を​修理​し​まし​た。また,ドア,窓,エアコン​を​取り換え​まし​た。

益城​町​に​ある​損傷​し​た​家​を​修理​し​て​いる。

証人​たち​の​救援​活動​を​観察​し​た​元​自衛​官​の​興​野 稔 氏​は​こう​述べ​て​い​ます。「自分​は​自衛​官​と​いう​人命​救助​の​プロフェッショナル​です​が,命​を​救う​ため​に​重要​な​の​は​緊急​感​だ​と​感じ​て​い​ます。エホバ​の​証人​も​同じ​よう​に,いち早く​現場​に​駆けつけ​て​人​を​助け​て​おり,相通ずる​もの​が​ある​と​思い​ます。証人​たち​の​救援​活動​で,アマチュア​で​は​なく,熟練​し​た​職人​が​日本​中​から​やっ​て​来​た​こと​に​驚き​まし​た。エホバ​の​証人​の​ボランティア​の​方​は​非常​に​献身​的​で​一生​懸命​働い​て​くれ​まし​た」。

菊池​市​で​壊れ​た​瓦​を​取り換える​建設​奉仕​者​たち

宇​城​市​で,家屋​の​基礎​補修​工事​に​使用​する​コンクリート​を​運び込ん​で​いる。

日本​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​松永​一樹​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​は,数​か月​間,大勢​の​被災​者​の​皆さん​と​共​に​復旧​工事​を​続け​て​き​まし​た。熊本​地震​の​発生​後​に,仲間​の​皆さん​が​提供​し​て​くださっ​た実際​的​な​支援は,わたしたち​に​とっ​て​大きな​慰め​と​励まし​に​なり​まし​た」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)