アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2014年11月26日
日本

広島土砂災害の被災者をエホバの証人が援助

 日本,海老名  2014  8  20   朝,広島   豪雨  よる 壊滅   土砂崩れ  発生 し,74   死亡,1,600   超える 人々  避難  余儀なく され まし た。エホバ  証人  日本 支部 は,証人 たち  被害 状況   て,死傷    ない もの  家屋 8   損壊    報告    ます。

被災 家屋  内部

わずか 3 時間   218 ミリ  猛烈    降っ  ため,甚大  被害  生じ,政府  救助 活動  開始  まし た。エホバ  証人  日本 支部  直ちに災害 救援 委員   設置し,証人 たち  ボランティア  よる 復旧 作業  組織  まし た。復旧 作業 チーム は,家屋  流れ込ん  土砂  バケツリレー  運び出し まし た。また,使用 可能  家具 など  保管 し,清掃  終わっ  場所  消毒 作業  行ない まし た。

証人 たち    かき出し 作業  行なっ  いる ところ

全国   読売 新聞 は,生存   ある 1   エホバ  証人  払っ  努力  取り上げ まし た。その 記事  よる と,安佐南  八木  住ん    中溝 佳予子 は,自宅 から 脱出   後,近所  回っ て「1  ずつ ドア  たたき,安全  確認 し」まし た。その 結果,近く  住む   1   助け出し,皆  避難 する   援助 する こと  でき まし た。

日本  エホバ  証人  スポークスマン,松永 一樹  こう 述べ   ます。「土砂 災害  被害  遭わ   方々   より お見舞い 申し上げ ます。被害 状況  深刻 です が,前向き  気持ち  保ち つつ,被災   皆さん  実際   援助  慰め  差し伸べ られる よう 最善  尽くし  ゆく 所存 です」。

広報 担当:

世界 本部: J.R. Brown, 広報 オフィス,tel. + 1 718 560 5000

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (+ 81 46 233 0005)