内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年9月4日
中央アフリカ共和国

中央アフリカ共和国のエホバの証人が武力紛争から逃れて国外へ

災害​救援​委員​会​の​メンバー​が​救援​キット​を​配っ​て​いる。

【​カメルーン,ドゥアラ​】​中央​アフリカ​共和​国​の​一部​の​地域​で​増え​て​いる​民族​および​宗教​紛争​の​ため,エホバ​の​証人​は​隣国​の​カメルーン​や​コンゴ​民主​共和​国​へ​逃れる​こと​を​余儀なく​され​て​い​ます。逃れ​た​エホバ​の​証人​は​避難​先​で​仲間​の​証人​たち​に​迎え​られ,世話​を​受け​て​い​ます。

紛争​勃発​後​の​2017​年​7​月​13​日,15​人​の​エホバ​の​証人​と​その​家族​が​カメルーン​東部​の​ムバイ​・​ムブム​村​へ​逃れ​まし​た。その​中​に​は​新生​児​も​含ま​れ​て​い​まし​た。翌週,中央​アフリカ​共和​国​の​バンガスー​に​いる​約​60​人​の​エホバ​の​証人​は,別​の​紛争​で​武装​グループ​に​家​を​焼か​れ​た​ため,国境​を​越え​て​コンゴ​民主​共和​国​の​ンドゥ​と​いう​町​に​避難​し​まし​た。

避難​し​た​新生​児。

中央​アフリカ​共和​国​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​ジャン‐ベルナール​・​ファヤンガ​は​こう​述べ​て​い​ます。「これら​の​紛争​で​兄弟​姉妹​が​誰​も​命​を​落とし​て​い​ない​こと​を​聞き,安堵(あんど)し​て​い​ます。わたしたち​は​カメルーン​および​コンゴ​の​支部​事務​所​と​密接​に​協力​し​て​現地​の​災害​救援​委員​会​を​組織​し,仲間​の​証人​たち​に​飲料​水,食料,ふさわしい​住居​を​提供​し,また​聖書​の​言葉​を​用い​て​心​の​ケア​を​し​て​い​ます」。

エホバ​の​証人​の​長老​たち​は​聖書​に​基づく​ビデオ​を​見せる​など​し​て,避難​し​た​人​たち​に​母語​の​サンゴ​語​で​心​の​ケア​を​行なっ​て​いる。

エホバ​の​証人​の​統治​体​は,証人​たち​の​世界​的​な​宣教​活動​の​ため​の​寄付​を​活用​し,世界​本部​を​中心​と​し​て組織​的​な​災害​救援を​行なっ​て​い​ます。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

カメルーン: Gilles Mba,+​237‐6996‐30727

中央​アフリカ​共和​国: Jean-Bernard Fayanga,+​236‐7575‐1605

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)