内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ロシア,ロストフ​・​ナ​・​ドヌー​市​の​クリスチャン​の​集会​で​歌っ​て​いる​エホバ​の​証人

2016年9月22日
ロシア

パート​1

専門家は語る: ロシアは過激活動対策法をエホバの証人に不当に適用しようとしている

この​シリーズ​で​は​3​回​に​わたっ​て,宗教,政治​学,社会​学​の​分野​で​著名​な​学​者​や,ソビエト​連邦​と​ソ連​崩壊​後​に​関する​研究​の​専門​家​へ​の​独占​インタビューを​取り上げ​ます。この​記事​は​その​パート​1​です。

【​ロシア,サンクトペテルブルク​】​ロシア​連邦​検事​総長​側​は​エホバ​の​証人​を「過激​主義​者」の​リスト​に​加え​よう​と​し​て​い​ます。もし​裁判​所​が​検察​当局​に​有利​な​判決​を​出せ​ば,エホバ​の​証人​の​国内​法人​は​解散​さ​せ​られ,ロシア​国内​で​の​活動​は​事実​上​禁止​さ​れる​こと​に​なり​ます。証人​たち​は​当局​から​の​不当​な​扱い​に​対し​て​提訴​し​て​おり,裁判​手続き​が​2016​年​9​月​23​日​に​再開​さ​れる​こと​に​なっ​て​い​ます。

当局​は,ロシア​の​過激​活動​対策​法​を​証人​たち​に​対する​扱い​の​根拠​と​し​て​い​ます​が,学​者​たち​は​その​こと​を「差別​的​で​ある」,「大きな​間違い​を​犯し​て​いる」,「明らか​に​不​条理​で​ある」と​し​て​い​ます。

デリック​・​H​・​デービス​博士

教会​と​国家​の​関係​に​つい​て​研究​し​て​いる,ベイラー​大学​J.M.ドーソン​研究​所​の​元​所長​デリック​・​H​・​デービス​博士​は​こう​述べ​て​い​ます。「戦う​べき​な​の​は,人々​の​身体​や​生命​に​危険​を​もたらす​過激​主義​です。それ​以外​の​もの​と​戦う​と​し​たら,それ​こそ​が​一​種​の​過激​主義​に​なっ​て​しまう​でしょ​う」。

マーク​・​ユルゲンスマイヤー​博士

カリフォルニア​大学​サンタバーバラ​校​の​オーファリー​・​グローバル​国際​研究​センター​長,マーク​・​ユルゲンスマイヤー​博士​は,エホバ​の​証人​の​よう​に​暴力​を​非​と​する​宗教​グループ​に​対する​極端​な​扱い​の​理由​に​つい​て,こう​説明​し​て​い​ます。「嘆かわしい​こと​に,過激​主義​者​と​戦う​と​いう​名目​の​もと​に​信教​の​自由​が​抑圧​さ​れ​て​い​ます」。さらに,イギリス​学士院​の​会員​で​ある​ジム​・​ベックフォード​博士​は​こう​述べ​て​い​ます。「政府​と​結託​し​て​いる​ロシア​正教会​内​の​分子​が,自ら​の​利権​を​追求​し,いかなる​対抗​勢力​を​も​抑え込も​う​と​し​て​い​ます」。

ジム​・​ベックフォード​博士

法律​を​濫用​し​て​いる​こと​と,法律​そのもの​が​容易​に​濫用​できる​構造​に​なっ​て​いる​こと​が​問題​で​ある,と​専門​家​は​説明​し​て​い​ます。モスクワ​に​置か​れ​て​いる​SOVA​人権​センター​は​次​の​よう​に​コメント​し​て​い​ます。「何​度​も​指摘​し​て​いる​点​です​が,過激​活動​対策​に​関する​法令​は,あいまい​な​表現​で​書か​れ​て​いる​の​で,政治​的​な​対抗​勢力​や​非​主流​派​を​訴追​する​うえ​で​完璧​な​道具​と​なり​ます」。

エミリー​・​B​・​バラン​博士

ミドルテネシー​州立​大学​准​教授​で,ロシア​と​東​ヨーロッパ​の​歴史​を​専門​と​する​エミリー​・​B​・​バラン​博士​は​こう​論じ​て​い​ます。「証人​たち​を​差別​する​と​いう​国​の​決定​は,ロシア​国民​を​苦しめる​こと​に​なる​でしょ​う。それ​は,国​が​他​の​グループ​の​平等​権​を​も​奪い,少数​派​に​対し​て​も​同様​の​基準​を​適用​し​よう​と​し​て​いる​こと​を​意味​し​て​いる​から​です」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian, 広報​オフィス, +​1‐718‐560‐5000

ロシア: Yaroslav Sivulskiy, +​7‐812‐702‐2691

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005 (+​81‐46‐233‐0005)