内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ロシア,ロストフドヌークリスチャン集会歌っいるエホバ証人

2016年9月22日
ロシア

パート1

専門家は語る: ロシアは過激活動対策法をエホバの証人に不当に適用しようとしている

このシリーズ3わたって,宗教,政治学,社会分野著名や,ソビエト連邦ソ連崩壊関する研究専門単独インタビュー取り上げます。この記事そのパート1です。

ロシア,サンクトペテルブルクロシア連邦検事総長エホバ証人を「過激主義者」のリスト加えようます。もし裁判検察当局有利判決出せば,エホバ証人国内法人解散られ,ロシア国内活動事実禁止れることなります。証人たち当局から不当扱い対し提訴おり,裁判手続き2016923再開れることなっます。

当局は,ロシア過激活動対策証人たち対する扱い根拠ますが,学たちそのことを「差別ある」,「大きな間違い犯しいる」,「明らか条理ある」とます。

デリックHデービス博士

教会国家関係つい研究いる,ベイラー大学J.M.ドーソン研究所長デリックHデービス博士こう述べます。「戦うべきは,人々身体生命危険もたらす過激主義です。それ以外もの戦うたら,それこそ過激主義なっしまうでしょう」。

マークユルゲンスマイヤー博士

カリフォルニア大学サンタバーバラオーファリーグローバル国際研究センター長,マークユルゲンスマイヤー博士は,エホバ証人よう暴力する宗教グループ対する極端扱い理由ついて,こう説明ます。「嘆かわしいことに,過激主義戦ういう名目もと信教自由抑圧ます」。さらに,イギリス学士院会員あるジムベックフォード博士こう述べます。「政府結託いるロシア正教会分子が,自ら利権追求し,いかなる対抗勢力抑え込もます」。

ジムベックフォード博士

法律濫用いることと,法律そのもの容易濫用できる構造なっいること問題ある,と専門説明ます。モスクワ置かいるSOVA人権センターようコメントます。「何指摘いるですが,過激活動対策関する法令は,あいまい表現書かいるで,政治対抗勢力主流訴追するうえ完璧道具なります」。

エミリーBバラン博士

ミドルテネシー州立大学教授で,ロシアヨーロッパ歴史専門するエミリーBバラン博士こう論じます。「証人たち差別するいう決定は,ロシア国民苦しめることなるでしょう。それは,国グループ平等奪い,少数対し同様基準適用よういること意味いるからです」。

広報担当:

世界本部: David A. Semonian, 広報オフィス, +1‐718‐560‐5000

ロシア: Yaroslav Sivulskiy, +7‐812‐702‐2691

日本: 松永一樹,046‐233‐0005 (+81‐46‐233‐0005)