内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ロマンユリエビッチペトロフ裁判社会文化研究センターエホバ証人の「新世界聖書」の調査割り当てた,ビボルグ裁判

2016年11月28日
ロシア

パート3

国内外の学者は「過激主義」に関するロシアの「専門家調査」を疑問視

このシリーズ3わたって,宗教,政治学,社会分野著名や,ソビエト連邦ソ連崩壊関する研究専門単独インタビュー取り上げます。この記事そのパート3です。

ロシア,サンクトペテルブルクエホバ証人その出版は,裁判割り当てモスクワ社会文化研究センターよる調査受けます。1調査20158終了し,証人たちの「新世界聖書」に対する係争裁判根拠使用ました。もう1調査継続です。

マークRエリオット博士

高い評価受けいるロシア国内専門たちが,これら調査偽り暴います。そのよう1で,「東方および西方教会活動報告」(East-West Church and Ministry Report)の創刊編集ある,マークRエリオット博士よう見解述べます。「エホバ証人聖書否定する専門含め,宗教問題関する連邦政府公認の『専門家』による証言は,概して専門知識信頼欠けるものです。彼らは,信仰問題関する根拠ない『意見』を提出ます」。

ロマンルンキン博士

モスクワロシア科学アカデミーヨーロッパ研究宗教社会関する研究センターある,ロマンルンキン博士は,社会文化研究センター特に焦点当てこう述べます。「宗教学位持つ専門だれおらず,エホバ証人書物精通いる専門さえません。彼ら調査リヨンイレナエウスセンター提供情報引用ますが,そのセンター正教急進カルト団体で,エホバ証人はじめ宗教宗派反対立場取ること有名です」。

エカテリーナエルバキアン博士

モスクワ労働社会関係アカデミー社会ソーシャルプロセスマネジメント教授ある,エカテリーナエルバキアン博士こう述べます。「残念ながら,ルンキン博士意見賛成ざるないでしょう。現在ロシアは,宗教専門調査専門ない人々行なわます。しかもその研究自体,作り上げられものです。専門本当見解述べる余地ないです」。

エルバキアン博士は,タガンログ2審理参加し,ロストフドヌー控訴専門同席ました。博士さらにこう説明ます。「エホバ証人過激主義ある訴追れる根拠なっビデオ実際ました。わたし裁判で,その証拠映像普通クリスチャン宗教活動あり,過激主義ところまったくないて,詳細意見2述べましが,裁判この意見考慮入れませでした。明らか宗教差別向かっおり,それ組織行なう風潮ある考えざるないでしょう。当然ことながら,こう風潮続く限り,信者たち自分たち信条ゆえに『過激主義者』のレッテル貼られること終わる保証ありません」。

広報担当:

世界本部: David A. Semonian,広報オフィス,+1‐718‐560‐5000

ロシア: Yaroslav Sivulskiy,+7‐812‐702‐2691

日本: 松永一樹,046‐233‐0005(+81‐46‐233‐0005)