内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

ロシアの「新世界聖書」

2016年11月18日
ロシア

パート2

専門家がロシアによる「新世界訳聖書」禁止の動きを非難する

このシリーズでは3わたって,宗教,政治学,社会分野著名や,ソビエト連邦ソ連崩壊関する研究専門単独インタビュー取り上げます。この記事そのパート2です。

ロシア,サンクトペテルブルクロシア当局は,エホバ証人出版いる「新世界聖書」を「過激主義ある」とて,禁止ようます。

エカテリーナエルバキアン博士

皮肉ことに,裁判検察有利判決出せば,「新世界訳」に科されるどんな禁止措置も,「2015プーチン大統領よっ承認た,過激主義関する連邦3修正条項違反することなるでしょう」と,モスクワ労働社会関係アカデミー社会ソーシャルプロセスマネジメント教授ある,エカテリーナエルバキアン博士述べます。第3修正条項は,はっきりと「聖書,コーラン,タナッハ,カンギュル内容もしくは引用過激主義文書認められるものない」と宣言ます。

ロマンルンキン博士

モスクワロシア科学アカデミーヨーロッパ研究宗教社会関する研究センターある,ロマンルンキン博士こう述べます。「特定聖典保護する法律採択ために,それら聖典禁止れることなるは,一体だれ想像でしょか。その最初被害エホバ証人あり,彼ら翻訳聖書だっわけです」。

ジェフリーハインズ博士

加えて,政治教授あり,ロンドンメトロポリタン大学宗教紛争協力研究センター所長ある,ジェフリーハインズ博士こう述べます。「ICCPR(市民及び政治権利関する国際規約)の加盟て,そのよう聖書禁止ようするロシア試みは,信教自由関する国際協定反することなるでしょう」。

「新世界訳」の裁判は,サンクトペテルブルクから138キロあるビボルグ裁判行なわます。2016426日,予備審問2に,裁判選任よる「新世界訳」の調査行なわいる期間は,審理延期するよう検察申し立て裁判認めました。証人たち弁護する機会与えられませでした。それどころか,裁判調査社会文化研究センター割り当てました。この機関は「新世界訳」に対し消極意見述べおり,それ基づい検察最初訴え起こしです。そのセンターに「新世界訳」の調査割り当てることは,最高裁判下し判例違反ます。判例よると,裁判係争内容関しすでに意見述べことある人物は,専門除斥されます。

ゲルハルトベゼール博士

裁判選任よる調査まだ続いますが,学たちエホバ証人聖書翻訳つい高く評価ます。その1に,自由民主主義研究シグマンドノイマンインスティテュート所長ある,ゲルハルトベゼール博士ます。彼ようコメントます。「『新世界訳』は,様々宗教団体代表する聖書たちから世界高い評価受けました」。

同様に,モスクワ拠点置くSOVA情報分析センターは,「過激活動対策誤用」というタイトルニュースリリース毎月発行おり,その20162よう述べます。「『新世界訳』の過激主義いかなる証拠見いだすことできない」。それ以降,ほとんど毎月ニュースリリースおいて,SOVAセンターロシア政府行動対し明確反対意見述べ続けます。一例20166記事このよう述べます。「わたしたちは,ロシアエホバ証人対する迫害と,彼ら発行文書科さ禁止処分共同解散圧力宗教差別いること重ね強調たい」。

広報担当:

世界本部: David A. Semonian,広報オフィス,+1‐718‐560‐5000

ロシア: Yaroslav Sivulskiy,+7‐812‐702‐2691

日本: 松永一樹,046‐233‐0005(+81‐46‐233‐0005)