この​シリーズでは​3​回​に​わたっ​て,宗教,政治​学,社会​学​の​分野​で​著名​な​学​者​や,ソビエト​連邦​と​ソ連​崩壊​後​に​関する​研究​の​専門​家​へ​の​独占​インタビュー​を​取り上げ​ます。この​記事​は​その​パート​2​です。

【​ロシア,サンクトペテルブルク​】​ロシア​当局​は,エホバ​の​証人​が​出版​し​て​いる「新​世界​訳​聖書」を「過激​主義​的​で​ある」と​し​て,禁止​し​よう​と​し​て​い​ます。

エカテリーナ​・​エルバキアン​博士

皮肉​な​こと​に,裁判​所​が​検察​側​に​有利​な​判決​を​出せ​ば,「新​世界​訳」に​科さ​れる​どんな​禁止​措置​も,「2015​年​の​秋​に​プーチン​大統領​に​よっ​て​承認​さ​れ​た,過激​主義​に​関する​連邦​法​第​3​条​の​修正​条項​に​違反​する​こと​に​なる​でしょ​う」と,モスクワ​の​労働​社会​関係​アカデミー​で​社会​学​と​ソーシャルプロセスマネジメント​の​教授​で​ある,エカテリーナ​・​エルバキアン​博士​は​述べ​て​い​ます。第​3​条​の​修正​条項​は,はっきり​と「聖書,コーラン,タナッハ,カンギュル​の​内容​もしくは​引用​は​過激​主義​文書​と​認め​られる​もの​で​は​ない」と​宣言​し​て​い​ます。

ロマン​・​ルンキン​博士

モスクワ​の​ロシア​科学​アカデミー​の​ヨーロッパ​研究​所​で​宗教​と​社会​に​関する​研究​センター​長​で​ある,ロマン​・​ルンキン​博士​は​こう​述べ​て​い​ます。「特定​の​聖典​を​保護​する​法律​を​採択​し​た​ため​に,それら​聖典​の​他​の​版​が​禁止​さ​れる​こと​に​なる​と​は,一体​だれ​が​想像​し​た​でしょ​う​か。その​最初​の​被害​者​が​エホバ​の​証人​で​あり,彼ら​の​翻訳​聖書​だっ​た​わけ​です」。

ジェフリー​・​ハインズ​博士

加え​て,政治​学​の​教授​で​あり,ロンドン​・​メトロポリタン​大学​で​宗教​・​紛争​・​協力​研究​センター​所長​で​ある,ジェフリー​・​ハインズ​博士​は​こう​述べ​て​い​ます。「ICCPR(市民​的​及び​政治​的​権利​に​関する​国際​規約)の​加盟​国​と​し​て,その​よう​な​聖書​を​禁止​し​よう​と​する​ロシア​の​試み​は,信教​の​自由​に​関する​国際​協定​に​反する​こと​に​なる​でしょ​う」。

「新​世界​訳」の​裁判​は,サンクトペテルブルク​から​北​に​138​キロ​の​所​に​ある​ビボルグ​市​裁判​所​で​行なわ​れ​て​い​ます。2016​年​4​月​26​日,予備​審問​の​2​日​目​に,裁判​所​の​選任​に​よる「新​世界​訳」の​調査​が​行なわ​れ​て​いる​期間​中​は,審理​を​延期​する​よう​に​と​の​検察​側​の​申し立て​を​裁判​所​は​認め​まし​た。証人​たち​は​弁護​する​機会​を​与え​られ​ませ​ん​でし​た。それどころか,裁判​所​は​調査​を​社会​文化​研究​センター​に​割り当て​まし​た。この​機関​は「新​世界​訳」に​対し​て​消極​的​な​意見​を​述べ​て​おり,それ​に​基づい​て​検察​官​は​最初​の​訴え​を​起こし​て​い​た​の​です。その​センター​に「新​世界​訳」の​調査​を​割り当てる​こと​は,最高​裁判​所​が​下し​た​判例​に​違反​し​ます。判例​に​よる​と,裁判​で​係争​中​の​内容​に​関し​て​すでに​意見​を​述べ​た​こと​の​ある​人物​は,専門​家​と​し​て​は​除斥​され​ます。

ゲルハルト​・​ベゼール​博士

裁判​所​の​選任​に​よる​調査​は​まだ​続い​て​い​ます​が,学​者​たち​は​エホバ​の​証人​の​聖書​翻訳​に​つい​て​高く​評価​し​て​い​ます。その​1​人​に,自由​と​民主​主義​研究​の​シグマンド​・​ノイマン​・​インスティテュート​所長​で​ある,ゲルハルト​・​ベゼール​博士​が​い​ます。彼​は​次​の​よう​に​コメント​し​て​い​ます。「『新​世界​訳』は,様々​な​宗教​団体​を​代表​する​聖書​学​者​たち​から​世界​的​に​高い​評価​を​受け​て​き​まし​た」。

同様​に,モスクワ​に​拠点​を​置く​SOVA​情報​分析​センター​で​は,「過激​活動​対策​法​の​誤用」と​いう​タイトル​の​ニュースリリース​を​毎月​発行​し​て​おり,その​2016​年​2​月​版​で​は​次​の​よう​に​述べ​て​い​ます。「『新​世界​訳』の​中​に​過激​主義​の​いかなる​証拠​も​見いだす​こと​は​でき​ない」。それ​以降,ほとんど​毎月​の​ニュースリリース​に​おい​て,SOVA​センター​は​ロシア​政府​の​行動​に​対し​て​明確​な​反対​意見​を​述べ​続け​て​い​ます。一例​と​し​て​2016​年​6​月​の​記事​は​この​よう​に​述べ​て​い​ます。「わたしたち​は,ロシア​の​エホバ​の​証人​に​対する​迫害​と,彼ら​の​発行​文書​に​科さ​れ​た​禁止​処分​や​共同​体​へ​の​解散​圧力​を​宗教​的​差別​と​見​て​いる​こと​を​重ね​て​強調​し​たい」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐718‐560‐5000

ロシア: Yaroslav Sivulskiy,+​7‐812‐702‐2691

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)