内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年6月26日
ロシア

ロシアのオリョール市が,勾留中のデンマーク人を含めエホバの証人の優れた社会奉仕活動をたたえる

オリョール​市​当局​から​の​メモ。「地域​社会​と​環境​へ​の​立派​な​行ない​に​感謝​し​て」と​書か​れ​て​いる。

【​ニューヨーク​】​2017​年​6​月​2​日,ロシア​の​オリョール​市​当局​は​地元​の​エホバ​の​証人​の​会衆​に​特別​な​感謝​の​意​を​表し​まし​た。これ​は​2017​年​4​月​22​日​に​市​が​行なっ​た​毎年​恒例​の​清掃​活動​へ​の​参加​に​対する​感謝​を​伝える​もの​でし​た。その​日,エホバ​の​証人​の​ボランティア​70​名​が​オリョール​市街​と,市内​を​流れる​オルリク​川​で​ごみ拾い​を​行なっ​た​の​です。証人​たち​は​市​当局​から,感謝​の​しるし​の​品​と​手書き​の​メモ​を​贈ら​れ​まし​た。メモ​に​は​一部,「地域​社会​と​環境​へ​の​立派​な​行ない​に​感謝​し​て」と​記さ​れ​て​い​まし​た。

ところが,その​清掃​活動​の​1​か月​後,また​市​当局​から​公式​に​感謝​さ​れる​1​週​間​前​の​5​月​25​日​に,清掃​に​加わっ​た​証人​の​1​人​で​ある​デニス​・​クリステンセン(上​の​はめ​込み​写真)が​過激​主義​の​容疑​で​逮捕​さ​れ​まし​た。穏やか​に​行なわ​れ​て​い​た​宗教​的​な​集まり​に​参加​し​て​いる​ところ​でし​た。ロシア​当局​は,国中​の​エホバ​の​証人​を​攻撃​する​ため​彼ら​に​過激​主義​の​レッテル​を​貼っ​て​い​ます。

2011​年​10​月​に​行なわ​れ​た​市​の​ごみ拾い​に​参加​する​デニス​・​クリステンセン

「エホバ​の​証人​を​知っ​て​いる​人​に​とっ​て,デニス​や​会衆​の​他​の​成員​が​市​の​清掃​の​ボランティア​に​参加​する​の​は​驚く​こと​で​は​あり​ませ​ん。彼ら​は​清掃​活動​に​何​年​も​続け​て​参加​し​て​おり,2016​年​に​法人​組織​が​解散​さ​せ​られ​て​から​も​続け​て​い​ます」,と​エホバ​の​証人​の​世界​本部​で​スポークスマン​を​務める​デービッド​・​A​・​セモニアン​は​述べ​て​い​ます。「オリョール​を​はじめ,世界​中​の​エホバ​の​証人​は​良き​市民​と​し​て​知ら​れ​て​い​ます。それで,誠実​で​法律​を​守る​クリスチャン​で​ある​デニス​が,オリョール​市​当局​も​認める​ほど​積極​的​に​社会​貢献​を​行なっ​た​後,犯罪​者​の​よう​に​扱わ​れる​の​は,おかし​な​こと​です。仲間​の​崇拝​者​と​とも​に​平和​裏​に​崇拝​を​行ない,社会​奉仕​活動​に​参加​できる​よう,デニス​は​すぐ​に​釈放​さ​れる​べき​だ​と​思い​ます」。

クリステンセン​氏​の​逮捕は,オリョール​市​の​証人​たち​の​地方​法人​組織​が​解散​さ​せ​られ​た​2016​年​6​月​14​日​から​ほぼ​1​年​後​の​出来事​でし​た。また,ロシア​連邦​最高​裁判​所​が​2017​年​4​月​20​日​に​ロシア​の​サンクトペテルブルク​近郊​のエホバ​の​証人​管理​センター​を​解散​さ​せる​判決を​下し​た​直後​の​こと​で​も​あり​まし​た。クリステンセン​氏​は,依然​と​し​て​オリョール​市​当局​に​よる​公判​前​勾留​中​です。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)