アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2013年7月2日
ロシア

ヨーロッパ人権裁判所はエホバの証人のプライバシーに関する権利を擁護する

 ニューヨーク  2013  6  6 日,木曜 日,ヨーロッパ 人権 裁判 所(ECHR)は ロシア 政府  対し,V  ジュコワ さん  Y  アビルキナ さん  それぞれ 5,000 ユーロ(約 64万 円)の 慰謝   支払う よう 命じ まし た。ロシア  当局  たち は,ジュコワ さん  アビルキナ さん  許可    に,2   個人   医療 記録  入手    まし た。裁判   この 行為 が,プライバシー  関する 基本   権利  侵害 する もの  ある  裁定 し,その 権利  ヨーロッパ 人権 条約  保障    いる「肝要  原則」で ある   まし た。

ヨーロッパ 人権 裁判   よる この 判決 は,5  余り  わたる 法的 手続き  完結  せる もの です。2007  に,サンクトペテルブルク   検察  代理 が,市内  医療 機関  対し,「エホバ  証人  全血 輸血 もしくは 成分 輸血  拒否   すべて  ケース」を 検察 当局  報告 する よう 命じ まし た。そう   報告 は,患者  了承  取る こと  通知 する こと  なく 行なわ  まし た。その ため,2009  3  9 日,エホバ  証人  ECHR に「アビルキナ その他 対 ロシア」の   提出  まし た。同 裁判   判決   で,ロシア  行為 は「圧政 的」で ある  述べ,当局   個人 情報  漏えい  べき「関連   あっ  十分  理由」は ない  断定  まし た。

この   好ましい 影響  つい て,ロシア  エホバ  証人  スポークスマン,グリゴリー  マルチノフ  こう 述べ   ます。「ヨーロッパ 人権 裁判   この 判決  より,ロシア   国民 のみ なら ず,欧州 評議   加盟   人々 は,基本  権利  ますます 保護  れる こと  期待 できる でしょ う」。

Media Contact(s):

International: J. R. Brown, Office of Public Information, tel. + 1 718 560 5000

Russia: Grigory Martynov, tel. + 7 812 702 2691

 

もっと調べる

エホバの証人が輸血を受け入れないのはなぜですか

エホバの証人と輸血について様々な誤解があります。実際,エホバの証人はどのような信条を持っているのでしょうか。