内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年9月20日
メキシコ

マグニチュード7.1の地震がメキシコ中央部を襲う

2017年9月19日,マグニチュード7.1の地震がメキシコ中央部を襲い,200人余りが死亡しました。中央アメリカ支部より第一報が次のように伝えられています。

残念なことに,メキシコシティーで1人の姉妹の死亡が確認されています。また別の姉妹は,住んでいた建物が倒壊し,今も行方不明です。プエブラ市では姉妹1人が重傷を負い,メキシコ州でも1人の姉妹が負傷して入院中です。

支部事務所では奉仕者たちが一時的に避難しましたが,現在では通常の業務に戻っています。負傷者はおらず,支部施設も損壊を免れました。

わたしたちは困難のさなかにある仲間の兄弟姉妹のことを引き続き祈っています。エホバは兄弟姉妹の「苦難」を知って支えてくださるに違いありません。(詩編 31:7

広報担当:

世界本部: David A. Semonian,広報オフィス,+1‐845‐524‐3000

メキシコ: Gamaliel Camarillo,+52‐555‐133‐3048

日本: 松永一樹,046‐233‐0005(+81‐46‐233‐0005)