内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年11月4日
メキシコ

メキシコの刑務所での聖書教育活動に対して感謝状が贈られる

メキシコメキシコバハカリフォルニア当局は,州刑務おけるエホバ証人聖書教育活動対し感謝贈りました。感謝は,州公安局長ダニエルロサアナヤ刑務組織責任ヘススエクトルグリハルバタピア署名あります。

感謝こうあります。「州政府公安局長通し,エホバ証人感謝表明する。貴団体は,バハカリフォルニア地域社会対する多大支援献身働きより,受刑生活向上社会復帰貢献た」。

メヒカリ社会復帰センター責任者,ヘススマヌエルロペスモレノ。

エホバ証人は,バハカリフォルニア幾つ刑務定期訪問ます。例えば,メヒカリ刑務は,ある受刑から問い合わせきっかけで,1991から訪問始まりました。メヒカリ社会復帰センター責任あるヘススマヌエルロペスモレノインタビューで,エホバ証人こう述べました。「受刑は,『自分価値ある。時たら社会復帰て,また頑張れる』と言えるようなっほしい願っます。皆さん活動は,その大きな助けなっます。……皆さん支援から感謝ます」。

メキシコエホバ証人スポークスマンあるガマリエルカマリージョは,こう述べます。「エホバ証人活動は,受刑含め,人々聖書教え理解できるよう助けることです。地元会衆報告よると,メヒカリ刑務は,少なく8受刑バプテスマ受けエホバ証人なりました。わたしたちは,どんな背景聖書教育機会与えられるべき考えます」。

広報担当:

世界本部: J. R. Brown,広報オフィス,tel. +1 718 560 5000

メキシコ: Gamaliel Camarillo, tel. +52 555 133 3048

日本: 松永一樹,046‐233‐0005 (+81 46 233 0005)