内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年6月13日
マラウイ

良心上の立場のために放校されていた2人のエホバの証人の子どもが学校に戻る

【​マラウイ,リロングウェ​】​2017​年​5​月​3​日,エホバ​の​証人​の​2​人​の​子ども,18​歳​の​アーロン​・​マンハンバ​と​15​歳​の​ヘースティングズ​・​ムタンバリカ​は​学校​に​戻る​こと​を​許さ​れ​まし​た。2​人​は​全校​集会​で​国歌​を​歌う​こと​を​拒ん​だ​ため​に,コンベ​の​学校​から​放校​さ​れ​て​おり,2017​年​2​月​13​日​以来​授業​に​参加​する​こと​を​禁じ​られ​て​き​まし​た。2​人​の​親​と​エホバ​の​証人​の​支部​事務​所​の​代表​者​たち​が​学校​側​に​事態​の​改善​に​つい​て​願い出​た​後,2​人​は​復学​し​まし​た。

話し合い​の​中​で​支部​の​代表​者​たち​は,マラウイ​政府​から​の​2​通​の​手紙​を​学校​側​に​見せる​こと​が​でき,それ​が​大きな​助け​と​なり​まし​た。1​通​は​1997​年​に​マラウイ​の​エホバ​の​証人​に​宛て​た​もの​で,エホバ​の​証人​が​国歌​斉唱​を​免除​さ​れ​て​いる​こと​を​公式​に​認可​する​もの​でし​た。もう​1​通​は​2017​年​の​もの​で,教育​関係​者​に​生徒​の​宗教​の​自由​を​尊重​する​よう​促す​もの​です。

復学​が​許さ​れ​た​の​は​その​年​の​全国​テスト​を​受け​られる​ぎりぎり​の​タイミング​でし​た。ヘースティングズ​は​こう​説明​し​ます。「ぼく​たち​は​全国​テスト​を​受け​られ​ない​か​も​しれ​ない​と​とても​心配​し​て​い​まし​た。この​テスト​を​受ける​機会​は​1​年​に​1​回​しか​あり​ませ​ん」。全国​テスト​に​合格​でき​なかっ​た​なら,2​人​は​留年​し​なけれ​ば​なら​なかっ​た​でしょ​う。

マラウイ​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​オーガスティン​・​セモ​は​こう​述べ​ます。「2​人​の​生徒​たち​は​自分​の​良心​上​の​立場​が​尊重​さ​れ​た​こと​を​喜ん​で​い​ます。わたしたち​は,学校​側​が​宗教​の​自由​を​支持​し​て​生徒​たち​を​教室​に​呼び戻す​決定​を​し​て​くださっ​た​こと​に​感謝​し​て​い​ます」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

マラウイ: Augustine Semo,+​265‐1‐762‐111

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)