アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

2015年1月21日
ポーランド

アウシュビッツ解放70周年 収容所にはエホバの証人もいた

 ポーランド,ワルシャワ  2015  1  27  に,何千      アウシュビッツ 解放 70 周年  記念  ます。アウシュビッツ は,ナチス  ドイツ  強制 収容  および 絶滅 収容  でし た。この 悪名 高い 収容  は,ナチ  標的    民族  排除    目的     まし  が,ドイツ  はじめ 様々    エホバ  証人  迫害 する ため   機能  まし た。

この イベント  主催 する  は,国立 アウシュビッツ‐ビルケナウ 博物   国際 アウシュビッツ 評議  です。ポーランド  ブロニスワフ  コモロフスキ 大統領  出席  見込ま   おり,世界   幾つ     代表   送る 予定 です。式典   中継  計画     ます。

アウシュビッツ は,第   世界 大戦   ナチス  より,ポーランド  都市 オシフィエンチム  郊外  造ら  まし た。そこ  ドイツ  強制 収容   なり,まず 1940  6  に,ポーランド   囚人  700   到着  まし た。アウシュビッツ  瞬く間 に,40 以上  収容   付属 収容  から 成る 巨大  施設   拡大  ます。アウシュビッツ‐ビルケナウ  ある 4   ガス   は,1   2万     落とし まし た。収容   機能   ほぼ 5   に,アウシュビッツ  送ら     少なく   110万   上り,その うち 400  以上  エホバ  証人 です。

国立 アウシュビッツ‐ビルケナウ 博物   ウェブサイト  こう 述べ   ます。「アウシュビッツ 強制 収容   歴史  関する 文献 は,短い 言及    すれ ば,宗教  信念 ゆえに 投獄    エホバ  証人(収容   記録   聖書[研究 者])に つい    述べ   ない。それら  囚人 は,収容   いう 環境    自分 たち  道徳 規準  固持  よう    態度 ゆえ に,注目  値する」。博物   記録 は,エホバ  証人  アウシュビッツ  最初  送ら   囚人    含ま     こと,また 収容   送ら   数百   エホバ  証人  うち 35  以上  そこで 死亡   こと  伝え   ます。

アンジェイ  シャルボト(囚人 番号–IBV 108703): 1943 年,良心  兵役 拒否 ゆえに ナチス  逮捕  れ,アウシュビッツ  送ら  た。

ナチ 政府  早く  1933  に,エホバ  証人  活動  攻撃    し,ドイツ 全土  禁令  課し まし た。エホバ  証人  道徳 規準  生き方 は,ナチ  イデオロギー  合わ なかっ   です。例えば,証人 たち  強制    も「ヒトラー 万歳!」と  言お    ませ  でし た。ヒトラー  敬意  払う      忠誠  反する,と 考え  から です。また,軍務  関係   どんな 義務  果たそ     なかっ  ため,ナチ 政権 から  国家 主義   みなさ  まし た。1943   わずか 19   逮捕 され アウシュビッツ  送ら   アンジェイ  シャルボト は,「兵役  拒否 する こと は,強制 収容   送ら れる こと  意味  まし た」と 述べ   ます。エホバ  証人  ある 書類  サイン すれ ば,すぐ  釈放  れる こと  なっ   まし た。その 書類 は,組織 から 脱退  エホバ  証人  教え  誤り   宣言 する,と いう 内容 でし た。しかし,シャルボト   サイン する こと  拒否  まし た。

エホバ  証人 は,これ    宣言   サイン   信仰  否認 すれ ば,釈放  れる こと  なっ   た。

ナチ は,公 文書  エホバ  証人  言及 する 際,「IBV」と いう 略称  使っ   ます。これ  組織  公式 ドイツ    ある 国際 聖書 研究  協会(Internationale Bibelforscher-Vereinigung)を 表わし   まし た。さらに,ナチ  囚人   紫色  三角形(パープル  トライアングル)を 着ける よう,証人 たち  求め まし た。この   収容   仲間  信者  見分ける 助け  なり,証人 たち  毎晩,点呼    会っ  互い  励まし合い まし た。エホバ  証人  親切  信仰  感動   囚人   聖書  話し合い  秘密   計画  れ,その 結果,大勢  収容    エホバ  証人  なり まし た。

1945  1  27  土曜   朝,ソ連  赤軍  オシフィエンチム  到着 し,午後 3  まで に,第 1 アウシュビッツ,第 2 アウシュビッツ(ビルケナウ),第 3 アウシュビッツ(モノビッツ)から,約 7000   囚人  解放  まし た。

スタニスワフ  ザヨンツ。1943  2  16   アウシュビッツ   た。

ナチ は,赤軍  やっ  来る こと  予期 し,アウシュビッツ から 何万    囚人  移動   まし た。その   1   エホバ  証人  スタニスワフ  ザヨンツ   ます。ザヨンツ   含む 3200  ほど  囚人 は,ヤボジュノ 付属 収容     深い     進み まし た。これ  悪名 高い   行進  一つ です。ブレヒハンマー(アウシュビッツ から 遠く 離れ  付属 収容  で,森    あっ た)に 向かう 3    道のり  生き残っ    2000  以下 だっ た,と 推定     ます。ザヨンツ  は,他  囚人  一緒  ブレヒハンマー  隠れ      起き  戦闘  つい て,こう 回想    ます。「戦車  通っ  行く   聞こえ まし  が,どこ  戦車  確かめ  行く 勇気  だれ   あり ませ  でし た。朝  なっ て,それ  ロシア  もの   分かり まし た。……ロシア  軍隊 が,森    開け  場所  埋め尽くし   まし た。強制 収容    わたし  悪夢 は,そこで 終わっ   です」。

今年  1  27 日,アウシュビッツ 解放 70 周年  関連   会議  展示 が,世界  様々  都市  開か  ます。

広報 担当:

世界 本部: J. R. Brown,広報 オフィス,tel. + 1 718 560 5000

ドイツ: Wolfram Slupina, tel. + 49 6483 41 3110

ポーランド: Ryszard Jabłoński, tel. + 48 608 555 097

日本: 松永 一樹,046‐233‐0005 (+ 81 46 233 0005)