内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年1月21日
ポーランド

アウシュビッツ解放70周年 収容所にはエホバの証人もいた

ポーランド,ワルシャワ2015127に,何千アウシュビッツ解放70周年記念ます。アウシュビッツは,ナチスドイツ強制収容および絶滅収容でした。この悪名高い収容は,ナチ標的民族排除目的ましが,ドイツはじめ様々エホバ証人迫害するため機能ました。

このイベント主催するは,国立アウシュビッツ‐ビルケナウ博物国際アウシュビッツ評議です。ポーランドブロニスワフコモロフスキ大統領出席見込まおり,世界幾つ代表送る予定です。式典中継計画ます。

アウシュビッツは,第世界大戦ナチスより,ポーランド都市オシフィエンチム郊外造らました。そこドイツ強制収容なり,まず19406に,ポーランド囚人700到着ました。アウシュビッツ瞬く間に,40以上収容付属収容から成る巨大施設拡大ます。アウシュビッツ‐ビルケナウある4ガスは,12万落としました。収容機能ほぼ5に,アウシュビッツ送ら少なく110万上り,そのうち400以上エホバ証人です。

国立アウシュビッツ‐ビルケナウ博物ウェブサイトこう述べます。「アウシュビッツ強制収容歴史関する文献は,短い言及すれば,宗教信念ゆえに投獄エホバ証人(収容記録聖書[研究者])につい述べない。それら囚人は,収容いう環境自分たち道徳規準固持よう態度ゆえに,注目値する」。博物記録は,エホバ証人アウシュビッツ最初送ら囚人含まこと,また収容送ら数百エホバ証人うち35以上そこで死亡こと伝えます。

アンジェイシャルボト(囚人番号–IBV 108703): 1943年,良心兵役拒否ゆえにナチス逮捕れ,アウシュビッツ送らた。

ナチ政府早く1933に,エホバ証人活動攻撃し,ドイツ全土禁令課しました。エホバ証人道徳規準生き方は,ナチイデオロギー合わなかっです。例えば,証人たち強制も「ヒトラー万歳!」と言おませでした。ヒトラー敬意払う忠誠反する,と考えからです。また,軍務関係どんな義務果たそなかっため,ナチ政権から国家主義みなさました。1943わずか19逮捕されアウシュビッツ送らアンジェイシャルボトは,「兵役拒否することは,強制収容送られること意味ました」と述べます。エホバ証人ある書類サインすれば,すぐ釈放れることなっました。その書類は,組織から脱退エホバ証人教え誤り宣言する,という内容でした。しかし,シャルボトサインすること拒否ました。

エホバ証人は,これ宣言サイン信仰否認すれば,釈放れることなった。

ナチは,公文書エホバ証人言及する際,「IBV」という略称使っます。これ組織公式ドイツある国際聖書研究協会(Internationale Bibelforscher-Vereinigung)を表わしました。さらに,ナチ囚人紫色三角形(パープルトライアングル)を着けるよう,証人たち求めました。この収容仲間信者見分ける助けなり,証人たち毎晩,点呼会っ互い励まし合いました。エホバ証人親切信仰感動囚人聖書話し合い秘密計画れ,その結果,大勢収容エホバ証人なりました。

1945127土曜朝,ソ連赤軍オシフィエンチム到着し,午後3までに,第1アウシュビッツ,第2アウシュビッツ(ビルケナウ),第3アウシュビッツ(モノビッツ)から,約7000囚人解放ました。

スタニスワフザヨンツ。1943216アウシュビッツた。

ナチは,赤軍やっ来ること予期し,アウシュビッツから何万囚人移動ました。その1エホバ証人スタニスワフザヨンツます。ザヨンツ含む3200ほど囚人は,ヤボジュノ付属収容深い進みました。これ悪名高い行進一つです。ブレヒハンマー(アウシュビッツから遠く離れ付属収容で,森あった)に向かう3道のり生き残っ2000以下だった,と推定ます。ザヨンツは,他囚人一緒ブレヒハンマー隠れ起き戦闘ついて,こう回想ます。「戦車通っ行く聞こえましが,どこ戦車確かめ行く勇気だれありませでした。朝なって,それロシアもの分かりました。……ロシア軍隊が,森開け場所埋め尽くしました。強制収容わたし悪夢は,そこで終わっです」。

今年127日,アウシュビッツ解放70周年関連会議展示が,世界様々都市開かます。

広報担当:

世界本部: J. R. Brown,広報オフィス,tel. +1 718 560 5000

ドイツ: Wolfram Slupina, tel. +49 6483 41 3110

ポーランド: Ryszard Jabłoński, tel. +48 608 555 097

日本: 松永一樹,046‐233‐0005 (+81 46 233 0005)