内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2017年4月26日
フィリピン

大型台風ノックテンの被害を受けた建物の修繕に取り組む

【​フィリピン,マニラ​】​フィリピン​の​エホバ​の​証人​は,大型​台風​ノックテン(フィリピン​名​は​ニナ)の​影響​で​損壊​または​倒壊​し​た​家屋​を​修理​・​再建​する​ため,大​規模​な​救援​プロジェクト​を​立ち上げ​まし​た。

フィリピン​の​ポランギー​に​ある​王国​会館​を​修理​し​て​いる​建設​奉仕​者​の​ジェーソン​・​ドティマス(左)と​ベテル​・​アルバレス(右)。2​人​と​も,650​キロ​以上​の​距離​を​移動​し​て​この​救援​活動​に​参加​し​て​いる。

2016​年​12​月​25​日,カテゴリー​4​の​台風​ノックテン​が​フィリピン​の​ビコル​地方​に​上陸​し,大きな​被害​を​もたらし​まし​た。報告​に​よる​と,台風​に​よる​犠牲​者​は​10​名​で,39万​を​超える​建物​が​損壊​し​まし​た。その​地域​に​住む​エホバ​の​証人​に​犠牲​者​や​重傷​者​は​い​なかっ​た​もの​の,300​軒​を​超える​家屋​と​24​棟​の​崇拝​場所(王国​会館)が​損壊​または​全壊​し​まし​た。フィリピン​に​ある​エホバ​の​証人​の​支部​事務​所​は,被害​を​受け​た​証人​たち​の​家族​を​援助​する​ため,ナガ​市​に​災害​救援​委員​会​を​立ち上げ​まし​た。

フィリピン​の​エホバ​の​証人​の​スポークスマン​で​ある​ディーン​・​ジェイセク​は​こう​述べ​て​い​ます。「これ​まで​に​奉仕​者​たち​は​仲間​の​信者​たち​の​家屋​271​軒​と​22​棟​の​王国​会館​を​修復​し​まし​た。救援​建設​チーム​は​2017​年​4​月​末​の​完了​を​めど​に,残り​の​38​軒​の​家屋​と​2​棟​の​王国​会館​の​修繕​を​続け​て​いく​予定​です」。

完成​し​た​仮設​住宅。現地​組​み​立て​工法​で,1​軒​を​6​日​で​建てる​こと​が​できる。

災害​救援を​含む​エホバ​の​証人​の​世界​規模​の​活動​は,統治​体​の​指示​の​もと​で​行なわ​れ​て​おり,自発​的​な​寄付​に​よっ​て​支え​られ​て​い​ます。世界​中​の​800万​人​を​超える​エホバ​の​証人​の​うち,フィリピン​に​は​20万9000​人​以上​の​仲間​が​い​ます。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian,広報​オフィス,+​1‐845‐524‐3000

フィリピン: Dean Jacek,+​63‐2‐224‐4444

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005(+​81‐46‐233‐0005)