内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2015年6月17日
ネパール

ネパールの地震 被災者の救援のために世界各地のエホバの証人が協力

ネパール,カトマンズ2015425ネパール襲っ破壊地震よっ何千失いました。そのエホバ証人女性1その2子どもたち含まます。インド,スイス,ドイツ,日本,バングラデシュ,米国エホバ証人は,被災救援ため協力ます。2015512は,2地震起きました。しかし,この2地震よっ失ったり,重傷負ったり,家大きな損傷受けたりエホバ証人ませでした。

エホバ証人仲間信者被災12回,食事提供いる。

最初地震翌日,エホバ証人ネパール事務代表たちは,被災必要見極めるため,地震被害大きかっカトマンズ盆地会衆訪問ました。地震より,エホバ証人38全壊し,126一部損壊ました。住む場所失ったちは,仲間信者王国会館呼ばれる崇拝場所,またテント寝泊まりすることなりました。ネパール事務食料供給始めました。そのなく,バングラデシュ,インド,ネパールビルガンジ,ダマウリ,マヘンドラナガール,ポカラから食料届くようなりました。災害救援委員は,インド,日本,ネパールエホバ証人ボランティアよる仮設住居建設組織ます。

エホバ証人ネパール事務からボランティアが,ネパールビルガンジから届い救援物資運び込んいる。

ネパールエホバ証人広報担当ルベンタパリヤこう述べます。「わたしたちは,被災身体必要だけなく,心ケア関心持っます。食物,水,住む場所提供すること加え,聖書から慰め与えるよう努めてます」。エホバ証人世界本部代表ゲーリーブローは,201552から5かけ被災赴き,諸会衆個々家族訪問ました。201554日,ブロー聖書基づく特別プログラム行ないました。このプログラム被災会衆インターネット同時中継ました。さらに,エホバ証人日本支部事務代表者,乳井健司201555ネパール到着ました。そして,被災家族訪問するに,聖書基づく励みなる行ないました。

エホバ証人世界本部代表ゲーリーブロー(右)が,家被害状況調べいる。

ドイツエホバ証人支部事務は,麻酔医,外科医,看護師,救急救命から成る医療チーム組織ました。ヨーロッパからこの医療チームは,インド,日本,バングラデシュエホバ証人よっ提供薬剤と,手術集中治療行なうため移動機材用い,ネパール災害救援委員協力て,被災王国会館患者治療当たりました。

救援チームカトマンズ王国会館拠点て,被災食物住む場所提供いる。

エホバ証人世界本部国際広報担当JRブラウンこう述べます。「わたしたち救援ため努力続けゆきます。悲惨出来事経験方々は,衣食住整えられる以上こと必要ます。ネパールエホバ証人生存皆さんに,これから聖書から慰め差し伸べ,必要物資援助行なっゆきます。被災皆さんこと思い,祈っます」。

広報担当:

世界本部: J. R. Brown,広報オフィス,tel. +1 718 560 5000

ドイツ: Wolfram Slupina, tel. +49 6483 41 3110

日本: 松永一樹,046‐233‐0005(+81 46 233 0005)

ネパール: Reuben Thapaliya, tel. +977 9813469616