内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年10月21日
ドイツ

ブランデンブルク刑務所の解放記念式典でエホバの証人が注目される

【​ドイツ,ゼルタース​】​2016​年​4​月​24​日​に​開か​れ​た,第​71​回,ブランデンブルク​・​ゲールデン​刑務​所​の​解放​記念​式典​で,エホバ​の​証人​に​焦点​が​当て​られ​まし​た。

ブランデンブルク​州​の​ダニエラ​・​トロホウスキ​財務​次官​が​記念​式典​で​スピーチ​を​行なっ​て​いる。

ブランデンブルク​記念​財団​主催​の​この​行事​は,ベルリン​の​西​およそ​90​キロメートル​に​位置​する,ブランデンブルク​・​アン​・​デア​・​ハーフェル​刑務​所(上​の​写真)の​敷地​で​行なわ​れ​まし​た。200​人​以上​の​ゲスト​が​この​式典​に​出席​し​まし​た。ブランデンブルク​州​の​財務​次官​で​ある,ダニエラ​・​トロホウスキ​が​来賓​と​し​て​講演​を​行ない,次​の​よう​に​述べ​まし​た。「ここ​で​エホバ​の​証人​は​死​に​処さ​れ​まし​た。……それ​は​宗教​的​理由​から『ハイル​・​ヒトラー』と​敬礼​する​こと​を​拒み,国家​的​な​行事​や​組織​に​加わら​ず,軍務​に​就く​こと​を​拒否​し​た​ため​でし​た」。

ジーグルト​・​シュパイデル​は,エホバ​の​証人​と​し​て​ナチス​に​より​ブランデンブルク​・​ゲールデン​刑務​所​で​処刑​さ​れ​た。

ナチ​政権​中,ドイツ​首相​で​あっ​た​アドルフ​・​ヒトラー​は,エホバ​の​証人​に「根絶​す​べき​やから」と​の​レッテル​を​貼り​まし​た。ブランデンブルク​・​ゲールデン​刑務​所(ナチ​政権​下​で​は​そう​呼ば​れ​て​い​た)では,1940​年​から​1945​年​の​間​に​およそ​2000​人​が​殺さ​れ,その​うち​の​127​人​が​エホバ​の​証人​でし​た。同一​グループ​と​し​て​そこで​殺さ​れ​た​人数​で​は​最も​多い​もの​です。

4​月​24​日​の​記念​式典​で​は,エホバ​の​証人​の​ドイツ​支部​の​代表​者​で​ある​ヨッヘン​・​フェッセンベッカー​が​ウェルナー​・​シュパイデル​に​インタビュー​を​行ない​まし​た。シュパイデル​氏​は,エホバ​の​証人​の​兄​ジーグルト​が​ブランデンブルク​・​ゲールデン​刑務​所​で​処刑​さ​れ​た​経緯​を​詳しく​話し​て​くれ​まし​た。1943​年​1​月​27​日,軍法​会議​で​判決​を​受け​て​から​3​か月​も​たた​ない​うち​に,19​歳​の​ジーグルト​は​斬首​刑​に​処さ​れ​まし​た。インタビュー​の​中​で​フェッセンベッカー​氏​は,処刑​さ​れる​わずか​数​時間​前​に​ジーグルト​が​書い​た​別れ​の​手紙​を​朗読​し​まし​た。シュパイデル​氏​は,ジーグルト​の​最後​の​言葉​に​対する​家族​の​当時​の​反応​に​つい​て​こう​コメント​し​て​い​ます。「この​手紙​を​読ん​で​も,恐れ​に​圧倒​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。むしろ,死​に​面し​て​も​信仰​を​保ち​続け​た​ジーグルト​を​わたしたち​は​誇り​に​思い​まし​た」。

ジーグルト​・​シュパイデル​が​家族​に​宛て​た​別れ​の​手紙。ハイライト​され​て​いる​部分​に​は​次​の​よう​に​記さ​れ​て​いる。「わたし​は​壁​の​よう​に​すべて​の​こと​に​耐え,あらゆる​面​で​堅く​立ち​続け​まし​た」。

広報​担当:

世界​本部: David A. Semonian, 広報​オフィス,+​1‐718‐560‐5000

ドイツ: Wolfram Slupina, +​49–6483–41–3110

日本: 松永​一樹,046‐233‐0005 (+​81–46–233–0005)