内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

2016年10月21日
ドイツ

ブランデンブルク刑務所の解放記念式典でエホバの証人が注目される

ドイツ,ゼルタース2016424開かた,第71回,ブランデンブルクゲールデン刑務解放記念式典で,エホバ証人焦点当てられました。

ブランデンブルクダニエラトロホウスキ財務次官記念式典スピーチ行なっいる。

ブランデンブルク記念財団主催この行事は,ベルリン西およそ90キロメートル位置する,ブランデンブルクアンデアハーフェル刑務所(上写真)の敷地行なわました。200以上ゲストこの式典出席ました。ブランデンブルク財務次官ある,ダニエラトロホウスキ来賓講演行ない,次よう述べました。「ここエホバ証人処さました。……それ宗教理由から『ハイルヒトラー』と敬礼すること拒み,国家行事組織加わらず,軍務就くこと拒否ためでした」。

ジーグルトシュパイデルは,エホバ証人ナチスよりブランデンブルクゲールデン刑務処刑た。

ナチ政権中,ドイツ首相あっアドルフヒトラーは,エホバ証人に「根絶べきやから」とレッテル貼りました。ブランデンブルクゲールデン刑務所(ナチ政権そう呼ばた)では,1940から1945およそ2000殺され,そのうち127エホバ証人でした。同一グループそこで殺さ人数最も多いものです。

424記念式典は,エホバ証人ドイツ支部代表あるヨッヘンフェッセンベッカーウェルナーシュパイデルインタビュー行ないました。シュパイデルは,エホバ証人ジーグルトブランデンブルクゲールデン刑務処刑経緯詳しく話しくれました。1943127日,軍法会議判決受けから3か月たたないうちに,19ジーグルト斬首処さました。インタビューフェッセンベッカーは,処刑れるわずか時間ジーグルト書い別れ手紙朗読ました。シュパイデルは,ジーグルト最後言葉対する家族当時反応ついこうコメントます。「この手紙読んも,恐れ圧倒れることありませでした。むしろ,死面し信仰保ち続けジーグルトわたしたち誇り思いました」。

ジーグルトシュパイデル家族宛て別れ手紙。ハイライトされいる部分よう記さいる。「わたしようすべてこと耐え,あらゆる堅く立ち続けました」。

広報担当:

世界本部: David A. Semonian, 広報オフィス,+1‐718‐560‐5000

ドイツ: Wolfram Slupina, +49–6483–41–3110

日本: 松永一樹,046‐233‐0005 (+81–46–233–0005)